<< | 2012/02 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   Sigur Rós、Summer Sonic'12出演なんですね。

2012.02.10 22:20|音楽, Icelandic Music
アイスランドに来る前は、Sigur Rósが来日する度にライブに足を運んでいました。

アイスランドに熱をあげる前は、小学生の頃から音楽に夢中だったので、アイスランドに来てから2年半、クラッシックコンサート以外殆どライブに行っていない自分に驚愕です。
でも、クラッシックのコンサートには4・5回行っています。

日本では考えられないほど、交響楽団のコンサートのチケットが安いんです!

ヘビーメタルとティーンエイジャーが喜びそうなPOPとテクノ以外、
大まかに挙げるとクラッシック、ジャズ、パンク、ロック、スカ、エレクトロ、ドラムバスなどなど
アイスランドの音楽で言えばリームルなんかも好きなので、ライブなんかに行き始めるときりがありません・・・
アイスランドだからあんまり無いと言うので、かなり助かっています(笑)

かつて日本全国ライブに出掛けCDを買い集めていた頃は給料全部使い果たして
(高校の頃から海外へ出掛けるようになるまで稼いだ給料は400万くらいあっただろうに、それが全然残っていないと言うのは、なんとも恐ろしい話ですよね・・・)
でも待てよ、じゃあ残りの200万くらいも全然残ってないのは何でだ?w

まぁ、なくなったお金の話をしていても返ってくるわけではないので、どうでも良いとして
Sigur rosのライブ会場のバックステージにあったアイスランドの国旗は、本当に印象的だったなぁ・・・

確かあれは私が日本で行った最後のSigur Rosのコンサートだったはずなので2008年くらいだったと思うのですが。

今度のサマソニにいらっしゃる方で、バックステージが覗けそうであれば、
国旗がまだ置かれているかどうか、ちょっとご覧になってみてください。
Sigur Rosってきっと自分の国が大好きなんだろうな、と感じられる、ちょっと心か暖かくなる瞬間でした。私には。

JónsiのALはJónsi&Alexよりもいい出来だったと思うのですが、個人的にはやっぱり
Sigur Rósとしての作品が一番いいと思います。
Ágætis byrjun, ( ), takk...一番は選びがたい。
Við spilumとVonは、好きですが、上の3つに比べたら、次点、と言う感じの好き具合です。

Sigur Rósとしてライブやってくれるんだったら行くぞ!
Jónsiのは買ったけど、結局行く気にならなくてぐん様の妹に譲っちゃったのでした。


サマソニ'12のホームページ→ ★ Summer Sonic 2012
グリーン・デイとリアーナに文字の大きさが負けているところがとても悔しい!(笑)

ところで今年のタイコクラブにもMúmは出るんでしょうか?
Gunniがそばをまだ食べているのか、気になるところです(笑)
スポンサーサイト



テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   アイスランド語でのエッセイ

過去の授業で提出したアイスランド語での800語前後のショートエッセイです。

★ エッセイ Landslag er aldrei asnalegt

★ エッセイ Konur

Landslag er aldrei asnalegtという本と、Konurという本についてです。
一応ぐん様がチェックしてくれてはいますが、間違っているところも少々あるかとは思います。
そこは私のアイスランド語がまだまだと言うことでお許しいただいて・・・


大体アイスランド語で文章を書いたらこんなもんだよ、と理解していただける参考程度でご覧ください。
ちなみにこのエッセイたちのグレードは7.5/10でした。

フォントの指定はありませんでしたが、この教科では12ポイント、行間1.5との指定があり
脚注と参考文献の書き方はアイスランドの正式なルールにのっとっています。

Landslagは感想文
Konurは本帯などについてくる批評を想定して書かなければいけませんでした。


ちなみにそれぞれ文法の解説や、これらのエッセイの著作権は全てkyrmamiに所属しております。
自習用などにご自由にダウンロードしていただけるのはとても嬉しいですが、
ご自分のエッセイ用にコピーペーストや何やらの盗用・盗作はご遠慮ください。

そんな悪意を持った方などいらっしゃらないと信じておりますが:)

文法等、他にも何でもご質問ご相談がございましたらいつでもご連絡ください。

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報