<< | 2012/10 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   お手軽オーロラ観賞

2012.10.16 22:36|日常生活, daily life
アイスランドでオーロラというのは本当に珍しいものではなくて

しかもダウンタウンど真ん中の家の窓からボーっと眺められちゃうというのは
本当にありがたいといいましょうか
珍しいといいましょうか
贅沢なことだと思います。

そりゃ「オーロラ出てるよ!」って呼んだって、
ぐんさま
『あー、オーロラ?緑?じゃあまぁいいや。いつでも見られるし』
なんてオーロラに失礼な対応も出来ちゃうわけです。(笑)

かく言う私もじつは
アイスランドに来る前はオーロラなんて全然興味が無くて
『いや、そういうのじゃなくて、アイスランドに行きたいんです!住みたいんです!』
なんてただひたすらアイスランドに住みたいことだけを考えていた謎の生き物なのですが

実際のところ、本当に目の前で、手の届きそうなくらい近くの頭上で不思議に揺れるオーロラ見たら

「理屈とかいろいろ説明されても正直ちゃんと理解出来ひんけど、めっちゃ綺麗やわ。そら感動もするわ。」
となります。

本当に摩訶不思議といいましょうか
不思議すぎるんですが、綺麗です。

ここReykjavikでは、極寒の地で、フル防寒で凍傷に怯えながら見るような超巨大で鮮明なオーロラにはなかなかお目にかかれませんが
それでも運がよければ十分に綺麗な、鮮明で大きなオーロラというのは見られます。

今日はついにチョルトニンが凍るほどに冷え込んでいるので、
そろそろ12月半ばくらいまでは、ここで見られるいいシーズンになります。

一昨日、寝る前に歯を磨きながら窓の外を見たらなかなか綺麗なオーロラが出ていたので
薄いパジャマ一枚で外に出てオーロラを見ていたらさすがに寒くなり、
少し上着を着てもう一度写真を撮ってみました。

この日はなかなか大きくて綺麗なオーロラが出ていて
一部は気温が下がらないと見えない紫にもなっていました。
northernlights-reykjavik1
northernlights-reykjavik2
aurora-iceland1
aurora-iceland2


実は明日から、日曜まで学校が休みです。
この時期になるとなぜか旅に出たくなる私。

今年は車を借りて北に行ってみるのもいいな、なんて思っております。

まぁ冬休みでもいいか。
北に行くとかなりきれいなオーロラが見られる可能性があるので、実は一度挑戦してみたいと思っている牛でした。

でも1月は日照時間が短いから厳しいんだよなぁ…12月中にいくのは難しそうなんだけど…どうしよう…
クリスマス家を空けると顰蹙買いそうだしな…

あ!でも今年は娘たちは外国に行くんだった。
む、ならば私も北に行くのは可能では…?:P

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   アイスランド人のニックネームシステム

2012.10.12 21:36|アイスランド豆知識, trivia
アイスランド人の名前トリビア第二弾いきます。

アイスランド人にとって、あだ名というのは日本人などが使うものよりもう少し必要に求められて使用されているものだというようなことも前のエントリーで書きましたが、

そのせいもあってか、私の授業でも学習者を呼ぶのに、あだ名を使っている人もいます。
(本名で呼ばれるよりあだ名の方が呼ばれ慣れているし、自分を表しているから、という学習者が少なくないのです)

前にもお話したように、Sigur RósのJónsiのように、特殊なあだ名にしている人も中にはいますが、
アイスランド人のあだ名に関する、基本的なルールというものは存在しています。

名前の最初の二文字と、3文字目、もしくは4文字目に位置している子音を重ねて、男なら-i、女なら-aをつけてあだ名にします。

って言ったってややこしいな(笑)
簡単に表にします。

★ アイスランド人のニックネームのルール

でも、表にもあるように、アイスランド語なんてルールという名の例外ばかりがある言語なので、
やはりあだ名にも例外があります。

まぁ、よく分かんないな、ややこしいな、という話です(笑)

ちなみにアイスランド語は、前の"姓"をつけるときの表にもあったように
名前も変化します

そしてそれは、あだ名でも同じです。

SiggiはSiggaになり (男の名前)
SiggaはSigguになる (女の名前)
のです。
ちなみに-i/aなので、弱変化と同じです。それはらくちん。

男の人の名前は他の男性名詞と同じように(例外は山のようにいろいろあれど)基本的に
-i もしくは -urで終わります。
女性の名前は名詞と同じように-aで終わるものもあれば、子音で終わるものもあり、女性名詞が名詞の中では一番複雑だといわれるのと同じでもっともっと複雑です...

そのせいで、変化がもう…という感じなのですが、
まぁ、アイスランド語を本格的にしない限り、
-aならEf.(~のという意味)で-uになり
それ以外は-arになる、くらいに思っておけば大体間違いはありません。(適当ですが、本当にそんな感じです。笑)

アイスランド人の名前は、有無を言わさず変化します
というか変化させます。

外国人の名前は、正書法など正しいアイスランド語としては、変化させないのが決まりになっています
しかし実際のところ、日常生活では変えられることが多いです。

私の名前はMamiで、男性名詞のように、-iで終わります。
そのため、"変な方の活用"に分類され
Mami
Mami
Mami-u
Mami-ar
といった活用にされます。

本来活用されないものが無理やり活用されるので、どれが正しくてどれが間違っているというのはないのですが
女性名詞のルール的には上の変化が多く
Þgf. (~に、の意味)では多少揺れがあるものの
Ef.は100%、Mami-arです。

『マーミアル』って
それ、誰だ(笑)

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   分かんないなぁ、アイスランド。

2012.10.12 18:46|アイスランド豆知識, trivia
先日のんびりと会話をしていたとき
アイスランド在住歴が私よりももっともっと長い邦人の方がぽろっと

『未だにアイスランドって、全然分かんないなぁ』とおっしゃっていました。

その時、
まだ4年目の私が
『アイスランド分かんない。』
と思うのは仕方のないことだな、大丈夫大丈夫。
と安心しました(笑)

友達の『分かんないなぁ』にどれだけ多くの意味が含まれていたのかはアレにして(分かるけど、もっと深い意味もあったかもしれない)、
私の『分かんないなぁ』には、二つの意味があります。

(別に理解できるようにもなりたくないけど)あなたたちのやっていること(やったこと)の有意義さが見えなくて意味が分からない、理解できない
というのと、
アイスランド人(国)ってこんなことできるんだ!(やってたんだ)凄いなぁ、いいなぁ。
という二つの意味です。


最近あった、『理解不能、何なのあなた?』というプライベートな事件はさておき
「いやー、それはちょっと…何のためにそれを?」という理解不能な事件を一つ。

冷戦終結のきっかけとなった米ソ首脳会談が行われたことでも有名なHöfðahús(たぶん英語だとホフジハウスかホフディハウス)
3日前までは、ちゃーんと
Höfðatúnという(意味はHöfðiの広場)ところに建っていたのですが

先日ついに数ヶ月前から進められていたプロジェクトが完了し
Höfðahúsはもう、Höfðatúnにはありません。

といっても、Höfðahúsが取り壊されたとか移動させられたとかではなく
周辺の通りの名前が一斉に変えられてしまったから、なのです。

新しいtúnの名前はKatrínartún.
アイスランド人の名前なんですが、
いや、なんか、あの、それ
おかしくない?

事の発端は…というわけではないのですが、
アイスランドの女性の権利を確立するのに大きな役目を担った(本当に彼女は凄い)
Bríet Bjarnhéðinsdóttirや、その他アイスランドの歴史上の偉人の名前を通りの名前に使おうぜ。
SnorrabrautとかIngólfstorgi/strætiとかあるのに、ブリーエトとかカートリンの名前がないなんておかしいよ!

というところから始まっているのだそうです。
ということで、結構な数の人も住んでいるSkúlagataがBríetartúnに変更され
HöfðatúnがKatrínartúnに変更され…という事態になったのです。

このせいで、昨日、通りの名前の看板を変/代え、何しーの、といそいそと活動が行われていました。

これこそ
意味不明。

今年の夏の終わりまで複数年レイキャビク市交通課で働いていたぐんさまは、中心地の通りの名前をほぼ完全に把握しているため、どこがどう変わったというのはすぐに分かったようですが
アイスランド人のぐんでさえ

『いや、別にいいよ、BríetでもKatrínでも名前使ったら。でも、今まであった通りの名前わざわざ変える必要なくない?新しい道作ったときにつけたらええやん。って言うかHöfðahúsおかしいって…KatrínartúnにあるHöfðahúsって何…』

と呟いていました。

ごもっとも。


誰が決めたのか知りませんが、こういうのを決める上の人の考え方って、どこの国でも変なんでしょうか(苦笑)
これからしばらく私は悩みそうだなぁ…

『え、何その道?どこ?』
と。

ちなみに以下は、ニュースのソースです。
道の名前変わったよ、ニュース。動画あり。
道の名前変わったよニュース2、電子新聞記事

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報