<< | 2019/10 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   2カ月を終えて

2016.07.26 09:34|アイスランド以外, others
本日はわたくしの2ヶ月間のご報告です。

こんにちは、牛です。

人生初の埼玉県滞在、最初はものすごい勢いで太りましたが(完全なる食べ過ぎ)後半若干戻りました。
初めは痩せなければまずいという強迫観念から来た自分の気のせいかと思いましたが、何も言っていないのに他の人から
「ちょっと痩せましたね?」
と声をかけてもらったので、どうやら気のせいでもないようです。
せめて来る前と同じくらいにはなっておかないと、帰宅したときにぐんさまに『お前誰だ』と言われかねません…。
それはまずい。

さて、今日はわたくしが2ヶ月やってきたことのお話です。

何度かお話したことがあるように記憶しておりますが、わたくし、実はこんなですがアイスランドにて教師をしております。
今回日本にやってきたのは、教師として研修を受けるためでした。
この研修での私の課題は、
① さらに能力を向上させ、知識を深めること
② 現在私が教育現場で直面している問題を改善すること
でした。

同様に世界各国で教育現場に立ち、問題を抱えている先生が文字通り世界中から集まり、私が参加していた研修グループは自分を含め24名の先生が集まりました。
うち21名が非日本語母語話者の先生方です。
日本の大学院で修士号や博士号を取った先生方もちらほら。JLPTという非日本語母語話者の人たちの日本語能力をはかる試験があるのですが、その一番上のレベル以上の日本語の理解力、発話力がある先生ばかり。
日本語教育では一般的に、日本語の知識が全くない(ひらがなやカタカナを見たこともない、というような)人たちを『ゼロ初級』と呼び、それから『初級』→『中級』→『上級』→『超級』となりますが、発話は除くとしても、理解力は完全に超級レベルの人ばかりです。
教育の専門的なことを日本語で説明され、理解し、何らかの形で反応する外国人の先生方。(返事したり、レポートを書いたり。)
いやあ…私はおそらくどれだけアイスランド語を勉強してもあのレベルにまで達するには最低これから10年はかかるだろうと思います。

とにもかくにも、24人の世界中の先生がそれぞれの国、それぞれの勤務する教育機関で抱える問題を解決するためにこの埼玉県に集結したわけですが、正直に言って、ものっっすごく大変でした。

というのもこの『問題解決』。要は全て自分次第なわけです。
年齢的にも大人で、しかもそれなりの日本語教授経験年数がある、という採用条件を超え、審査されて国の名前を背負って来ているわけですから、国の名前に泥をぬる、自分のせいで印象を悪くするようなことはあってはならんと、少なくとも私は思うわけです。指導教官の先生は、あくまで指導してくださるだけ。何も強要しません。宿題という簡単な明白なものもありません。それが大変!
そして自分の悪い癖もやはり改善されておらず…。
ご飯も作らなくていい、掃除もしなくていい、ただひたすら仕事にのみ打ち込めるというようなこんな状況、まあ無いです。
調子に乗りました。
真剣にこれからは『マズそうなときはほどほどにして、休む』という選択ができるようにならないと、失敗から学ばない人間はただのアホということになっていしまいます…

ちなみに私が目標としたのは、近年のアイスランドにおける観光業の急速な発展を鑑みて、
『非日本語母語話者の学習者がアイスランドにおいてガイド職に従事できるように産出能力を高め、直面するであろう状況で知っておくと役立つであろう習慣を知るコース』
を作ることでした。

いやー、今回ほど過去自分がアイスランドでガイドをやったり旅行業界にちょっと携わったりしておいて良かったなあと思ったことはありません!(笑)
というのも、もしもこれで自分がそういったことに一切知識がなければ、実用的で真実味のある、また現実的な内容の授業や教材(教えるときに使うもの。教科書とか、プリントとか、そんなものです。)を作るのにまず、リサーチやインタビューから始めなければ何もできないところだったからです。

日本人が日本人を相手にする場合と、日本人が外国人(特に若い白人の男の子や女の子)を相手にする場合は、求められるものやレベルは大きく違うのですが。

とにもかくにも、そんな目標を立てました。
しかし研修に来るまではただ漠然と『ガイド養成に役立つようなコースができたらなー。ってそのために何から始めたらええの?』という状態。
いやあ…あの…コースをゼロから組み立てるってとんでもない事ですね。
そして現在の言語教育のスタンダードを全くと言って知らなかった状態から、それを取り入れた本当に学習者のためになるようなコースを作ること。
……みんな、先生頑張ったよ!めっちゃ頑張った!!!

折角興味を持ってくれた日本。
折角始めてくれた日本語の勉強。
もっと好きになってもらいたいし、もっとそれを使ってやれることの可能性を広げてあげたい。

まだまだ未熟な教師でも、いっぱしの夢は持っています。

この2ヶ月、物凄く勉強しました。
毎回全力は尽くしてきたけど、もっとやれることがあるなと思いました。
今まで一緒に勉強してきてくれた学習者たちに感謝しつつ、まだ見ぬこれから一緒に勉強してゆく学習者に期待と希望を持って。

勉強はいくらやっても足りなくて、私の能力も限られているので、学習者に提供できているものは微々たるものですが。
ずっとずっと勉強は続けて、ずっとずっと自分の教え方を向上していけるように努力は惜しまないと、心の底から思いました。
そして同時に気付く、日本語の研究の面白さ。

現場には立っていたいけれど、研究も本当にやりたい。
欲をかきすぎる人間です。
しかしそれを向上心につなげたい。

結局この2ヶ月で、
シラバスという、開設したいコースはいつ、何を、どんな風に教えるのか決めたものと
教材という、授業で教えるために使うものと
教案という、授業でどんな風に教えるのかを詳しく書いたもの
を作りました。

そしてこの研修では企画書というものを書かなければいけないので、企画書も。
JFproject-2016-kikakusho.jpg

全部でワード、A4サイズおよそ60枚。文字数にして35034字だそうです。
35000字。多いのか少ないのかいまいちわかりません。
この文字では、まだ自分の頭の中にあること全てはまとめ切れておりません。
でも、とりあえず研修はここで終わり。

後は帰って、まず試しに授業をやってみて、
上手くいったら改善点を修正して、
もう一度授業をやって、
それと同時に企画書をアイスランド語か英語にして、
大学に新しい授業開講の提案をします。

何と言いますか、これ、やったはやったんですが、日の目を見なければ何の意味もない事なので
今はまだスタートラインに立ったばかりの状態です。

それぞれの先生が、自分の抱える問題に真摯に向き合って、改善を目指す姿に、とっても刺激されました。
そして、いろいろといい勉強になりました。

何というか私、人が苦手で人見知りだったんですが、そうじゃない方がいいなーと思うようになりました。
広く浅くというお付き合いはやっぱり今も苦手ですが
出来るだけいつも笑顔で、出来る限り人とかかわるようにして(しかし決して無理はしない。)、出来るだけ人のことを助けるようにしていたら
なんだかとっても幸せな2ヶ月でした。
24時間365日ずっとというのは無理でも、そうしようと心掛けることで、毎日の気持ちって結構違うものだな、と。

アイスランドの冬はなにぶん暗いので、ずっと明るくいるのは難しいかもしれませんが、それでも笑顔で居ようとすれば、多少変わるかもしれないな、と思う今日この頃。

しかしとりあえずこの8週間は本当に絶え間なく働いたので、とりあえずちょっと休みたいです。

アイスランド帰ったらもう夜暗いんだろうな…。
今年は近年の悪天候が嘘かのように暖かくていいお天気の続いた夏だったそうで。
帰ってから少しでもいいからその気配が楽しめたらいいなあ、と淡い期待を抱いています。

今年はいいブルーベリーが採れそうな気がします。
ブルーベリー狩り、行けるかな?
スポンサーサイト



テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   今年も一年ありがとうございました。&およそ800kr相当のプレゼント。

2015.12.29 15:47|アイスランド以外, others
今年も一年、お世話になりました。
皆さまお変わりございませんでしょうか。

牛です。

またも一か月以上の更新をせず、広告が表示される事態となってしまいました…。
来年度もマイペースにしかエントリーは書けないと思いますが、お付き合いいただけますと嬉しく存じます。

さて、以前のエントリーに書いたような書いていないような。
今回かくかくしかじかで、クリスマスと年末年始を移住後初めて日本で過ごすこととなりました。

原因不明の遅延によりヨーロッパで飛行機の乗り換えが出来ず、半日以上日本への到着が遅れてしまいましたが、無事に日本にやって来ることができました。よかったよかった。

今回の一時帰国滞在は1月8日までとまだ少し時間が残っていますが、今回の滞在での一番のハイライトは確実に、痔の手術でした。
痔をお持ちの方、ここは声を大きくしてアドバイスを申し上げたく存じます。
痔があるかた、なるべく早く病院に行って治療なさってください。
早く行かねば大変なことになります。ええ、それはもう、大変なことに。

何はともあれ私、痔も何とかなりそうです。助かりました。

話は全く違いますが、何とまあ、あんな自分の趣味全開の一方的なTwitterのアイスランドの情報をぶつぶつと呟くアカウントのフォロワーさんが600人を超えました。
600人!いやー…申し訳ない限りです。たいしたこと何も言っていないんですけれどねえ…。

ということで、600名のフォロワーさんに感謝を示し、またもTwitterではなく、ここのブログにてささやかな感謝をお伝えしたくプレゼントを差し上げたく存じます。
今回も残念ながらプレゼントとしてはお安く、800kr相当の僅かなものですが、正真正銘アイスランドからのものでございます。
2016-present.jpg

今回プレゼントの内容は

1. アイスランドのおなじみのお酒、味見サイズBrennivín
2. 近年出てきたアイスランドのジン、味見サイズ
3. 自分が好きなチョコレートお菓子、Staur
4. これまた自分が好きなチョコレートの中にマジパンが入ったお菓子

の4つです。
今回は日本滞在中なので、発送も日本から、恐らく1月5日以降8日までの間になると思います。

豪華とは対極にあるような内容なので、応募者の方がいらっしゃらなければ企画は流れます(笑)
もしも欲しい方がいらっしゃれば、日本時間で1月4日お昼12時までに、コメント欄にその旨をお書きいただき、コメントを残すフォームの名前記入欄の下にあるメールアドレス欄にはご連絡を差し上げて良いメールアドレスをご記入いただけますと幸いです。

もしご応募が複数名になった場合、今回もぐん様に抽選してもらい、当選者を決定いたします。
当選された方のお名前はこのエントリーのコメント欄で発表し、またお教えいただいたメールアドレスに私より直接ご連絡差し上げます。

今年もアイスランドでは大量の花火が販売され、購入されているようです。
皆さまどうぞ、にぎやかで楽しい年末年始をお過ごしくださいませ!!

今年も一年、マイペースのブログにお付き合いいただき、本当にありがとうございました。
来年も相変わらずの一年になってしまうかと存じますが、コメントを頂けたり、お読みいただけますと本当にうれしいです。
来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

Takk fyrir gamla árið og farsælt komandi ár!

   少し日本に帰っておりました。

2012.07.06 07:12|アイスランド以外, others
皆様ご無沙汰しております。
kyrmamiこと、わたくしです。

引っ越ししてすぐ、しばらく日本に旅行をしておりました。

アイスランドと日本の違い

3年も帰っていないと、街自体が変わったところも、私自身の感じ方や考え方が変わったところも多く
かなりショックなことも多かったです。
良い意味でも、悪い意味でも。

日本のスーパーマーケットに溢れる食材やお惣菜
日本のサービスクオリティの高さ
アイスランドの夏の美しさ
アイスランドの空気の乾燥度

アイスランドにある可能性
日本にある可能性。


いろいろな部分で
目が覚めた部分もあり
気付いたものもあり
これからどうやって生きていこうかな、と考え直す機会にもなりました。

来年は、念願の日本語教師としてアイスランドで生活することが出来そうです。
これからしっかり準備して、1年間はいろいろと、今までとは違ったことを学んで成長できる一年になりそうです。

さて
今回の旅行では、IcelandairとTurkish airlineを使って、
Keflavik-Helsinki-Istanbur-関西国際空港
の往復でした。

トルコ航空は一説には
世界最高レベルのエコノミークラスサービス
とのことでしたが
実際、サービスはとてもよかったと思います。

日本人的に、職務中私語を延々と続けるとか(慎もうと言う気配はゼロ)
物をこぼされてもあんまりちゃんと謝ってもらえないとか
そういう対応はありえないと思われる方も多いかと思いますが
こちらに住んでいるとそれは当然というか普通のことなので
日本の水準で、と言う意味ではなく

短い飛行時間でも食事を提供してくれるとか、
アルコールを複数回頼んでも無料だとか
長時間のフライトになると、靴下やアイマスク、歯ブラシなどのアメニティセットを配ってくれるとか
そういった意味で、かなりサービスは良かったです。

ただ一点、文句を言わせていただきたいのは

食事に油をたっぷり吸ったなすびが出て来過ぎと言うことでしょうか。

アイスランドであまりなすびを食べないので
フライトのあった3日くらいで3年分を食べたように思いました。
私は無知なので知らないのですが
トルコってなすびが有名なんですか?

何であんなになすびが提供されたのかはかなり疑問でした。

そして今回、たまたま日本を出国した7月1日にアイスランドの滞在許可証が切れてしまい
時差の関係でアイスランドへの帰国が7月2日になってしまったのですが
そのことで、ヘルシンキ空港でのアイスランド航空のチェックインで
ヘルシンキ空港のアイスランド航空関係者トップがアイスランドの入国管理局(/移民局/Utlendingar stofnun)に私の入国許可を確認すると言う少し面倒な事態に陥り
(結局新しい滞在許可証が既にアイスランドの自宅に送付されている状態だったので、10分ほど待っただけで済んだのですが)
ちょっとしたハプニングもあった旅行でした。

ちなみにEEAエリア外だかシェンゲンエリア外だかは分からないですが、とにかく
日本人は、滞在許可証を持っていない限り、岐路の航空チケットを持たない入国は許可されないそうです。

例え日本人は、90日以内なら、ビザを持たない旅行を許可されていてもです。

やはり年々アイスランドへの、外国人の移住に対しての審査や手続きが厳しくなっている
と言うのはあながち『気のせい』だけではないようです。

困りました。

と言うことで今日はここまで。

最近時差ぼけだけでなく
夜に弱くなった気がします。

・・・・・老化?(汗)