<< | 2019/08 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   易しい?厳しい?アイスランド語

突如、五十肩によく似た症状に襲われています。
まだ50歳にはなっていないんですが…どうした、私の肩。


こんばんは、牛です。


時間に余裕はあまりないのですが、アイスランド語ってやっぱりよく分からない!と思い、書かずにはいられなかったのでエントリーを書いております。

アイスランド語が日本語を母語とする人間にとって習得が容易な言葉かどうかという疑問に関しては
わたくしは声を大にして
「まっっっっっっっっっっっっったくです!!!!!!!」
と申し上げたく存じます。

難しいというか、私のような外国語の習得が苦手な人間にとっては、もう母語話者レベルに到達することは不可能だと断言できるのではと思うくらいのレベルで、難しい言葉です。

規則を覚えればある程度までは分かるし、使えるのですが
活用や言葉、そして発音にやはり「違和感」を残すものしか使えません…。
ぐんさまの職場の人で、成人になってからアメリカより帰化した人がいるのですが、彼のアイスランド語は話し方や言葉にあまり「外国人らしさ」が出てきません。
羨ましいことこの上なく、自分の未熟さをひしと感じる今日この頃です。
勉強と訓練不足です…はい…。


さて、今回わざわざ書くに至った理由となったアイスランド語に触れたいと思います。

まず
「あれ?アイスランド語ってちょっと簡単?」
と一瞬錯覚してしまいそうなのは、こちらのルールです。


■ 一部生理現象の、動詞 -a、名詞 -i 規則

大変残念なことに、一部です。
が、口から出る一部生理現象は、動詞の活用語尾 "-a" が、"-i" になると名詞化します。
なんて簡単!!!!
下に例を挙げます。

① að hnerra (アズ・フネッラ): くしゃみをする ---> hnerri (フネッリ): くしゃみ
    ・・・ ちなみに 『フ』 は、鼻から息を噴き出す(吐き出すと言いたいところですが、口じゃないので言えない気がします…。)だけで、実際のところ、音はありません。

② að hiksta (アズ・ヒクスタ): しゃっくりをする ---> hiksti (ヒクスティ): しゃっくり

③ að hósta (アズ・ホゥスタ): 咳をする ---> hósti (ホゥスティ): 咳

④ að geispa (アズ・ゲイスパ): あくびをする ---> geispi (ゲイスピ): あくび

まあ、例と言っておきながらこの4つしかないんですけれども…。
4つでも当てはまるだけありがたいというか、「やった!」と歓喜したところで、
ああ、やっぱりアイスランド語は厳しいのね…と思う例をご紹介したいと思います。


■ 日本語なら一つの言葉、アイスランド語では…

・・・ 猫の性別によって、言葉が変わります。5種類!ひー!
köttur (コットゥル): ♀♂
kísa (キーサ): ♀♂
fress (フレッス) : ♂
læða (ラィザ) : ♀
bleyða (ブレイザ) : ♀


ちなみに犬は
hundur (フンドゥル) : ♀♂
rakki (ラッキ) : ♂ (♀もOKかもしれません)
tík (ティーク) : ♀
hvutti (クヴッティ) : 子犬

で、3-4種類くらいあります。

尻尾/尾 ・・・ 動物によって、言葉が変わります。7種類です。7種類…。
rófa (ロゥヴァ) : 犬/猫
skott (スコット) : 犬/猫/狐
hali (ハーリ) : 牛, 爬虫類
tagl (タグル) : 馬
stertur (ステルトゥル) : 馬 (限定的)
stél (ステール) : 鳥
sporður (スポルズル) : 魚, 鯨



・・・ 果物や植物で言葉が変わり、こちらも7種類もあります。
húð (フーズ) : 生きている動物の皮膚
hýði (ヒージ/ヒーズィ) : 芋、人参、バナナ
roð (ローズ) : 魚
börkur (ボルクル) : 木、厚い果物の
hörund (ホールンド) : 主に人
skinn (スキン): 皮/革
hamur (ハームル) : 鳥や脱皮する生物




どちらの言語もちょっと齧った人間として、私が持っているイメージは
日本語は、一つの言葉で広い範囲をカバーできる
アイスランド語は、それぞれに細かく分かれている
というものなのですが、
皮と尻尾。ちょっとやり過ぎでは…とちょっとツッコミたい気持ちに襲われます。


結局のところ、私個人的には
「やっぱりアイスランド語って簡単じゃないのね」
という結論に落ち着いてしまうのですが
言葉はその国の人の考え方や文化を反映しているものが多いと思うので、そういう点でもこの「細かさ」は興味深いなあ、と思うのでした。


それでは、また!



スポンサーサイト

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   実は似ている?アイスランド語と日本語

驚くほど細いホースにびっくりするくらい長いブラシをつけて、地上一階から脚立に乗って3階の窓を掃除しているご近所さんを横目に見つつ、更には窓際のシソに熱い視線を浴びせながらブログを書いております。

牛です。

どうやら風邪を引いたようで、早めのパブロン様に期待大です。

日本は梅雨の時期でしょうか。
アイスランドは春の雨季を越えたわりに、2週間ほど曇り空の多いお天気が続いています。
冷夏になるとの予想でしたが、気温は平均して8度くらいの毎日です。
10度を超える晴天が恋しいです。
ちなみに今日は私が座っている窓側は、本当に雲ひとつ無い快晴の素晴らしいお天気です。
どこかに出掛けたほうがいいかな。

さて、先日アイスランドでは依然大人気のFacebookを見ていると、こんな記事を見つけました。
アイスランド語にあって、英語に無い10の言葉&フレーズ

専門家でも無いくせに、いつかゆるーいアイスランド語の本を出版してみたいという大それた野心を持っている私ですが
(本当にユルイやつが書きたいのです。文法書とかじゃなくて。そして本を出版してみたいという野望を持つあたりで、随分と自分がアイスランド人化してきているような気がします。自費出版、いつかするんでしょうか、私。笑)
英語には無くとも、日本語には実はしっくりくる“翻訳”があって、密かに面白さを感じています。

気候は違えど文化面にも類似点がいくつかあり、これは島国だからなのか、それとも同じプレートが生まれるところ、沈むところという偶然も手伝っているのか、とにもかくにも研究のし甲斐はありそうだなと思うトピックであります。

似ていると思うもの全ては書き出せないので、一部ですが、ご紹介。

1. Takk fyrir síðast.
読み方は、タック・フィーリル・シーザスト
日本語で言う、「この間はどうも。」です。
この間っていつ、この前っていつだ?と英語では気になるんでしょうか。良く分かりませんが、アイスランド語にもこれがあります。
日本人とかなり同じ感覚で使っているような気がします。
ちょっと違うかな、と私が思うのは、アイスランド人はもう少し『本気でお世話になった場合』に使っていることくらいでしょうか。
それでも、物凄くお世話をしたわけではない前回にも使われるので、やはり感覚は似ています。

2. Gjörðu svo vel.
読み方は、ギョルズ・スヴォ・ヴェル
日本語で言う、「どうぞ。」です。
上で紹介したリンクのところには無かったように思いますが、英語ではplease だったり、Here you go.だったり、その場その場で相応しい“訳”は変わるように思います。
でも、日本語で言うなら、まさに「どうぞ」。
ご飯を振舞う時、人に順を譲る時、お金を渡す時。
どんな場面でも使える、「どうぞ」と"gjörðu svo vel"。

3. Þetta reddast.
読み方は、セッタ・レッダスト
日本語で言う、「何とかなるよ。」です。
基本的には人を励ます時に使いますが、時々『いや、君の努力次第だろう?頑張れよ。』と思うような時、自分に『あー、まあ今は駄目だけどさ、いざとなったら大丈夫だよ、何とかなるって。』と、言いながらぎりぎりまで頑張らないアイスランド人を何度も見かけたことがあります。
「何とかなるよ。」(他人任せ、というか、物事が勝手に何とかなるような、本人の努力で無いような言い方)
がたまにイラッとするときもありますが、まあ好きな方の言葉です。
『あの、私が頑張ったから大丈夫になったんですけど。』とか、『いや、君が手伝ってさえくれたらもっと簡単にレッダストするんだけどね?』というシチュエーションの時は、腹が立ちます(笑)
アイスランド以外ではReddastしないようなシチュエーションのことも多々ありますが、アイスランドでなら大概本当にÞetta reddastしちゃうから、まあ、ちょっと悔しい時もありますが、いいことです。(笑)

4. Nenni ekki.
読み方は、ネンニ・エッキ
日本語で言う、「やる気が出ない/ない」です。
このフレーズについては、以前別のエントリーでも書きましたが、英語にはこの言い回しも無いんだそうです。
イギリス人やアメリカ人は、そんなにいつもやる気があるんでしょうか?凄いな。(笑)
Nenna (動詞)が活用されます。
ちなみにNennir þú...? (ネンニル・スー...?)で、『(私の為に)~してくれる気、ある?』という依頼になることも多くあります。
まあ、一番聞くのはやっぱりÉg nenni ekkiな気がしますが(笑)

5. frænka / frændi
読み方は、フラエンカ / フラエンディ
日本語で言う、「親戚」です。
アイスランド人は友達・友人・知人の区別があまりありません。出会って数時間で『友達』になることがありますが、『一族』のくくりも随分大きいように感じます。
どこまでを “一族” と認識しているんだ?と不思議に思うことも多々あります。入植期から続いてここに住んでいる一族は、皆『親戚』と呼ぶんじゃないかと思うことさえあります。


文法、発音、言葉は全然違えど、何故か似ている言葉のある日本語とアイスランド語。
今回私が書き出した限りでは、 "感覚" に基づいた言葉に類似点があるような気がします。
島国の感覚なのか?それならイギリスやグリーンランド、ニュージーランドなどの原住民のオリジナルの言語にも、これらの言葉に似たものがあるのか?
気になります。
いつか研究できたらいいなあ、と思いつつ…
先は長そうです。

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   レイキャ・ヴァイキング?いえいえ、レイク・ヴァイキング。

昨日は日本のように湿度があり、しんしんと冷える一日でしたが、本日は今冬お馴染みの荒れるお天気で冷え込んでおります、レイキャヴィークです。
牛です。
久し振りに調子に乗ってスカートを穿いたらこんな大荒れ。
アイスランドが国土を挙げて『やめろ!』と言っているのかもしれません。
ごめん。アイスランド。

びっくりアイスランドシリーズはちょっと休憩。
アイスランド大学に学士号課程で在籍していたときに勉強した“トピック”で
『何でや!何でこんなややこしいことすんのや!』と泣きたくなったものを
最近第二シーズンを見終わったVikingというテレビシリーズを見ている間に思い出し
ちょっと気になったので、ぐんさまとお義母さん、お義父さん家族を巻き込んで質問を浴びせかけ、書き出してみたものがあります。
いつもアイスランド語に悪態をつくから更に怒ってこんな天気なのかもしれません。私の所為?
皆さんごめんなさい(笑)


日本には国の名前のように、各都道府県の名称を使って
〇〇人と呼ぶことがあります…よね?
例えば、大阪人(おおさかじん)とか、名古屋人(なごやじん)とか。
日本の都道府県じゃなくても、カタカナ語が“おしゃれ”な最近の風潮を考えるとちょっと古いといわれるのかも、と言う気はしますが例えばパリに住んでいる人のことを『パリっ子』などと呼ぶこともあると記憶しています。

実はアイスランドにもそういう表現があって、
レイキャヴィークに住んでいる人、空港のあるケプラヴィークに住んでいる人といった
『レイキャヴィークっ子』なるものがあるのです。

レイキャヴィークはアイスランド語で
REYKJAVÍKと書きます。
レイキャヴィークに住む人のことは
REYKVÍKINGUR
と呼びます。
ちなみにかの有名な北欧の荒ぶる獰猛なヴァイキングをアイスランド語で書くとVíkingur (男性単数形)。
レイキャヴィークに住む人もアイスランド語ではヴァイキングです。

ただ、ここで「おいこらアイスランド語」と激しいツッコミを入れたくなる部分にお気付きいただけましたでしょうか。

お気付きだろうか。

夏の心霊現象を扱う番組で良く使われるあの台詞を思わず使いたくなるほどの恐ろしい現象に。心霊写真ばりの恐ろしさに、お気付きいただけましたでしょうか。

そうなんです。
REYK ja VÍKINGUR
じゃなくて
REYK VÍKINGUR
なんです。

何なんだ。
何で JA 取っちゃうんだよ。
Reyk/ur (煙 [名詞])と言う言葉は存在するよ。でも、レイキャヴィークはREYKVÍKじゃなくて
Reyk/ja (煙っている [動詞])を使ったんじゃないのか。
それともReykjaviíkのReykjaはまさか、Reykurの複数形の所有格なのか!?

どっちにしても、です。
どっちにしても私には、
なんでReykJAvíkと名付けておきながら、男性単数目的格・不定形のREYKを使わねばならんのかと
甚だ!ハナハダ!疑問なのです。

嫌がらせか、と。

しかもアイスランド語の嫌がらせはここだけに留まりません。

〇〇víkに住んでいる人は〇〇の部分がちょっと活用されていることはあっても、とりあえずVÍKINGURにしておけば間違いはありません。
近くの町、Garðabærに住んでいる人はgarðabæ-INGUR、Hafnarfjörðurの住人もhafnfirði-NGURなので百歩譲って許します。(私は何様。)

しかし。しかしです。
何でお隣町Kópavogurに住む人はKópavogi-NGURとかKópvo-INGURとかじゃダメなんでしょう!?
何故なのでしょうか。
彼らは KÓPAVOGSBÚI と呼ばれるのです。

何か理不尽。
何ナノアイスランド語。
アナタハ誰ナノ。
ドウシテナノ。
と最早宇宙人のような話し方になってしまうほどの切なさと悲しさを私はこの
〇〇っ子
で感じてしまいます。

ちなみに。
南部のKirkjubæjarklausturはアイスランド人的には比較的大きな村として認識されているはずなのですが、
-ingurや-búiなどの言葉をつけて“〇〇人”と呼ぶ習慣が無いそうです。

お義母さん曰く
「『〇〇に住んでる人 (fólk sem búa í/á...)』って呼んだらええやん」
と言っていました。

いや、そうなんだけど。
そうなんだけど、じゃあ、アイスランドの地域全員そうじゃないのは何でなの?特定の一部だけ無いって、それちょっと可哀想じゃない?
と微妙に気の毒な気がしてしまう、わたくしです。

ちなみに、他の町・村に住む人たちはこのように呼ばれています。
     ↓
garðbæingur : Garðabær
keflvíkingur : Keflavík
mosfellsbæingur : Mosfellsbær
akureyringur : Akureyri
siglfirðingur : Siglufjörður
vopnfirðingur : Vopnafjörður
borgnesingur : Borgarnes
selfyssingur : Selfoss
Hafnfirðingur : Hafnarfjörður
Egilsstaðabúi : Egilsstaðir
Sauðkrækingur : Sauðárkrókur


外国人には(少なくとも私には)
どんなルールで -ingurなのか -búiなのか決められているのか分からず
「〇〇búi?えー?語感が悪い。」
と言われても
本当に何のことやらさっぱり分かりません。
その“語感”のフィーリングが無いから日本人なんだよっ。
あったらこんなにアイスランド語の習得に苦労しません…北欧人みたいにもっと簡単に出来ます…。

悪態をつきつつ、今日も大好きで憎らしいアイスランド語と戦う牛でした。
とっても楽しいですよ!アイスランド語!!♪
(説得力全然無いですかね?苦笑)

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   アイスランド人は巧みな話術の持ち主?

先日の、日本語学科への授業参加お願いに、3名の方から前向きなお返事を頂戴しており、大変ありがたく思っております。
ありがとうございます。
もっとたくさんの方に来て頂ければもっと助かりますが、3人来て頂けるなら、何とかならん気がせんでもない…!頑張りとうございます。

昨年から、日本からアイスランド大学への交換留学生数が圧倒的に増えたので、日本語学科の学生にとっては生きた日本語を聞き、話せるまたとないチャンスがたくさんできたわけですが、それでもやはりアイスランドにいると、日本語を話したり聞いたりできる機会はとても少なく
私の日本語は聞けて理解できても、それは私が外国人に日本語を教える訓練を積んで、彼らが理解しやすいように話すテクニックを意識的/無意識で使っている日本語が分かるだけなので、
実際に『生の日本語』(聞き手が日本語学習者用であることを意識して話されている日本語)を聞いた時に、ほとんど何も分からないという人は少なくありません。
また、街中でそれらしき人を見かけても話しかける勇気がなく、敢えてそういう機会を見つけて参加しなければ、日本人と言葉を交わせる機会も殆どないと言うのがこの国の現状です。


さて、アイスランドにおける日本語教育の話はここまでにして
アイスランド人の、ちょっと面白話術についてお話したいと思います。

日本でもプレゼンテーションや対話のテクニックについてのHow to本や、セミナーのようなものが開かれているかと思います。
日本人でも人それぞれではありますが、やはり日本人に比べると、アイスランド人のほうが人前でスピーチをしたり、プレゼンすることに対して抵抗や躊躇は少ないように感じます。

私がずいぶん前にどこかで見かけた、『上手な人前での話し方』テクニックの一つに、
プレゼンでの質疑応答の際に分からない質問が出てきても、「分からない」と言うのではなく、「それは面白い疑問ですね。皆さんはどう思いますか?」と、リスナー同士でのディスカッションに持ち込むと言うものがありました。
日本語の文法などを教えている場合この対処は殆ど不可能なので、『へーえ、こんな方法もあるんだなぁ』と言う程度に考えていたのですが、
実はこれが。
身近にそれを、しかもものすごく頻繁に使っている人たちがいたのです。

そう、アイスランド人です。

あまり若い人がそのようなプレゼンや疑問をぶつけられるような会話をしているのを見たことが無いので全員が、と言うわけではありませんが
少なくとも30代の人は使っていることをこの耳で確認しております。

『面白い質問』と言う言葉ではありませんが(áhugaverð spurning)
それとほぼ同様の意味で使っていると思われる
"Það er góð spurning."
(それはいい質問ですね。)

今横にいるぐんさまに聞いたところによると、
『いやぁ、実際それがいい質問だと思ったときにも言うよ』と言っていましたが
私は、この言葉を口にした人が、その質問に対して返事できているのを見たことがありません。(笑)

いいんですけどね。
いやぁ、絶対こっちの先生たちは「分からないって言わないなぁ」なんてちょっと白い目で見ちゃうときもあるのです。

私が日本語教育を勉強していた時は
「分からないことは絶対に適当に答えたりしないこと!分からない時は分からないと言って、自分の宿題にし、きちんと調べてから次回の授業に返答できるようにすること。」
と教えられたので、こっちの先生にもそうして欲しいと思うのですが
よく
『いやーそれはいい質問だね、興味深いね。そういう観点もあるんだね。じゃ、次行きます。』と流され
何やねん!答えてくれよ!とフラストレーションが溜まったこと、数多く。

おかげでアイスランド語でも自分で何とか必死に調べる方法をいろいろ身につけましたが、
それでも分からないことは多いし、
先生だって勉強してくれよ。知っていることだけを伝えるのが先生じゃないんだぞ。
と喉から出掛かった言葉を飲み込むことが何度かありました。

需要も供給も少ないので、アイスランド語教育がなかなか発達しないのは分かりますが、
アイスランドにおけるアイスランド語教育は、まだまだ改善が必要だと、同じ言語教育の場に建っているものとして、強く感じます。

かと言って、私が今作っているアイスランド語の自習用ノートが言語教育的に優れているとは思えないけどね…。

とにかく教師と言うのは、学生に教えるだけじゃなく、
教えながら学び、自分が成長していける、しなくちゃいけない職業なんだぞ、と私がお世話になった一部の先生に言いたいです。

学者としていい業績(?)を上げている人が、いい先生だとは限らないということを
身をもって実感した牛でした。

今日のテストは全く勉強していないわりに5-6割くらいは分かったので、
やっぱりちゃんと勉強するって大事だな、と思いました。
あーチキンな私。

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   Djákninn á Myrká v.s. お岩さん

(一応)
アイスランドのおばけ、Djákninn á Myrkáと
日本のおばけ、お岩さん。

どんな違いがあるんだろう?

と思い、書いてみました、エッセイ。

アイスランド語で。

どちらもそれぞれの国に古くからいるおばけです。

こちらのブログでもアンケートのご協力をお願いしたので、
『アイスランド語でしか書きません』
と言うことはないです。

あとこのエッセイ、まだ実はちゃんと終わっていないので、全然満足できていません・・・

と言うことでできれば後日、日本語で改めて書き直し、ちゃんと完成させたいと思っています。
何日かかるか分かりませんが・・・

ひとまずご報告のためにも
アイスランド語版のエッセイ、こちらにポストしておきます。

★ エッセイ Djákninn v.s. Oiwa

とりあえず簡易ではありますが
アンケートにご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報