<< | 2011/07 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   環境保全大国?アイスランド

2011.07.27 19:45|日常生活, daily life
環境保全先進国アイスランド

とはよく言われたもので、アイスランドは皆様ご存知のとおり、とってもクリーンなイメージが持たれています。

事実、アイスランドの空気は、世界の "先進国”中で、一番綺麗だと言っても過言ではない思います。
スコットランドはエディンバラへ行ったとき、
わずか11日間の滞在でしたが、4日目くらいから排気ガスアレルギーになると言う、人生初めての体験をしたのも
多分丸2年、アイスランドの美味しい空気を全力で吸い込んでいたおかげと言うか所為と言うかなのだと思います。

アイスランドの空気は美味しい!!!
と言うのは、事実です。
ホントに美味しい。

ただ、環境保全先進国かどうかは怪しいアイスランドです。
その理由は
ごみの分別がほとんどされていないという、
このご時勢考えられないようなゴミの捨て方がされているからなのです。

まずここに住んでびっくりしたのは、
缶、瓶、ペットボトルの回収日がないこと。

例外的に、西側のSnæfellsnesのある街は、日本ばりに細かく分別が義務付けられていて
久し振りに卵の殻や野菜くずを生ゴミBOXに捨てると言う経験をしたのですが
Reykjavikに住んでいる間、寮以外で缶瓶を分けて捨てるところはありませんでした。。。(最近は学校でもきちんと分別をさせています。2014年4月。)

何でそんなことが起こり得るのか?と言いますと
アイスランドでは、紙や缶瓶、ペットボトルの収集を依頼すると、余分にお金を払わなくてはいけないからなのです。
余分にお金を払うんじゃ、お金にがめついアイスランド人が、なかなか依頼しないのも無理はありません。

前に住んでいたところと現在住んでいるアパートの住人の皆様は、
幸いちょっとお金を出して紙の収集も依頼してくれているので、かろうじて紙だけは別に捨てることが出来ますが
缶と瓶まではやはり、依頼してくれません。

『じゃあ缶瓶ペットボトルはどうしているのか?』
と言いますと
大概の皆様は、生ゴミと一緒に捨てます。
まさかの事実です。
でも、紙とペットボトルだけに限って言えば、町の辺鄙なところに
専用のどでかい回収ボックスが設置されていて、そこへ持っていけば、捨てることは出来ます。
でも、わざわざ持って行かないといけないので、回収率が高いとは、到底思えません。

でもやっぱり、人間としてこれ以上環境汚染を助長するようなことはしたくない
と、罪悪感を感じるのが普通のところです。
そこで出ます、アイスランド人の味方、Sorpa!!!

Sorpaとは何かと言いますと、
リサイクル品回収センターでございます。
Sorpaでは、缶・瓶・ペットボトル・木・電池・電球などなど、リサイクルできたり、そのまま捨てると環境汚染を助長するようなものがきちんと回収されています。
一集落に一箇所くらいの割合でちらほらと点在していますが、私の家の近くではReykjavik市内のGrandiと言う地域にありまして、わが日本の故郷の田舎のリサイクルセンター30分の1くらいの大きさしかない小さなところです。
車を持ったアイスランド人は、せっせとそこへゴミを捨てに行きます。

そして、缶瓶ペットボトルは
メーカー、アルミ/ステンレスなどを問わず、1本(缶)15Krくらいで買い取ってくれるのです。
アイスランド人が結構ちゃんとここに持って来る訳が分かるような気がします。(笑)

何にしても、自分が出したごみがお金になるのは私にもありがたいことで、
我が家は車がないので少々不便をすることはありますが、2度ほどは自分で持って行ったことがあります。
(それまでは、Sorpaに持って行くと言う人にあげていました。)

ただ、Sorpaもちょっと変わっていて、
缶瓶ペットボトルは、回収してくれるにはしてくれるのですが、なぜか飲み物用の缶瓶ペットボトルしか、回収してくれません。
彼氏いわく
『食べ物用の瓶や缶は、リサイクルの仕方が違うから』だそうですが
私は、
『中身を洗わずに持ってくる人が多くて、洗浄する手間が大変だからじゃないだろうか』
と踏んでいます。
日本でも、『中をちゃんと洗ってください!』って問題になったりしていますからね。

と言うわけで、
『これも絶対リサイクルできるはずなのに・・・』と残念に思いながら、
料理用の具材が入ったりしている缶瓶はやむを得ず未だ、生ゴミと一緒に捨てていますが
いつか日本のように分別がReykjavikでも義務付けられたら、本当に
名実ともに環境保全先進国になれるのに
と思う私なのでした。

地方で出来て、Reykjavikで出来ない意味が分からない・・・
どうせ住んでいる人口の数が少ないから、リサイクルしなくても全世界の規模から考えたら微々たるもんなんでしょうが
そこは頑張って欲しいよなぁ・・・

ちなみにアイスランドのゴミ箱は
黒色が一般ゴミ
青色が紙(ダンボールは紙として捨てられない)
深緑が缶瓶(もしかしたらペットボトルもかも)
茶色は生ゴミ
です。

ダンボールが紙として捨てられないのは、これまた私の推測ですが、
『ダンボールについているガムテープやビニールなどをちゃんとはがして捨てない人が多くて、その処理に余計人件費がかかってしまうから、それならはなからダンボールはだめだと言っておこう』
と言う考えなのだと思っております。
ダンボールも紙なのに、紙として捨てられないって・・・意味が・・・分からないですから・・・。

ちなみに深緑のゴミ箱は、私はReykjavikで2回しか見たことがありません。
やっぱり、別に全部一緒に捨てても誰も怒らないし、お金を余計に払ってまで収集してもらいたいと言う人は少ないのでしょうね。
私も貧乏なので、その気持ちはすごく分かりますが、
政府の公金が教育費に一番割かれている素晴らしい国だからこそ、環境保全の部分も頑張ってもらいたいな、と思うのが私の心情です。

<2014年追記>
2年ほど前から、ついにダンボールも紙として捨てられるようになりました。
紙なのだから当然といえば当然だと思うのですが、何はともあれ、リサイクルできるものが増えてきて(リサイクルした方がいいとアイスランド人が認識するものが増えてきて)よかったなぁ、と思っています。
スポンサーサイト

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   アイスランドの病院

2011.07.27 01:30|長期滞在の準備, visa etc.
仕事を何とか終わらせ、日常生活が戻ってまいりました。
そこでちょっと気になった、アイスランドの保険の話です。

アイスランドに長期滞在する際、
半年間は民間の保険会社の保険に加入していなければなりません
と言うのも、アイスランドは他の北欧諸国よろしく医療費が安いために、
アイスランドの保険を使って治療を受けるために渡航する外国人を避けるため
だと言うのですが、私個人的にはアイスランドの治療費が安いなんてあまり思いません。
と言うより、
アイスランドで治療したいと思いません。

と言うのも、
歯の治療に保険はきかないし、
ホームドクターのアポイントメントを取るのにも5日くらいかかるし、
仕方ないので救急病院に行けば勿論時間外と言うか余分な手数料を取られる
で、なんだかいろいろ大変なのです。

しかも引越しするたびに管轄のホームドクター域が変わるから、その度に別のところへ行かなくてはいけない

と言う、なんだかもう、踏んだり蹴ったりな状態です。

このホームドクターと言うのが面倒で、日本にはないシステムです。
よく言えばかかりつけの医者なのですが、彼らは病院で働いているわけではありません。
内科外科、双方の初期治療の知識を持った人たちが、地域の文化センターみたいなところに集まって働いている、と言う状態です。
その文化センターみたいなところはHeilsugæslustöðvarと言って、直訳すると”ヘルスケアクリニック”なのですが、注射などを含む"治療"はそこではしてもらえないので、日本のクリニックと言うものよりは、もっと事務所みたいなところです。

先程、引越しするたびに管轄地域が変わるのでホームドクターも変わると申し上げましたが、実は
引越しして住民登録している住所が変わってホームドクターの管轄地域(つまりはHeilsugæslustöðvarの管轄地域)を出ても、そのホームドクターを自分のホームドクターのままにしておくことは、不可能ではありません
私の彼氏とその家族がそうで、
彼らのホームドクターは、彼が幼少期、数ヶ月だけ住んでいたちょっと町外れのエリアの先生です。

ただ、彼らがそのホームドクターをホームドクターにしている限りは、何か病気をして、その先生に診てもらうためには、その町外れのHeilsugæslustöðvarまで自分で行く必要があります。
そんなこと、
車もなくて、しんどいときに出来ることではありません。
なので、普通、外国人で結婚もせずにアイスランドに滞在する人は、引越しした先の
一応近いHeilsugæslustöðvarに行かなければならない、と言うのが現実かと思います。
(一応、のレベルです。熱が出ていたら歩いていくのもしんどいけれど、少なくとも10分~15分は歩かないと、着かないような位置にあります。)

でも、現在どこのHeilsugæslustöðvarのホームドクターも既に手一杯の状態だそうで、
よほど何かあって、ちゃんとしたホームドクターを確保しない限り
数年住んだだけの外国人は、ホームドクターを持っていないのが現状です
私も、2度の引越しではHeilsugæslustöðvar管轄エリアこそ変わらなかったものの、ホームドクターは居らず
今回3度目の引越しではいよいよ管轄エリアも変わったので、前のHeilsugæslustöðvarに行くことも出来なくなっています。

ただ、先程もお話したように、実際ホームドクターを持ったとしても、その医者のアポを取るのは容易ではなく、
「どうしてもホームドクターじゃないとイヤ!」などと言っていると、
「では再来週の月曜に来てください」などと言われるのがオチです。
病気をしているのは今なのに、今すぐホームドクターに診てもらえないなんていうのはどう考えてもおかしいと思いますが、それが今のアイスランドです。

私は以前、鶏肉にあたって(中毒)えらいことになったのですが
電話でアポを取ろうとしたとき『少なくとも平日の夕方5時以降まで待って貰わないと診察は出来ません』と言われ、
結局救急病院へ行く羽目になりました。

この夕方5時と言うのは、自分の地域のHeilsugæslustöðvarで、アポイントメントなしに診察してもらえる時間の始まりを意味します。
確か17か18時からは、往診も受け付けているはずですが、17時以前にはどう頑張っても往診はしてもらえません

そんなこんなでHeilsugæslustöðvarで診察してもらうのも大変なので、救急病院へ行ったことが2回もある私ですが、
一度凍った道で転倒して頭を思いっきりアスファルトにぶつけ、脳震盪を起こして救急病院へ行ったときは
転倒したときに嘔吐していないなら、何もすることはありません。
と言って、本当に医者にも会わせてもらえず、追い返されました

幸い、そのときはたんこぶが出来たので、血が脳ミソに溜まることもなく、今こうやって無事に生きているわけですが
アイスランドの医療制度は、日本人から考えるとかなり不思議な部分がいっぱいあります。

また、これはアイスランドに限らず外国全てで言えることですが、
薬の強さは日本人向けではありません

以前友人から貰った薬は、日本でも手に入る同じものでしたが、
薬に含まれている成分が、
日本のものだと25mgなのに対して、貰ったアイスランドで購入できる薬には150mgだか200mgだか、とにかくとんでもないくらい多く含まれていて飲んだあと、ふらふらして起き上がれないと言うことがありました。

日本でも外国でも、病気になったり怪我をしないに越したことはないですが、
アイスランドだと冬になれば道で転ぶし、風邪を引くこともなかなか避けては通れない道です。
外国に住み始めて、慣れない環境で体を壊すことも大いにあり得ます。

私はもともとストレス性の胃炎になりやすく、日本でもコランチルなど、胃薬は欠かせない生活をしていましたが、
アイスランドに住んで2年、
胃潰瘍になりかけたことが何度もあります。
(血を吐いていた時期もあるので、本当に胃潰瘍になっていたのかもしれませんが、最近は無いので、まぁ良しとして)

それでもなかなか病院に行くのも億劫で
アイスランド語でも英語でも、自分の胃の症状を外国語で詳しく伝えられる自信がないし、
痛すぎて出かけるのも辛いし、
もう話したくもないしで
日本から持ってきた(貰った)薬で何とか今までやってきています。

やはり自分に合った薬というのは、いつ何があるか分からないので、
本当はダメなのかもしれませんが、十分な数を、こちらへやってくるときにお持ちになるのを強くおすすめします。

同じ薬が薬局で売られていたり、処方してもらえることがありますが、
日本の薬の成分表などと比較して、こちらで手に入れた薬の方があまりに含有量の多いものであれば、半分や4分の1に割ったりして、自分で気をつけて服用してください。

外国で暮らすと言うのは、本当に自分でいろんなものに気をつけなければ成り立たないものなのだと、
しんどいときにも改めて思わされることの多い、現実なのでした。

ちなみに冒頭でお話した半年以降の保険は、
2009年の時点では、
アイスランドに6ヶ月以上続けて滞在した者には、アイスランドの国民健康保険が適用される
とのことでした。
でも、半年過ぎたからと言って、日本のような国民健康保険証のようなものがもらえるわけではなく
『本当に保険が適用されているのか?』と不安になります。

その場合は、6ヶ月を過ぎてから、LaugavegurのHlemmurの近くにある保険所みたいなところへ行くと、
ちゃんと適用されているかどうかを調べてもらえ、一応変な小さな証書のような紙ももらえますので、そちらへ行かれることをおすすめします。
HPはこちら↓
Tryggingastofnun

皆様のアイスランド生活が平和なものでありますように。

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   近頃のわたくし

2011.07.17 09:12|日常生活, daily life
ご無沙汰しております。

なかなか旅行記がUP出来なくてすみません。
と言っても、それを楽しみにしてくださっている方はどれだけいらっしゃるやら...

ともかく、スコットランドより帰ってきて以来、すぐに西部旅行に出かけ
その後面倒臭いTax collectの手紙を済ませ
(昨年度から奨学金の需給&奨学生を文部科学省に代わって管理するStofnun Árni magnussonarの人が手紙を書いてくださいまして。
親切な人は本当に親切なのになぁ、アイスランド。)
本当は免許の書き換えにも行きたいのですが

スコットランド在住の友人から
約20時間のインタビューの書き起こしの仕事を頼まれ
西部より帰宅以来、実にかかりっきりです。
文字通り、朝から晩まで働いています。

話すスピードと言うのは恐ろしい。
そして量も恐ろしい。
1時間半のインタビュー、原稿にすると14ページです。
毎日PCにへばりついて聞きまくって打ちまくって
腱鞘炎寸前です(苦笑)

友達なのでやっていますが
正直もう二度とこんな仕事は引き受けないぞ!wそしてこんな破格でも引き受けないww
面白いですが、ワーキングの量が半端ないです。

さて、そんなこんななので、なかなか旅行記をUP出来ませんが
今しばらくお待ちください。。。

最近は夏になり、
噴火も収まり、
街には観光客が溢れています。
最近は天気も良いし、きっと皆さん良いバケーションを過ごされているでしょう!

私は家でひきこもりですが
今日は夕方にぐん様と歩いて5分もかからないプールに行って参りました。
ちょっと日焼けも出来て
なかなか良い時間でございました。

こんな日ばっかりだったらいいのになー。

最近0時半頃から、ちょっと紺色の雲が出てくるようになりました。
夜は嬉しいけど、
冬の足音が聞こえてくるのはちょっと嫌・・・。

今日は第二次世界大戦とナチス、その後中東の戦争についてぐん様と議論しておりました。
二人とも、それはそれは気分が落ち込んだものです。
でも、やたら政治的なこととか、ホントくだらないこととか、何でも全部気になったことはとことん話し合える
この関係が大好きです。
全部話すのがいいことだとは思わないけど
気になったことを全部話し合えるのは、貴重だし大事なことだと思います。
こういうディスカッションなら英語でも出来るけど
内容がいつでもディープすぎて他の人とは話せない。

来週火曜は
アイスランドで最初の座席指定制を導入した
KringlubíóでHarry Potterを観て参ります。

ぐん様のすごいところは
これが座席指定でなければ
遅くても1時間前には映画館に行くと決めていたところです。
しかも本当に行くから驚く。
45分前に映画館到着は、8回は既に経験しております。

あっ、アイスランド人が映画館のドアの前では狼のような目になることをまだお話していなかったですね。
夏休みは暇でいろいろ書けると思ったんですが・・・まだちょっと無理そうです。

IT ALL ENDSかー。
スコットランドではJ.K.RollingがHarry Potterの一作目を書いたBarにも行きました。
旅行記もまた後ほど。

ちなみにアイスランド人は
国を挙げてHarry Potterが大好きです。

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   税務署から謎の手紙。

2011.07.05 08:14|長期滞在の準備, visa etc.
6月30日付で、今日変な手紙が届きました。
6月30日に出して、今日っておかしくないですか。Reykjavikから出してるのに。

とりあえず、彼氏に内容を教えてもらったところ、かいつまんで言うと
「あなたが政府奨学金を貰っているのは知っているけれども2010年の12月からどうやって生活しているの?
そしてこれからもアイスランドに住み続けるのならば、どうやって暮らしてきたかを文書にして手紙に記された期日から15日以内に返信しなさい。」

どうやら私が税金を踏み倒しているとでも言いたいらしい。

ふざけんなよ・・・
もうこういうのには本当にうんざりしてるんだって・・・

突っ込みどころがありすぎて、もう悲しくなってくる。
2010年12月から問題があると思ったのなら、なぜ7月4日の今日、手紙をよこすのか。
6月30日付のくせに今日届いたのはまぁ我慢するとして(アイスランドは土曜日曜と手紙の配達は無いので、百歩譲って)
15日以内に返信しろ、しかも文書にして
ってどういうことですか。
文書にして送らなければならない必要がどこにあるんですか?なんでemailじゃダメなんですか?

2010年12月、と言うことにひとつ心当たりがあるのは、アイスランド大学を通じて一度アルバイトをしたことがあるから。
しかしその給料から65%の税金はしっかり引かれていたし(税金の未支払いを防ぐため、この国では有無を言わさず天引き制)
その給料だってたかだか12000krくらいのもんで
アイスランド移民局が定めている、アイスランドで合法的に暮らすために最低限必要な一月あたりの金額は
大人一人につき125.540krで、その給料なんて、10分の一にしか当たらないから、そんなもんで生活できてるはずが無いのに。
あと、2011年4月まで、RSKから税金のどうのこうの言う書類は、奨学金を貰った日付で送られてきていたし

一番何が腹立つって
2011年6月から半年間の新しい滞在許可証
既に移民局から許可貰って、手元にあるんですけど?

移民局であれだけ散々いろんな書類出して審査受けて、問題ないから許可証出てるんじゃないんですか?

アイスランドのこういう意味の分からない役所仕事
本当に腹が立つ。

どこの国も役所仕事は同じなのかもしれないけれど
どこもかしこも金を払うのは遅いくせに(2011年の2月だか3月だかにやった確定申告で、返してもらえるお金があるのに
その支払いは2011年の8月。)
金を取るときだけは本当に早いしがめつい。

アイスランドは大好きな国だし、いいところも多いですが
正直ここだけは好きになれないというところは
金に汚い人が多い。(大きな機関も含めて)

幸い私の周りで気持ちよく好きでお付き合い(交流と言う意味で)しているアイスランド人たちはみんないい人ばかりですが
そうでないところでは、金に汚い人がよく目に付きます。
本当にこういうところはいや。

そんなこんなで、私ひとりではどうしたものかも分からないので、
奨学金を頂いている機関に、助けてくださいとお願いをしました。
明日くらいにお返事いただけると幸い・・・。

何でもいいけどほんとに面倒くさいよ、もう。。。

今月中にひとつ外国の友達から頼まれた仕事を終えなければならず
免許の書き換えも行かなきゃいけないし
いろいろやらないといけないことが多くて面倒だな・・・
仕事はいいんだけどさ・・・友達から頼まれてるものだし、やってあげたいし。

そうじゃない、なんかいちいち面倒くさいこう言うのがいや。

思いっきり愚痴ばっかりですが、
「何でアイスランドって、外国人が暮らすのを『良し』としてくれないんだろう」
と思うところが多くてですね・・・

やっぱり、結婚しないで外国で暮らすのって大変なんだな・・・。
といろいろと痛感させられる出来事が多いのでした。

悲しいよ。

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   Home sweet home

2011.07.02 06:07|日記, diary
Home sweet home! my home! our home!

エディンバラの旅行を終え、2日後にアイスランド西部旅行へ出掛け、ついに帰って来ました
最愛の我が家

日本に居る時は、職場と家の往復しかしていなかった私が
こんなにアクティブになろうとは、誰が思ったか。

と言いつつ、大学在学中は大学と家とアルバイト先の往復ばかりで、
半年に一度一人でふらふらと飛行機12時間乗り続けてアイスランドに来てたんだから
まぁ、ひきこもり予備軍だったって訳でもないんでしょうが…

しかし家はいい!
56平米の寝室とリビングとキッチンとバスルームしかない我が家だけど!
それでもそんな我が家が
です。

ぐん様(彼氏)は帰ってきてすぐ、PCの前にへばりついて自宅を満喫しております。
私、これだけ旅行で体力使い果たしたらゲームする元気は無いな・・・
ホント尊敬するよ。

これから残りの夏休み、氏はひきこもりになると宣言していましたが
あれはぐん様の心の底からの本音だと思います(笑)

エディンバラも、西部旅行もそれなりに楽しかったので(それなり、の理由は後日。)
また写真も沢山載せてUPしたいと思います。

11日間のスコットランド滞在でアイスランド語が全部頭の中から出て行っちゃったらどうしようと思っていたんですが
(英語で全部通じちゃうし、と言うか英語が公用語だし)
アイスランド人の友人のお家に泊まらせてもらったおかげでアイスランド語も思った以上に話せたし、
その直後の西部旅行でアイスランド語しか聞かないおかげで、無事にアイスランド語は私の頭の中に残っているのでした。

あー、よかった。

それでは、また後日!

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報