<< | 2019/08 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   アイスランドと雷

日々、朝明るくなる時間が遅くなり、寒いので肩が凝るようになってきました。
毎夜寝る前のストレッチが欠かせません。

こんばんは、牛です。

日本は季節外れの台風直撃で、戦後最悪をさらに上回る投票率の低さとなってしまったようですね…。
アイスランドでも投票率をもっと上げようと毎回話題になっていますが、日本の平均投票率よりはいくぶん高かったと記憶しています。


さて、季節外れの台風。
雷は鳴っているのでしょうか?


季節外れと言っていいのかどうかもいまいちよくわかりませんが、今日は雷のお話でも。

日本では夕立などと一緒に、特に夏、雷を見たり聞いたりすることは多いと思います。
お天気が崩れれば、秋や冬にだって雷が鳴ることもあったように記憶しています。

アイスランドでは、昔から北欧神話が語り継がれたり信仰されたりして、その有名な神様の中の一人、Þór (ソール)は、雷神と呼ばれ、ヴァイキング時代には『戦士』の心を持つ人たちに熱心に信仰されていたと聞きます。

北欧神話が全盛期だった頃のアイスランドと現在のアイスランドのお天気に大きな違いがあったのかどうか、勉強不足でわかりませんが
とりあえず、現代のアイスランドでは、日常、雷を見たり聞いたりすることはほとんどありません。

暴風雨 (まあそれはしょっちゅうですが) に見舞われようと、雨風以上のイベントは起こらないのがこの国です。(郊外で洪水が起きることはあります。)

私の記憶が正しければ、
「あ、雷!」
と気付いたのは2009年から今までで片手で十分数えられるくらいしかなく、
しかも鳴っても光っても、大概一度きりです。
一度、二回連続で鳴ったか何かで驚いたのを覚えています。

火山の噴火が起きてその周辺、もしくはレイキャヴィークから離れた郊外などでは、もしかすると事情は変わってくるのかもしれませんが、
少なくともこの8年、雷を見てテンションが上がってしまう変な性格のわたくしは
かつて自分が雷好きであったことも忘れてしまうくらいに、ここで雷に縁遠い生活を送っています。

そこでふと沸き上がってきた疑問。

上にも書いたように勉強不足なので詳しいことはわからないのですが、
今のアイスランドではほとんど雷を見たり聞いたりすることがないのに、かつてのアイスランド人で雷神ソールを崇めていた人たちは
彼の『雷』としての恐ろしさ、雷に対する畏怖の念のようなものを持っていたのだろうか?
ということでした。

北欧神話に限らず、昔は色々なところで、不可思議で強力な自然現象が『神様による行為』であったり、それに繋がっているものとして
恐れられたり、神々しいであったり、まあ色々と受け取られてきたのだと思うのです。

きっと北欧神話が強く信仰されていた他の国では、雷が恐れるに値する自然現象(当時は神様によってもたらされる現象)として捉えられるような事実や体験があったのだと思うのです。
だから、雷神が生まれたのだろうと想像するのは難くないわけですが…。

アイスランドが興ったのは遅く、国全体がキリスト教に"改宗"した当時も、他国からの移民第一世代は居たのだろうと思いますが、
物凄く多くはないとは言え、現代にまでアイスランドには北欧神話の神々を信仰する人が残っているくらい、この国では根強く文化に、歴史に関わっている北欧神話。
人気の高さは、現代でもÞórそのものや、それにゆかりのある名前がたくさんあり、それが今でも使われている (ある意味今でも多いのは、純粋に北欧神話を信仰しているのとは別の理由があるかもしれませんが) ことからも分かるような気がします。

でも、ソールは『雷神』として恐れられていたのか、それとも『雷』であることはあまり関係なく恐れられたり強いと考えられてきたのか。

例えば轟音の雷鳴を何度も体験して、当時の人間には再現のしようがないほどの閃光と稲光を見、落雷を目の当たりにしたり人や動物が身近で命を落としている事実があったりするのと
それを話で聞くだけとでは
『恐れ』の度合いが違うのではないのだろうか
と私は想像しています。

雷を見たり聞いたりするのは年に一度あればいい方で
鳴ったり光ったりしても一度きり
のアイスランドで、雷神はいかに、そしていかほどまでに『雷神』となり得たのか
ひそかに、でも結構気になっています。

比較的『メジャー』になっても良さそうな分野でさえほとんど十分に『アイスランド』に特化して学術的な研究が行われていないので、
アイスランド入植期における雷神ソールのとらえられ方
なんてものはあまりまだ論文にもなっていないような気がしますが…。

来年の夏、万一余裕があれば、学術論文の一つや二つが見つからないか、探してみようと思います。
自分が研究できる気は全くしないので、他力本願で申し訳ない限りですが…。

アイスランド入植期の頃の人々は、いったいどんな風なことを思って、考えて、悩んで、喜んで生きていたんだろうなあと
遠い昔に思いを馳せる2017年10月もそろそろ終わり、の日曜の夕方でした。

寒いので空腹になるスピードと率が格段に上がってきた気がします。
冬眠準備はそろそろか…(笑)

それでは、皆様、また。
どうぞご安全に!




スポンサーサイト

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   地震に注意。

実は先日から、アイスランド北部で地震が続いております。

北部には住んでいないので、実感は無いのですが
アイスランド気象庁から近いうちに大きめの地震が発生する恐れがある、という発表が行われたそうです。

以下、一部言葉を変えましたが、
大使館から頂いた連絡です。

アイスランド気象庁は10月23日、国内北部から約20キロ沖の海底で小規模地震が相次いでおり、フーサビーク・フラテイ断層でマグニチュード6.8規模の地震が発生する危険があることを発表しました。

地質学者のベネディクト・オーフェイグソン氏によると、アイスランドの住宅は通常、マグニチュード7前後の地震に耐えられるということですが、皆様が居住する地域にどのような影響があるかは予想できませんので、地震に関する情報に十分留意するとともに、警戒を怠らないようにしてください。


アンダーライン箇所が、私の変更した言葉です。

ちなみに、Iceland reviewにも、情報が載っているそうで。
以下リンク。
大規模地震発生の恐れアリ?

活断層が日本とつながっているものなのか、それとも全然関係の無いものなのかは分からないですが、
日本に何も影響が無いことを祈っております・・・

アイスランドは、あまり高い建物が無いので、その点の不安は少ないですね。

私が日本で暮らしていたところはずっと地震が続いているようなところだったので、
「将来外国に住むことがあったら、地震の無い国が良い」
なんて思っていたものなのですが、どういうわけか永久就職したい国が火山大国アイスランドだったなんて、何の因果か・・・(笑)

それでも大好きなので、困ったものです。
レイキャビクでも揺れたりするのかなぁ・・・

ご旅行などで近々北部にいらっしゃる方、今ご滞在中の方、どうぞお気をつけて!
(といっても気をつけようが無いけれど…)

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   火山灰

経済破綻後、再びお金を稼ぐツールが 漁業と観光 だけになってしまったアイスランド。

そんなアイスランドで儲け時の真夏に
外国人にとって発音し辛過ぎるEyjafallajökull(エイヤフャトラヨークル)が噴火したのが去年。
じゃりじゃりの屋内、閉め切った小さな窓から霞んでいる青空を見ながら
「あー、ホットタブでのんびり日焼けするのがこんなに気持ち良さそうなのにプールにも行けないなんて、つまらん…」
と思っていた毎日でしたが

まさか今年もこのハイシーズンを目前にして、火山が噴火するとは。

しかも悲しいことに、今回のGrímsvötn(グリームスヴォトン)の噴火は、Eyjafallaよりも大規模だそうで。
あるアイスランド人の学者の言うところによると、彼の研究人生で見た噴火で一番の規模だそうです。
(多分自分の目で見た、そしてGrímsvötnの、という意味だとは思いますが)
観光業で生計を立てているアイスランド人の方々にとっては勿論のこと
冬の暗く寒く耐え忍ぶ季節を乗り越えて肌のシミも気にせず夏の日差しを満喫しよう!と思っていたわたくしにも大迷惑な噴火です。

この火山灰
私は日本の近畿地方出身なので、昨年Eyjafallajökullが噴火して、このReykjavíkまではるばる風に乗って運ばれてくるまで、身近にあるものではありませんでした。
ですので、日本の桜島や雲仙普賢岳などなどの火山灰がいかなるものか、伝え聞いた知識しかないのですが
火山灰というのは普通、粘着質で、掃除がとても大変なのだそうです。
しかしアイスランドの火山灰は不幸中の幸い、
とてもドライです。

しかし火山灰は火山灰。粒子は細かいし、窓の隙間から壁の隙間からどこからでも入り込んでくるし
吸い込めば体に悪いものに変わりはありません。

昨年の噴火では、もう本当に、毎日拭き掃除してもじゃりじゃりじゃりじゃり。
何から何まで灰っぽいし、外に出るのも躊躇するほど空気が汚染されているのもしばしば。

アイスランド、
家は古いものが多く、窓やら壁やら隙間もありまくりですが、なかなかどうして、冬場は暖かいのです。
スペースの広くない家では洗濯干しとしても大活躍してくれる
お湯を通して温める暖房器具のおかげなのですが
夏は、それをものすごく弱くするか、Turn off(電源を切る、という表現は出来ない、不思議なやつなのです)してちょうど快適な室内温度になります。
しかしそれはすなわち、エアーコンディショナーなる優れものなどアイスランドの一般家庭にはないも等しいということで、
換気をするには窓を開けるしかないわけです。
まぁ真夏でも風は冷たいので、窓を全部開け放すような換気は、一日中はしていられないですが。

私が去年の夏に住んでいた家は、嘘か本当か、Reykjavík市で一番古い家だったので
(何か街でイベントごとがあるとき、アイスランド人の見学者がぞろぞろ庭に入り込んできたり、引っ越す直前にはReykjavíkから何やら認定パネル?のようなものを外の壁に取り付けられていました。)
雰囲気はものすごく快適なものの、冬は寒いし、夏は暑いという散々な状態でした。
スペースがかなり狭いので、窓を閉め切っているとすぐに灼熱の日差しによって家は暑くなり(熱く?)、かといって窓を開けると細かすぎてはっきりとは見えないけれど火山灰が確実に家の中にわんさかと入り込み、毎日拭き掃除する羽目になる、
という大変な夏なのでした。

話は戻って今回のGrímsvötn噴火は、前回のEyjafjallaよりも大規模ではあるものの、
(わたくしは学者ではないのでいったいどういった加減で大洪水も起きずそんなに上手くいったのかはよく分かりませんが)
あの地域一帯を覆っているVatnajökullのおかげで、火山灰の飛散量は、
Eyjafjallaのときよりも少量で、飛行機のフライトに影響が出るような恐れがある日も、ほぼ数日との見解がなされているようです。

観光業者もわたくしも、本当に一安心。

しかし今家の中は既に飛んできた灰がそこらじゅうに散らばっているので
今日は今から、掃除機をかけて拭き掃除です。
私が日本を離れる前は嫌と言うほどCMが流れていたダイソンの掃除機で火山灰が吸い込めるのかどうか分かりませんが
火山灰の粒子はとにかくとても細かくて
花粉用のマスクをしていても、目が大きすぎて意味がないそうです。
なので、この国の一般家庭にありがちな、昭和からタイムスリップしてきたような掃除機では掃除しきれるはずもなく
我が家にあるのも当然のごとく昭和掃除機なので、壁、棚などは勿論、床も拭き掃除必至です。

アイスランドに旅行に来られる方で、「今日は空気がかなり汚いみたいだからホテルでゆっくりしていよう」と出来るまで日程に余裕をお持ちになっている方は普通いらっしゃらないかとは思うのですが、
もし日本から、火山灰を防ぐためのマスクをお持ちになっていたり、一応空気のチェックしてみたい、と思われる方のために
Reykjavíkエリア限定ですが、空気の汚染状況をチェックできるReykjavik city websiteなるもののURLを貼り付けておきます。
★ Reykjavíkurborg 空気汚染レベル情報

悲しいかな、空が霞んで見えるときは400~500µg/m3ということが多いです。
しかし昨日の19時頃、ふと気になってこのページを開いたときの数字にはさすがに愕然としました。
900µg/m3って・・・。それはいくらなんでもないんじゃない?と。

ちなみにアイスランドも他の外国よろしく、マスクをつける習慣は全くございません。
昨年も今年も、いかに空気が汚れていても全力で鼻から口から、空気を吸っちゃうアイスランド人なのでした。
アイスランド人の彼氏は
「マスクなんて恥ずかしくてつけられない。ましてこんな誰もつけないようなところでは絶対いや」
と言い張るのですが、私は喉がイガイガして肺に大量の有害な灰を吸い込むよりは、マスクをしたほうがいいのに・・・と思ってしまいます。

ちなみに今日の空はこんな感じ。
24.mai.2011

気温は5度ですが、北からの風がいつもよろしく強いので、体感気温は-1度となっております。
陰にいると、ホントにまだ真冬状態です。

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報