<< | 2012/10 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   クリスマス、年末年始のアイスランド

2012.10.29 16:15|旅行情報, trip
もう既に、新聞のチラシには大量のクリスマス関連商品の広告が並んでいます。

週末、私事ながら引越しをして
インターネットが繋がらなくなっている間にコメントをたくさん頂いておりました。
ありがとうございました。
そして、お返事が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

さて、複数の方から同じ時期のアイスランドの状況についてご質問いただいたので、
こちらに少しまとめて書かせていただいておきます。
ご参考程度になれば幸いです。

■ クリスマスのアイスランドに関して

アイスランドも例に漏れず、クリスマスは家族で過ごす一大イベントです。
ちなみにアイスランドのクリスマスは、長いです。
近年少し有名になりつつある13人のサンタが物語るように、アイスランドのクリスマスは12月12日あたりからそわそわと始まります。

ただ、本当のクリスマスは、24日の午後6時から始まります。
(6時の由来は、まだ調べていないので不明です。)

と言うことで、24日の午後6時以降は、町に人っ子一人いない状態になります。

この日に観光にいらっしゃった方は、何事かと思われると思います。
それでも無し人通りの少ないアイスランドが、殆ど無人状態になるので…
と言っても近年は冬に観光に来る人も増えたので、多少お店は開いているかもしれませんが、それでも殆ど閉まると思っておられて、間違いは無いと思います。

ツアーを含む、何らかのサービスが受けられるような観光は厳しいですが、街中の教会でスリスマス用(?)の特別なミサが行われていたりして、普段とはまた違った雰囲気を楽しむことも出来るのは、ある意味醍醐味かもしれません。

また、アイスランドがほかの国と違って少し不思議なのは、24日の夜にクリスマスプレゼントを開けてしまうことです。
その為、23日の夜はクリスマスプレゼント最後の買出しに、アイスランド人が本当に国をあげたかのように町中に飛び出してきます。
むしろ、買い物は終わっているのに町の様子を見たいがために町に出てくる人もいるくらいです。
と言うことで、23日と24日の夜の違いを見にダウンタウンにいらっしゃるのは、疲れるかもしれませんが面白い行事になると思います。

また、23日に皆が買出しに来る=24日が最大のイベント=24日の夜&25日は本当に町が休んでしまう
ということで、町のスーパーマーケットなども、早い時間に閉店してしまったり、もしくはオープンしないと言うこともあります。
そのため、23日、24日、25日、26日にアイスランドにいらっしゃる方であれば、町のスーパーで数日分の食料は買いだめしておかれることをお勧めします。
ダウンタウンであればBónusが一番お手ごろかと思いますが、24日は早めに閉店していたと思います。
(たぶん25日は休みでした。去年)

クリスマス時期の観光として、アイスランド人は24日25日は大体クリスマスでみんな家に引きこもるので、車などを借りてオーロラを見に自分たちでドライブする、と言うのも手ではないかと思います。
普段のような車通りも無いので、車が少ないと言う点では運転もしやすいと思います。
人手が少ないのを逆手にとって、23日夜と24日の早い時間のうちに必要なものをお買いになっておいて、ゴールデンサークルを含めたオーロラハントドライブなども、普通とは一味違う旅行になるのではないでしょうか。

ただ、その時期は道路が凍りついてしまったりする恐れも無きにしも非ずなので、その点に関しては十分にお気をつけください。
特に郊外では、滑って事故をする恐れはかなりあがってしまうと思います。
楽しい旅行がそんなことにならないように、どうぞお気をつけて。

ちなみにアイスランド人はクリスマスに、男性はスーツを着たり、女性はドレスを着ておしゃれな格好をしますが、普通に観光でいらっしゃる皆様は特にフォーマルな格好が必要、と言うことは無いと思います。
あまり恐ろしいほど高級感のあふれるレストランと言うのも多くは無いですし…

日本のように本気で高いレストランでなくともフォーマルな格好をするアイスランド人は多いですが、
私はときどき『このレストランでそんなおしゃれ必要?』と首をかしげることも実はあります…(笑)


■ 年末のアイスランドに関して

クリスマス時期と同じですが、年末年始もやはり、アイスランドはお休みモードに入ります。
日本のような正月三が日の観念はありませんが、クリスマスから年始2日くらいまでは基本的にお休みモードです。
(ぐん様は仕事をしている間、毎年23日から2日まで、一日も仕事に出ませんでした。同僚の人も有給などをとって、休むことが多いそうで、開店休業状態の職場も少なくないようです。)

クリスマスも観光ツアーなどがお休みになってしまうようですが、年末も30日くらいから2日までは、やっていないことが多いのではないでしょうか。
少なくとも31日と1日はやっていないと思います。

オーロラツアーに関して、これは私の個人的な意見ですが
高いお金を払って郊外へ行かずとも、本当に町の真ん中の中心地でも、オーロラを見ることは可能なので、オーロラツアーは、本当に絶対にオーロラが見たい、滞在期間が数日しかない、と言う方だけにお勧めしています。
オーロラツアーはオーロラが見えるまで、時間の許す限りいろいろなところに連れて行ってくれるので、よほどのことが無い限り見えないことは無いと思います。
ただ、レイキャビク周辺でオーロラツアーにいらっしゃるのであれば、アークレイリ周辺などの北部へいらっしゃるほうが、もっと綺麗なオーロラが見られる可能性が高くなるので、そちらのほうがお勧めです。

ただ、いずれにせよ運次第なので
1日街中に滞在しただけでも綺麗なオーロラが見られるかもしれませんし、2週間滞在ツアーに参加しても、ぼやーっとした雲のようなオーロラしか見えないこともあります。
こればっかりはどうにもならない、と言うのがつらいところですね…

さて、少し話はそれてしまいましたが、
年末、レイキャビク市内で観光するほかのスポットとして、フリーマーケットも候補にしておられる方もいらっしゃるかもしれません。
コーラポルティズと呼ばれるフリーマーケットは週末しか開いていないので、本来であれば29日30日がオープンしている日のはずです。
が、kolaportid.isと言うところで今チェックしてみたものの、年末の29日30日が、開いているとも閉まっているとも書かれていませんでした。
しかし試しに出展スペースをを予約するためのところを開いてみると、『まだスケジュールが調整されていません』と出るので、オープンされない可能性があると思います。

クリントン大統領が世界で一番美味しいと、褒めたといわれるホットドッグ屋さんですが、1月1日は閉まってしまうかもしれませんが、29日30日ならば開いていると思います。
これも運次第ですが、クリントン大統領と写真を撮ったおばちゃんが作ってくれるホットドッグが一番美味しいので、おばちゃんが作ってくれるときにぜひ一度お試しください。
町全体としては、31日の午後6時あたりから町は完全にお休みモードに入ってしまうので、ホットドッグ屋さんも閉まってしまうかとは思いますが、31日はいつまで開いているかどうか、ちょっと分かりません…

クリスマスよろしく、年末もスーパーマーケットの開店時間も短くなります。
24日25日も待ちはお休みモードですが、31日と1日も、基本的にすべてが休んでいると思っておいて間違いは無いと思います。

クリスマスのことをちゃんと覚えていないのですが、少なくとも去年の31日は、普段なら24時間営業のコンビニエンスストアも場所によれば閉まってしまうこともあるので、ご必要なものはあらかじめ買っておかれることをお勧めします。


クリスマスと年末のアイスランドは、不便も多いかもしれませんが、
クリスマスのミサや、カウントダウンの花火など、いつもとは違った様子を楽しめる、面白い時期かと思います。

どんな時期にいらしても、きっと楽しいアイスランド滞在になりますよう、
心よりお祈りしています。
スポンサーサイト



テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   男女平等?アイスランド。

2012.10.26 13:14|アイスランド豆知識, trivia
アイスランドは、女性が世界で一番住みやすい国
といった類のタイトルがつけられた新聞だったかなんだかの記事を少し前に読んだ覚えがあるのですが
少し前に、オンラインの新聞記事で、こういうのを目にしました。

男女平等ランキング、世界一はアイスランド

私は日本にいる間、男尊女卑の考え方を目の当たりにして過ごしてきたので、
『女って、そんなだめなのかね?』

と思う機会は少なからずありました。

しかしその反面、
こうやって一人ふらりとアイスランドにやってこられたことを考えれば、
それはもちろん、母の協力あってのものですが、
それでも、女であるがゆえに、
『男だったらふらふらしてないで就職して、良いお嫁さんもらって家でも建てなきゃだめでしょう!』と言った偏見に近い考え方に閉じ込められずに済んでよかったな、と思うこともあります。

ちゃんとお給料をもらって仕事をするようになって、考えてはみるものの、
どこかの新聞記事のようにアイスランドが女性が世界で一番暮らしやすい国かどうかは正直全然分かりません

だって特に、女性であることで恩恵なんて何も受けないですから。
ただ少なくとも『女じゃなければよかった』と思ったことは一度も無いです。

ここにいて生活するに当たって、男だったらよかったな、と思うことはやっぱりありますけどね。
でもそれ以上に、
アイスランド人だったらよかった(=外国人じゃなければよかった)と思うことは少なからずありますね。
めちゃくちゃ多くも無いけれど。

でも、人間として、私自身として、人生を謳歌できているだけで、それは十分だと思います。

だから、若いうちに少しの間、外国でいろいろな世界を見てみたいとか、経験をしてみたいと思うことはあっても、ここで骨を埋めたい、と思うのだと思います。

でも、本当は散骨して欲しい(笑)

アイスランドの綺麗な滝の見える大地に、ぶわーっと撒いてもらいたいです。
多少、死んだあとには大好きなアイスランドの自然のカルシウム源になれるかしら?

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   地震に注意。

実は先日から、アイスランド北部で地震が続いております。

北部には住んでいないので、実感は無いのですが
アイスランド気象庁から近いうちに大きめの地震が発生する恐れがある、という発表が行われたそうです。

以下、一部言葉を変えましたが、
大使館から頂いた連絡です。

アイスランド気象庁は10月23日、国内北部から約20キロ沖の海底で小規模地震が相次いでおり、フーサビーク・フラテイ断層でマグニチュード6.8規模の地震が発生する危険があることを発表しました。

地質学者のベネディクト・オーフェイグソン氏によると、アイスランドの住宅は通常、マグニチュード7前後の地震に耐えられるということですが、皆様が居住する地域にどのような影響があるかは予想できませんので、地震に関する情報に十分留意するとともに、警戒を怠らないようにしてください。


アンダーライン箇所が、私の変更した言葉です。

ちなみに、Iceland reviewにも、情報が載っているそうで。
以下リンク。
大規模地震発生の恐れアリ?

活断層が日本とつながっているものなのか、それとも全然関係の無いものなのかは分からないですが、
日本に何も影響が無いことを祈っております・・・

アイスランドは、あまり高い建物が無いので、その点の不安は少ないですね。

私が日本で暮らしていたところはずっと地震が続いているようなところだったので、
「将来外国に住むことがあったら、地震の無い国が良い」
なんて思っていたものなのですが、どういうわけか永久就職したい国が火山大国アイスランドだったなんて、何の因果か・・・(笑)

それでも大好きなので、困ったものです。
レイキャビクでも揺れたりするのかなぁ・・・

ご旅行などで近々北部にいらっしゃる方、今ご滞在中の方、どうぞお気をつけて!
(といっても気をつけようが無いけれど…)

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   ということで、選挙投票所と街中。

2012.10.20 20:03|日常生活, daily life
ぐんさまにへばりついて、投票所に行ってきました。
その後、薬局とグミ専門店、チョコレート類専門店とお菓子屋をはしごし
近所のスーパーで買い物して帰ってきました。

投票所は、住んでいるところによりますが、ぐんさまは基本的にいつもRáðhús。
の横というか前というかのTjorninはもうついに結構本気で凍ってました。
鳥がみんな、氷の上で憩ってます。
frosintjornin2012

で、中。
いつもはこんなじゃないんですが、投票日はいつもこう。
真っ白になり、
壁には住所別に分けられた、投票箇所が掲示されています。
kostning-reykjavik2012radhus-kjosa2012

どこに行けばいいかみんな確認。


そして、こんな感じで全箇所ブースわけされていて、
受付みたいなところでお姉さん(お兄さんのときもある)住所を言い、身分証明書を提示します。
すると紙をもらえるので、仕切り&カーテンの個別ブースに行って投票。
kostningstad-2012


そして買ってきたグミ。
明らかに食べてはいけないものの色をしているのもあります(笑)
右がそのグミ専門店。
nammi-laugavegurnammibud-reykjavik-laugavegur


で、買い物に行った先で異常な大きさのジャガイモがごろごろと転がっていました。
びっくりしたので写真を。
kostning-stjornskra2012


そんな一日でした。(どんな。)

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   選挙…活動???

2012.10.20 12:07|日常生活, daily life
昨日、3年振りに友達がアイスランドに遊びに来て、
久し振りにご飯でも一緒に食べに行こう、と外に出たら

静かなアイスランドには珍しい、騒々しいスピーカーでの声。

なんのこっちゃと声のするほうを眺めていたら、
日本で言う、いわゆる選挙カーがやってきました。

といっても、どの党の、というわけではなく
しかも、
30人くらいは収容できそうなバス

バスの側面には
『新しい憲法を得るか、それともカフェラテを飲むか』

という、日本人にはまったく意味不明の文句。

といっても、ぐん様も
「あれどういう意味?」と聞くと「分からん」と日本語で返してくれるくらい意味はアイスランド人にも通じていなかったようです。

選挙カーが走っているのを日本以外で見たことが無かったので驚いたのですが、
特にどこかの派閥や党の宣伝でなかったことも、
さらに意味不明のスローガン(?)も
スピーカーで叫んでいる言い方も全部摩訶不思議なものでした。

私たちの目の前を走っていくときに叫んでいた言葉は

『投票投票投票!!!!』

(アイスランド語でkjósa, kjósa, kjósa!!!)

誰か知らんが何であんなに偉そうな物言いだったんだ。(-_-)

そんなこんなで、今日は選挙日。
私も雰囲気だけ味わいに、ぐん様にくっついていこうと思います。

ちなみにアイスランドでの選挙の投票率というのは、毎度なかなかいいものです。

『すぐに変わるか変わらないかが問題なんじゃなくて、投票して自分の意見を言うことが大事。何も変わらないといって投票しないなら文句も言うな』
という考えが浸透しているのだと思います。
偉い。

あ、ちなみに何の選挙か言うの忘れてました。
今回の投票は、憲法改正について、だそうです。
6項目について、意思表示が出来るんだそうです。

大統領制もあるアイスランドですが
小さい国とはいえ、いろいろとちゃんと国民が意思表示できるシステムをとっているというのは本当にいいことだと思います。

日本も見習えばいいのに。

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報