<< | 2011/11 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   アイスランドの雪

2011.11.24 02:19|日常生活, daily life
先日ようやく雪が降り、昨日1年ぶりにシャーベット道路を歩きました。

今年は初雪が本当に遅かったです。
去年は10月中に降っていたように思うのですが、今年は4月でも5月でさえまだ雪が降る、
しかも降ったトータルの量もアイスランドとは思えぬ豪雪地域のような状態が続いていたので、
この冬の雪が遅かったのは、ちょうどバランスをとるために(?)良かったかもしれません。

私の出身地は冬でもあまり冷え込むところではないので、雪が降ってもうっすら積もるのがやっとだったからか
とにかくアイスランドに来て毎冬雪が見られるのは嬉しいもので
あと、アイスランドの雪の白さったらない!!!んです。

空気が綺麗なおかげか、本当に
『これぞ白』と言わんばかりの
透明ともいえるような白です。

2月にもなると凍るわ雪降りまくるわ解けるわまた凍るわで
街中で雪を見ても
汚いないぐじゃぐじゃ汚いカチコチですが
それでもちょっと人が減る場所にいくと
思わずかき氷のシロップをばら撒いてかじりつきたくなるような雪が見られます。(笑)
2009シングホルト2009チョルトニン


やはり私は、
耳が千切れると思おうが、体が冷えすぎて1時間以上熱いシャワーを浴びても震えが止まらなかろうが
アイスランドの冬が大好きです。

ツアーの参加を考えておられない方は、ぜひ冬の旅行も視野に入れてみてください。
街を歩くくらいしかすることはありませんが、(本当にそれしかないですが)
暗くて寒い、長い長い冬を何とかして楽しく過ごそうと頑張るアイスランド人たちの努力が垣間見られて
なんだかちょっと、ほほえましい気持ちになれたりします。

今年ではないですが、2009年だか2010年だかに撮った、クリスマス時期のReykjavikの写真を貼っておきます。

これはLækjargataですね。毎年同じイルミネーションなので、例年街は同じ見た目。
2009街
Morgunblaðiðの前のでっかいツリー。ノルウェーからのプレゼントとか、そうじゃないとか言う噂を聞きましたが真相は闇の中(笑)
2009モルグンツリー
これはAlþingの前です。ツリー一本、燃えてるみたいですね。電気点けすぎ(笑)
2009アルシンギ前


今年はちょっと例年と予定が違うのでまだ分からないのですが、
クリスマスツリーをいつものように取りに行くとしたら、またそちらの写真も載せますので、
是非ご覧いただけると嬉しいです:)
スポンサーサイト



テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   Jökulsárlón, Höfn (ヨークルスアゥルロン、ホプン)

2011.11.18 19:11|休日・祝日, holidays
先週末に行って来た、Höfn旅行の写真です。
(写真に合わせてクリックしていただくと、大きい写真が見えます。)
行く前虹

ここはSkógarfoss(スコウガルフォス)。
skogarfoss

と言っても、Höfnではホテルに着いてHumar(フーマル。 ロブスターのことです)を食べただけで、そのあとすぐ寝て翌日も何もしなかったんですが(笑)

走行距離はもう何キロだかわかんないです。
Googleさんによると最短で片道458kmらしいですがどこかに止まったり寄ったりしていますので、往復で900kmくらいは走っていると思います。
運転は15時間程度。
125kmくらいでぶっ飛ばしていたところも何箇所かあったので、違反切符を切られていないかが怖くてなりません。(法定速度は90kmが最高ですが、アイスランド人は郊外に出ると絶対にといっても過言ではないくらい多くの人が100kmは超えて走るので、90kmで走っていると、煽られるし抜かされまくります。)

牛標識
jokull

2年振りに、初めての左ハンドル右側走行で、
一度も運転を代わってもらわず、2日間運転し続けた私は
自分で言うのもなんですが
結構頑張ったと思う!

ぐん様は横で、時々、私を気遣ってくれながら
基本的に好き放題やってましたwww

まぁだから良いんですが。
こっちは、『のど渇いた?ペットボトルのふた開けてあげようか?』とか『お腹空いた?何かおやつ食べる?』とか
『眠くなってきてない?ガム食べる?話する?』
とかいう気遣いはほぼ一切なしです。(苦笑)

運転してても自分でする。
出来ないときは頼まないと気付いてくれるとか言うことはないです。

日本人って、まぁ人にもよりますが(アイスランド人でも人にもよるんでしょうが)
でも、基本的にやっぱり、他人を思いやる、気遣う人種だなぁと思います。こっちに来ると余計。

まぁとにかく何だかんだで2人でのただひたすら車のりっぱなし、
ちょっとどっかに寄ったりもしたマイペース旅行はとっても楽しかったのでした♪

Jökulsárlónは
ヨークルサールロンとか、まぁホプンも然り
やはりカタカナでは発音の表記にかなり限界があると思いますが
私の色々な言語に対する考え方によりますと
Jökuls(氷河の)ár(川の)lón(潟)で
ヨークルス/ヨクルス
アウル/アゥル
ロウン/ロン
日本人にもう少し読みやすい書き方にして
ヨークルスアゥルロン/ヨクルスアゥルロン
が良いのではと思います。
2年ちょっと経って、やっとアイスランド語の複合語が、意味は分からなくともどこで区切られているのか
大体全て分かるようになって来ました。
区切りがわかんないと、音が変なとこでくっついちゃったり離れたりするんですよね・・・
奥が深すぎるぜ、アイスランド語。
日本語教師休業中の私ですが、言語を勉強し続けている者として
やはり外国語の表記を自分たちの持つ文字形態だけで表現しようとするのには限界があると思います。
かといって、それをアイスランド語みたいに全部自分の国の言葉に代えちゃうのも大変なもので(作業とかね)
なんか色々大変だなぁ、と思います。


さておき、Jökulsárlónでは
jokulsarlon

幸運にも2つの巨大な氷河が割れる瞬間を目撃
場所自体は潟や氷河に音が吸収されるせいか、海の側なのに恐ろしいほど静かなんですが
氷河が割れる音って、本当にすごい大きさです。
地面が震えると言うか、心臓に突き刺さると言うか。
horn ice
horn gone

とにかくとんでもないパワーを感じて怖かったくらいでした。
glacier


行きはビー玉くらいの雨粒が恐ろしい強風とともにフロントガラスに叩きつけられてくるわ
周りに何もなさ過ぎて真っ暗で何も見えなくて
恐ろしい環境の中運転していましたが、
帰りはすっかり良いお天気。(途中で変わって、雨が降ったりもしましたが、それはまぁアイスランドなので。)
Jökulsárlón二度目がいいお天気で、とっても嬉しかったです。

アイスランドの牛さんはビビリでなかなか友達にはなれませんでしたが
久し振りに牛さんにも会え
いい二日間でした。
cow


と言うことで、写真をどうぞ。
このブログ、本当に写真が少なくて申し訳ないです。

ところでおススメしたCheap Jeepですが、
車を借りに行ったらガソリンがほぼ空っぽの状態で渡された
(普通こういうことはないんだけどと言い訳されたけど、実際にされたんだからどうしようもない)
その不便さのせいもあるので10%割引したとおっさんは言い張っていたが、
値引きなんて全くされておらず(ばっちり通常料金)
しかも4WDに切り替えられる車を頼んだにもかかわらず、そんな機能はついていない車を渡され
(平坦な道を走っているときに気付いたからよかったものの)
結構酷いもんだったので、あまりおススメいたしません。

若干借りる料金は安いですが、他の会社の方がまともなような気がします。
おっちゃんが悪い人ではないのは分かるけど、ちょっとこのサービスじゃねぇ。

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   いざゆけHöfn

2011.11.11 01:29|娯楽, entertainment
旅行って・・・娯楽だよね?

という無茶なカテゴライズをしてしまいました。
牛です。

12月は6日から、恐怖のテストが始まります。
12月1日には家を出て行かなければなりません。
家まだ決まってません・・・

どうすればいいんでしょうか(汗)

テストも近い、目を背けたくなるような現実(引越し、家決まってない)が身近に目白押し
という日常から開放されるため、今週末旅行に行くことにしました。

2009年8月に上陸してからというもの
たった10分ばかりSigurjörðurで運転したことしかない私が!

レンタカーを借りて!!!
ホテルまで予約して!!!!!!!!!!
Suðausturland/Austurland (南東、もしくは東部という意味です)にある
Höfnに旅行に行くことにしました。

ホテル一泊16000kr...
そんな高いホテル、自分で出して泊まった事ない(汗)

レンタカーは、現在スコットランドに在住のアイスランド人の友達から教えてもらい
Cheap jeep
というところで借りることにしました。
クレジットカードではなく、生活費を入れているデビットカードで支払いたかったので今日オフィスに行って直接予約してきたのですが
おっちゃんがものすごくいい人で、朝からとても元気になれました。
(今朝は起きて10分も経たないうちに落ち込"まされる"ような出来事があったのにもかかわらず、おっちゃんのおかげでかなり気分が回復しました。)

私はオートマで運転したいのと、まだ大丈夫だとは思うけど念のために四駆に出来る車、後は狭い車だと絶対に機嫌が悪くなるであろう彼氏のことも考慮に入れ
一番安い9000kr/一日(トヨタのYaris[日本だとVitzだったような]やVWのPolo)の一つ(2つかも?)上のグレード、Class Dの、スバルのForesterもしくはLegacyを借りることにしました。
12250kr/一日という、かなり良心的な値段のレンタカーです。
いつも前を通るたび
『ここのレンタカー会社暇そうだけど大丈夫なのかしら・・・』なんて思っていたのですが
ほんといいおっちゃんがいるので、もしアイスランドでレンタカーを借りる予定の人がいらっしゃれば、是非ご参考に。

これで運転に慣れたら、学校を卒業した後、車を買ってもいいかな、と思い始めているわたくしです。

一周旅行に出かけて、西のフィヨルド地域には行ったことがないのでいい機会かとも思ったのですが、
天気もめちゃくちゃ良いわけではない様だし、特にもうそろそろ寒いし道も良くないあの地域へ
ほぼ2年ぶりに運転する私が挑戦するのはどうだろうと思いとどまり
これで慣れたら来年の夏にでも、ということにしました。

車は2日で四捨五入して25000kr
ホテルは一泊、ダブルもしくはツインルーム16000kr
全行程を5万krで抑えたいと考えていたのですが
ガソリン代入れたら余裕で5万は超えそうで
しかもHöfnで
はさみ付きのロブスター食べるんだったら絶対5万krでは収まらない。。。

ちょっと悲しいですが、それもこれも自分のリフレッシュのため。
安全運転で全力で楽しんでこようと思います。

帰ってきて、時間があれば是非写真もUPしたいと思います。
あー、FreeのWi-fiがホテルで使えるから、向こうでUPするのもありだな。

でも、何もない状態で宿題のKonurという本を持って行ってそれだけで過ごすと言うのもありだな・・・

って言うかやっぱりどこにいても宿題からは逃れられないんだな
という事実には、ちょっとだけ目を閉じて(それでもアイスランド語の本を読むのももう最近慣れてきて、プレッシャーは感じなくなりました。300ページ近い本を1週間強で読めるようになるなんて、誰が思ったか。。。)
週末が待ち遠しいです!!!

とりあえず事故のないようにしたい。
生きて帰って来たい。

ちなみにHöfnは
日本語で書くと『ホプン』、
発音をもっと重視するならどう頑張っても『ハップ』もしくは『ハプッ』にしかならないと思う牛でした。

なんでWikipediaではヘプンなんだろう・・・
Höfnの人がそう発音するのかな?(アイスランドは地方によって発音のルールがかなり異なるので)
とひそかに疑問に思っている牛でした。

この旅行が終わったら、エッセイ書いて、テスト勉強頑張るぞ!!!!!!!

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   9月に働いた分の給料が11月1日に振り込まれました。

2011.11.03 01:56|日記, diary
ご無沙汰しております。
何だかんだといろいろあって一ヶ月以上ブログに新しいエントリーを書いていなかったら
よくわかんないスポンサーサイトの記事がエントリーされていました。

胃潰瘍になって病院へ行ったり
何よりも宿題が多く、全然落ち着く暇がありません・・・
10月2週目からは毎週末複数の用事が入り
1週間あった休講期間も
ほぼ毎日誰かが来たり、誰かのお家にお呼ばれして
掃除宿題おもてなしで終了。

アイスランドはもうすっかり冬で
いよいよ朝8時でも綺麗な夜空シーズンに入りました。

お天気があまり良くないのが残念ですが、
ここ2・3日は綺麗なオーロラがRKV市内でも見られているようです。(私は見られていないんですが)

12月1日に立ち退き期限が迫っているにもかかわらず、
まだ家が決まっていません。
去年もこんなだったな。。。

去年より胃の痛みが少ないと言うか家に対しての不安が少ないのは
アイスランド人的気分が身についてきたからなのか
はたまた学校の宿題の方が身近に迫っていてあまり考える暇がないからなのかは
よく分かりません(苦笑)

そういえば先日、私事ながらアイスランドで3回目の誕生日を迎えました。
来年も、その次の年も、ずっとずっと後も
ぐん様こと彼氏とアイスランドでお祝いできるように頑張ろう、
新しい一年の目標は
『永住許可証の申請が出来るようになるための資格が貰える様に、十分な仕事を見つけて生きていく!』
に決定です。

色々と厳しい毎日ですが
くじけずに頑張ります。

そういえば今日、学校からの帰り(12時頃)
Tjörninが凍っていることに気付きました。
冬ですね。

私は何気に
冬、雪も降っていないのに寒すぎて道が真っ白に凍ってしまう景色が
なんとも言えず大好きです。

ツアーなんかも減っちゃうし、観光施設も閉まっちゃいますが
それでも、冬のアイスランドもいいと思います。

ただ、風が冷たすぎて頭ががんがん痛むような寒さにも笑顔で対応できる方でないと
楽しむのは難しいかもしれませんが・・・
でもいいもんですよ:)
ちょっとした旅行なら、きっとそれも笑い話になると思います。

毎日続くと、ちょっときついな、と思う日もありますけどね:P

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報