<< | 2021/04 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   不動産事情アップデートと井戸端会議話

2021.01.24 22:18|日常生活, daily life
医者の不養生という言葉がありますが、
専門職の人って、結構自分のものに関しては疎かになるのかもしれません。

また義父のペットのオウムに咬まれました。

こんにちは、牛です。


義父のペットのオウム、前の持ち主が「事情があって」飼えなくなり、
引き取ったそうなのですが(といっても30万とか凄い金額を払って)
彼の言動を見ていると、この噛み癖のせいでは…という気がします。
しかもこのオウム、義父を始め、義父の友達やステさんやその兄弟も含め、男性のことは一切攻撃しません。
しかし私と義母は咬まれます。
私の場合は手に乗りたいと近寄ってくるとそれを許すので、結構本気で噛まれます。(穴が開いて流血し、傷痕が残って未だ動かすのに違和感があるほどに…苦笑)

そして今日も再び咬まれて流血しました。
骨の部分だったので前ほども深く噛めなかったようですが、普通に痛い。

残念ですが手に乗りたい、腕に乗りたいと近寄ってきてそれを許すだけで咬まれるのはどうも利に合わないので
これからは近寄らないようにします。(でも向こうから近寄ってくるので防御も必要…)

犬や猫は何となく咬む理由や前ふりが分かるのですが、
今まで鳥に触れ合ってきたことがないせいで、このオウムが噛んでくる理由やタイミングが全くわからず、
対処法が分かりません。

多分人間の女に苦手意識か嫌悪感があるのかなあと思います。

昔飼ってたハムスターにも噛まれたことはあるけど、ハムスターは噛んできた理由がわかったもんなあ…。

とまあ、こんな話は置いておいて。


すみません。
前回のエントリーでステさん(売り手)が不動産屋に300万krほど支払う云々と書きましたが、
それは誤りであることが分かりました。
すみませんでした。

契約が成立した価格で支払う金額が上下する部分が多いので、300万krやそれ以上を支払う必要がある売り手も山ほど居るのでしょうが、
ステさんは今回、60万kr程を手数料諸々として不動産屋に請求されたようです。
(知らん間に払ってた。)

ちなみにもう一つ、ステさんから改めて話を聞いて&領収書を見て「えっ」と驚いたのが、
広告用に撮影した写真の代金が、手数料と別途に請求されていて
「それ取んのかい?!」
というか、別途かい!とツッコミました。

ちなみに買い手さんも購入額によって前後する手数料その他諸々を請求されるようです。
その請求されている内訳の中でもかなり謎の請求「法的に所有権を登録するのに必要なお金」があり、
今回の場合、買い手さんは24万kr程度請求されているようなのですが
なぜ物件の資産価値(?)によってその「登録料」が変わるのか
そしてそのお金はレイキャヴィーク市かアイスランドが得るようなのですが、何で家を買うだけでそんな大金を政府か地方自治体に提供せねばならんのか…全くの謎です。
書類作成や登録変更は150万だろうが3000万だろうが1億の家だろうが同じ作業と書類が必要なのでしょうし
っていうか家の売買で登録変更以外、レイキャヴィーク市もしくはアイスランドがやっていることなんて、何もない…。

不動産屋さんも、まあ書類作成と広告に載せる物件の説明等の仕事はしているとはいえ、ステさんが60万近いお金を払う必要があるほどの作業をしていたとはあまり思えないし(物件の公開とかの仕事、放棄してますからね…)
地方自治体か政府が「えっ、いやあなた達何もしてないでしょう?」という立場でやたらとたくさんのお金をもらえるのは…アイスランドでは普通のことなのかも知れません…。

買い手さんが支払う必要のある金額の請求書/領収書がステさんにも手渡されているのがこれまた謎ですが
どうやら買い手さんは250万kr弱、不動産屋に支払ったようです。
なのでまあ結局、今回の売買で不動産屋は300万程度の収入があったようです。

まあ…知らない部分も多いので一概には言えませんが、
ボロい商売に見えます。
家一軒売って、事務手続きやっただけで300万かあ…。

ちなみに私とぐんさんが家を見ていた頃はレイキャヴィーク105で50平米近く、4階建ての真ん中3階で2000万超くらいだったのですが、
いまや2000万で買える家など、ボロボロの小さなワンルームが限界で、小さなワンルームでも新築であれば2500万以下は見たことがないし、二部屋になると3000万くらいからが相場です。
日本のような土地付き一軒家ではもちろんありません。

なめているのか、アイスランド。

他にも、買い手が売り手に支払うお金とか、手順とか、それが売り手に支払われる方法とか、住宅金融組織のようなところがオファーするローンを組むときとそれを解約するときに支払うお金とか、いろいろと不思議で変なところはいっぱいあるのですが、
それは購入するときにたくさん学ぶ必要がありそうなので、
それについてはもし今後我々が、ステさんのお金をあてに(笑)家を購入するようなことがあれば、改めてお話しようと思います。
ステさん、どれほど家購入にお金貸してくれるかなあ…。
頭金出してもらって、私は何十年かけてステさんと銀行にお金を返し続けるんだろう…。

怖いです。


話は全然違いますが、数日前、何の手違いか
アイスランド大学が水浸しになったのですが(水道管が破裂したとかで、2250トン(?)の水が溢れ出し、複数の建物に1-2メートルの浸水が確認されたそうです)、
なぜか大学、そういった事故(?)に備えた保険に入っていなかったそうで、被害額は数千万krに上るそうです。

あんぽんたん!


ここ最近、建物、何千万という気の遠くなるような規模の話ばかりで
「世の中怖い…」
という気持ちでいっぱいです。

私にとっては安くない、数千krのチューリップを買っておいて良かった。
見て香りを嗅いで心を落ち着かせています。

って両方、直接自分の懐どうのこうのの話でないので微妙な立場なんですが(笑)


去年からほぼ毎週買っている数字選択式の宝くじが当たって、私の懐も潤わないかなあー。



ではまた!
スポンサーサイト



テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報