<< | 2012/08 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   30万kr現金一括で支払うので

2012.08.28 08:12|長期滞在の準備, visa etc.
長期滞在の準備って言うか
その前に長期滞在してないと無理なんですが。

実は
家を買うことにしました。


まだ買ったわけではないので、何と言いましょうか…。

とりあえず、買うために動き始めた、というのが正しい表現かもしれません。

所有者は、ぐん様こと伴侶と私の2名で、共有財産扱いにする予定です。

ぐん様と私は知り合って5年、一緒に住み始めて2年なのですが、
同棲者申請もしていないので、法律的には全く関係のない状態です。

だからこそ、契約書に私の名前を載せることに意味がある、のです。

というのも、アイスランドでは、結婚後に所有したものは、それぞれに半分づつ確保する権利が完全に認められているからです。
おそらく同棲者申請をしても、それに近い権利があるはずです。

日本に至ってはそうではないことを実例として知っているので
また、私たちは夫婦ではないので、
ここはシビアにならざるを得ないわけです。

土曜日家の中を見学
日曜日、土曜に見られなかった物置スペースと洗濯場を見学

家で真夜中3時頃にに修羅場の話し合いを終え
結果、家を買う方向で終結(何事か。笑)

今日は、それについて法律的に動き出したというわけです。

アイスランドの住宅事情は、日本とかなり異なります。

まず、人生で一回しか家を買わないという人の方が極稀です。

家を買っちゃ売り、買っちゃ売りして何度も購入している人がたくさんいます。

二つ目に、とってもお金持ちか郊外に住まない限り、一軒家に一家族、ということがほとんどありません

いわゆるマンションや集合住宅というものはアイスランドにはあまり多くないので、
一軒家のワンフロアや一部が一家族の家、というのがここReykjavik市では普通です。

家賃は、経済崩壊後年々上がってきているので、最近では
Reykjavik101,105,107エリアで
2部屋50平米前後が水道光熱費別
13万krくらいが普通です。

少しダウンタウンからは離れたBreiðholt, Garðabær,Kópavogur近辺に行くともう少し値段は下がります。
大体50平米12万krくらいで借りられると思います。

アイスランドで一番住宅の値段が高いのは107エリア。Björkが家を持っているあたりです。
JónsiとAlexはダウンタウンエリアに可愛らしい家を持っているようです。
実は今かなりのご近所さんですが、私が家から仕事と買い物以外ほとんど出ないせいでなかなか見かけません。

話は逸れましたが、107の西町が一番高いところで、101の空港寄りのリッチな人々が暮らす一部地域とそのあたり以外、ダウンタウンエリアではばかでっかい一家族しか住まない一軒家というのにはなかなか出会いません。

私たちが今購入を考えている家は
5家族が住む大きな一戸建て(?)の1階、見た目は若干半地下の
家自体は実質52平米

昔そこに建っていた家の土台だけを残して2004年に新しく立て直した、Reykjavikが若い町にしても中でもかなり新しい家です。

で、アイスランドの変な住宅事情は私たちにも大いに関係のあることで・・・

家を購入するのはするのですが、
現在の持ち主も、今まだローン返済中。
私たちはそのローンを現在の所有者の人から買い取る(どちらかというと、日本語では肩代わりに近い)上に、
それにちょっとお金を足して、家を買い取ろうとしているわけです。

その値段というのは、自分たちの交渉次第
日本でこんなことって、あまりないような気がするんですが・・・

ローンは既に組まれているので、(現在の所有者の人、もしくはその前の人が組んだもの)
私たちが国から低所得者用のサポートを受けない限り、月々払わなければならない値段は変わりません。

ローンとはまた別に、家を買い取るための「おまけ」の値段を、人々が自由に交渉するわけです。
今回私たちがしているように仲介会社を通すこともあれば、
アイスランド人が利用するホームページで
『家買いませんか』なんてコメントポストを見て、自分たちで交渉して買っちゃう人もいるのです。

ただ、私たちとしては、いかにアイスランドが適当かとはいえ、
一応ここまで大きな買い物をするのであれば公式に権利やノウハウを持った第三者を通じて購入するのが安全だろう、ということで私たちはエージェント会社を通してしか購入することは考えていません。
(借りるのは、個人同士でもいいと思ってそのように探していますが、経験上、仲介会社を通せるのであれば、通したほうがいいと思います。オーナーも、いい人ばかり/誠実な人ばかりではありませんから・・・)

私は2009年から丸3年ここに住んでいるものの
(よく考えると8月15日くらいに引越ししてきたので、本当に丸々3年、しかもその間1ヶ月と10日間外国に行っただけで、それ以外ずーっとアイスランドに篭りっぱなしでした...)
今まで定職に就いたことはなく、収入は政府からの奨学金しかなかったので、
きちんと正式に銀行に行ったわけではありませんが、ほぼ確実に、私だけでローンを組むのは不可能だと思います。

噂によると、EEAエリア外の国籍を持っている人は、ローンを組むのがエリア内の人に比べて困難だとも聞いています。(オーストラリア人の友人談)

ということで私だけでは99.999999…%不可能な家購入ですが
ありがたいことにぐん様はアイスランド人なので、
ローンを私も半分払うのだから、半分の権利を法的にも持たせてくれ、となったわけです。

今まで飛行機代以外で一度に30万円を超えるような買い物さえ自分独りでしたことがない私ですが
家を・・・買うことになろうとは。

わくわくして仕方ありません!

ローンは約1780万kr。
30万krを一括現金で支払うことを条件に提示したので、家は1810万krくらいで購入することになります。

この30万一括支払いを受け入れてくれるかどうかは、明日の夕方までに分かります。

なかなかいい家だったし、あの家を買えたらいいなぁ…と思っている私とぐん様です。

明日いい返事が聞けますように!!!
スポンサーサイト



テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報