<< | 2013/04 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   アイスランドの選挙 (女性の権利もちょっと)

2013.04.27 16:30|アイスランド豆知識, trivia
本日、アイスランドでは国民選挙が行われています。

選挙の内容は、Alþingi、つまりは国会議員の選出です。

アイスランドは大統領制をとっています。
そのため、国民が直接選挙や投票をして、国政に物を申す機会は比較的頻繁にあるように私は思います。

日本の国政についてはともかく、今日はちょうどいい機会なので、
以前から書くと言っていて先延ばしになっていた女性の権利について書きたいと思います。

が、
その前に少し、今回の国会議員選出の選挙について、私が少し面白いと思ったことについてちょっと。

アイスランドの国会はAlþingi(アルシンギ)と呼ばれ、
直訳すると『全(国/島)議会』となります。
althingishus-reykjavik.jpg


このAlþingiはよく、『世界最初の民主議会』だと言われたりしていますが、実際のところ、今のような完全な『民主議会』であったかどうかには、多少の疑問が残ります。
と言うのも、やはり財力や権力のあるGoðiと呼ばれる地方の豪族のような人たちに議会への参加権があり、彼に従う一般市民も彼の元で議会に参加はできたものの、Goðiに十分な税や年貢(?)を収めていて、かつ"自由民"と言う立場の、基本的に男性でないと参加できなかったなどのかなりの制限があったために、今の『民主主義議会』とは少々意味を異にする形態のものであったことは頭に留めておかなければなりません。

しかし上に述べたような制限があっても、また、金銭等での買収や、ヴァイキングのルールにのっとって、果し合い(つまりは殺し合い)で解決される事柄も少なくはなかったと言うことを含めても、現代の『民主主義議会』に通じる要素があったことは間違いありません。

さて、そのアルシンギは北欧&ケルト人のアイスランドへの殖民直後頃、930年には既に設立されていたと考えられています。
(参考URL⇒アルシンギはいつ設立されたの? (vísindavefurinn,アイスランド語))althingi-thingvellir-ensk.jpg

この絵は、イギリス人の画家が、『アルシンギって、こんな感じだったんじゃ?』と想像で何百年も後に描いたものなのだそうですが
アイスランド大学の、アイスランドの歴史の先生曰く
『この絵はロマンがあって、アイスランド人にも気に入られているけれど、実際はこんなんじゃなかった』と一刀両断されていました。

Thingvellir-logberg.jpg

ここがÞingvellir(シングヴェトリル)と呼ばれる、Alþingiが行われていた地域の、Lögberg(ログベルグ)と名付けられた、議会がまさに行われていた場所です。
日本語にすると『法の岩』と呼ばれていて、Lögsögumaður(法の宣誓者 etc.)と呼ばれる人が議会の開催時にここで法律を暗唱し(まだ文字や文章を書き残す習慣がアイスランドになかった為、この法の宣誓者/法の番人などと呼ばれる人は、毎年昔からあるものや、改正されたり新たに作られたりした法律全てを暗記して、ここで参加者全員の前で暗唱しなければならなかったと言われています。)議会が行われていました。

このアルシンギと言う名前は未だにアイスランドで使われ続けていて、
今の国会そのもの、そして国会議事堂(一番上にある写真ですね。)もその名前で呼ばれています。
(国会議事堂はAlþingishús、アルシンギの建物とも呼ばれたりしますが)

さて、前置きが長くなってしまいましたが、現在、本日アイスランドで行われているのがこのアルシンギの議員選出です。

アイスランドの国会議員選出の選挙は、日本と少し違います。
まず国民は、"政党" しか選出できません。
しかし、応援したい政党があっても、
『いや、でもいくらこの政党にいても、あの人は応援したくないんだよ』とか、『あの人の意見には賛成できないんだよ』と言うことがあります。
ない人もいるかもしれませんが、私自身はそういうことがあって当たり前だと思っています。

そんな人にいいのが、
『応援したくない人は除外しちゃおう』システムです。
私にはまだこの国での選挙権がないので、投票用紙がどのようになっているのか詳しくは分からないのですが、
ぐん様曰く
投票したい政党を選んで、除外したい人がいれば、その人の名前の上に線を引くのだかなんだかをして、除外したいと言う旨を表示できるのだそうです。

選挙のときは、
『私たちは〇〇と言う政党です。我々が選出されれば、第一席は△△、第二席は■■、第三席は××…』
などと、
政党名と、大まかなマニュフェスト(マニフェスト)、政党メンバーの写真と名前と第何番目かが明記されたチラシが無料の新聞とともにポストに連日投げ込まれていきます。

例えば〇〇党が3議席獲得獲得したとして、普通、何もなければ第一、第二、第三議席の人が晴れてシング(議会)に入れるわけですが、もしも〇〇党に投票した多くの人が第一、第二、第三のいずれかの人を "除外" したいと投票していると、その人はシングに入れず、代わりに第四、第五席などの"次点"の人が議員に算出されるのだそうです。

単純明快というか端的というか、分かりやすくていいシステムだなぁ、と私などは思いました。


そしてやっと、前々から書くといって書いていなかった女性の権利についても関係してくる内容です。

現代のように『紙に書いて投票』と言うことはさすがにその時代にはありませんでしたが、
前述のように、アイスランドでは930年頃から男性に『選挙権』のようなものはありました。

さてそれでは、アイスランドの女性が参政権を持ったのはいつのことでしょうか?

地方自治体の選挙の参政権を持ったのは、1882年のことでした。

日本で男性に普通選挙権が認められたのが1925年ですから、アイスランドの女性の参政権(限定的ではあるけれど)が認められたのがいかに早いかお分かりかと思います。

以降段階的に女性の権利が社会的に認められるようになり、アイスランドにおいて男性と完全に同等の選挙権が女性にも認められたのは1920年でした

(参考URL⇒アイスランドの女性の権利 (Kristín Ástgeirsdóttir著))

アイスランド!!! (o_O)

ちなみに日本で女性の完全な参政権が認められたのは終戦後、1945年でした。
(授業で受け持ったところでした/笑)

私自身は女であり、特にフェミニスト的な考え方も持っていませんが、自分の生活の経験に基づいて、
男尊女卑の考え方には賛同できないと思っています。
しかし残念かな、男尊女卑の考え方は未だ残っていて、日本のみならず、世界にある(もしくはあった)考え方です。

アイスランドでも、『男性と同様の権利』が認められるのが男性の後であったことから見ても、例に漏れず
『男性の方が上位』であったことに間違いはありません。
(これはまだきちんと調べられていないのであまり言及できませんが、アイスランドにも日本のような家長制度があったようです。)

しかし現在アイスランドに住んでいて、あまり『女性であること』に不便を感じたことがありません。

特に科学的なデータがあるわけでもなく、論理的な立証はできませんが
私個人的な考えとして、元々アイスランドには人が少なく、女性も大切な働き手として、家や社会の一端を担っていたこと、昔はヴァイキング業、それ以外にも漁業などで男性が海に出て、家に居ない間は女性が全てを切り盛りしなければならなかったこと、海に出て男性が亡くなってしまった場合には、それ以降は再婚する以外では女性が死ぬまでその家の家長の役割もこなさなければならなかったことなども影響して、
女性の立場は実質、あまり低くなかった(男性が女性を低く扱える理由が十分になかった)のでは、と考えています。

そういうこともあってか、アイスランド人の女性で家事ができない、できるけど好まないなどの理由で、男性が家事もこなしたりする家庭はあまり少なくはありません。
少なくとも、『家事は女の仕事』などと言う考え方が殆どありません。
育児休暇も男性・女性が平等に取れるし、
妊娠していようが出産していようが、アイスランド人の女性はよく外で働いています。

やはり中にはそうでない人も居ますが、
基本的にアイスランド人は、男の人も女の人も、
『出来るなら、男だろうが女だろうが、出来る人がやればいい。』
と言う考え方を持っているようです。

International women's dayが近いからかどうなのか、
『同様の仕事をしている男女の給料は同じであるべきだ!』や、『女の子は結婚して子供を育てなければならないと決められているのか?』といった主張やチラシが目に付くような気がします。

私は自分であまり女らしくない人間だと自負していますが、家事(炊事・洗濯・掃除)は標準、もしくはそれ以上でやれます。
現在もやっていますが、本音を言えば、仕事だけしている方が楽です。
本当にそれくらい儲けられるかどうかは別として、出来るものなら私が外で仕事をしてくるから、家事はよろしく頼みますと旦那様にお願いしたいくらいです(笑)

日本ではまだまだそういうのは難しいかもしれませんが、ここならそういう結婚生活も可能性として大いに有り得る(家事をやってくれるパートナーが見つかったら、の話ですが。)、と考えられるのも、私がここで生きていきたいと思う理由の一つかもしれません。

日本でも、育児をしたい男性がちゃんと育児休暇をとれて、仕事をしたい女性がいつまでも"世間体"に惑わされず仕事が出来る世の中になるといいですね!

ちなみに私の大好きなアイスランドの日常風景の一つは、
お父さんが乳母車を押していたり、子供を後ろに乗せて自転車で走っている姿です。
いいパパなんだろうなぁ、とほのぼのします。
そんな姿が日本でもたくさん見られるようになったらいいのになぁと思うのは
私だけではないと思うのですが・・・。
スポンサーサイト

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   講義は終了

2013.04.20 14:52|日常生活, daily life
土曜日の本日も大学よりこんにちは。
牛です。

昨日、非常勤講師一年目の最後の授業が終わりました。
人文学科の講義最終日でもあり、文字通り最後の最後まで、授業でした^^;

2012-2013年度最後の授業は日本の歴史。
最後は近代史で1945年から現在までと言う、激動?の時代の講義でした。

日本史なんて、大学で武士道の研究をなさっている先生の講義を受けた以外、高校以来全く手をつけていなかったので、当初は本当にできるのかどうかかなり不安でしたが、
小学生の教科書、高校生の教科書、大人の雑学書、専門誌等々担当時期分の資料を必死に読んで、何とか終わらせることができました。

もともと、この講義に設定(?)されている教科書は、アメリカの研究者が書いた、英語の日本の歴史の本で
日本の教科書とはずいぶん観点や視点の違う書き方に驚いたりと、
日本語とはまた違う学びや気付きの多い受け持ち講義でした。
しばらく明治時代と終戦以降の歴史については少し詳しく話せるような気がします(笑)

さて、最後の授業と言えど、願わくば来年度も引き続き担当できるはずの日本語文法のクラス。
滞在許可証用とはいえ、一応の契約書は書いてもらえたので、大丈夫だとは思うのですが…。

可愛い学生諸君たちが、一年ありがとうのカードを作って渡してくれました。
1年間、私も勉強勉強で、教える立場にいても、一緒にいろんなことを学びながら過ごしてきましたが、
もらったカードを見ると、
私が一番最初に掲げている
『楽しく日本語を勉強してもらう』
と言う目標は、一応達成できているかな?と思いました。IMG_0194_convert_20130420233124.jpgIMG_0195_convert_20130420233207.jpg

絵を描いてくれた学生は本当に漫画やアニメの絵を描くのが上手なのですが、
いやー、これは可愛く描きすぎです。
思わず『こんなに可愛く描いて貰って申し訳ないです』とコメントしたら
『ははは、いいですよ』と返してもらいました。
お世辞が上手なわりに(可愛く描いてくれる)コメントは素直(お世辞と認める)な、可愛い学生が大好きです(笑)

先生的な視点で見てしまうと
「あっ、この漢字間違えてる!」とか「おおおお、教えた文法間違えてるー!」とかミスの方にばかり目が行ってしまうのですが
何はともあれ、心の優しい素敵な学生ばかりで、
私は本当に人に恵まれた人生を送っているなぁと改めて思う今日この頃です。

ちなみに上で少しコメントした滞在許可証の更新申請ですが
1ヶ月に必要な生活費が16万クローナまで引き上げられていて、かなり驚きました。
非常勤講師にはなかなか厳しい現実ですが、頑張ってまいります。
来年度には何とか、ツアーガイドの資格も取って、副業ができるようになりたい…
でもツアーガイドの副業の許可証ってどうやってもらえるのか分からない…

ちなみに木曜日に、4時間しか開かなくなったUTLに行ってきたら、
今までにないほどに厳しく審査され、結局1年間の許可証はリジェクトされてしまいました。
『半年分しかやれん』と言われ、それは困ると書類をいったん返してもらい、もう一度月曜日、全ての書類をまとめてから持って行くことになりました。

年々審査や基準が厳しくなっているのは、なかなか厳しい現実です。。。

でもそんな苦労にも負けません。
最近ちょっと挫けそうになることは多いですが、
『アイスランドに絶対住むんだ!何が何でも!』とがむしゃらになっていた時のことをたくさん思い出して、
何とか踏ん張っている毎日です。

来月から1ヵ月半ぐんさまとまた日本へ旅行をするので、また鋭気を養ってこようと思います。

ちなみに現在、学期末用テストの仕上げ段階に入っています。
後は、出ないことを祈る病欠者と、これまた出ないことを祈るリテイク用のテストを作らなければなりませんが…
どうする、私。そんなにできるのか?

アイスランドの女性の権利については全く何もまだ書いておりませんが、それは必ずや、後ほど!
そして今、自分用も兼ねて、アイスランド語の文法書のようなものを作り始めています。

ここにアップするか、ホームページにするかはまだ未定ですが、これも夏休み中にできたらなぁと思っている牛なのでした。

夏休み中に日本語の文法ももう一度浚っておかないといけないしなぁ。
ううう。

授業が終わっても忙しい毎日は続きそうです。

ちなみに4月ももう末になろうかと言う時期ですが、
さっきまでRVKは大雪でした。

アイスランド万歳(苦笑)

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   Skattkortと確定申告

2013.04.10 09:50|長期滞在の準備, visa etc.
昨日のエントリーで、Skattkortのことなどだらーっと書いてしまいましたが、あれもよく考えたら長期滞在するに当たって関係することだなと思い
昨日前振りしたにもかかわらず、女性の権利については後回しにして、確定申告とSkattkortのことについてお話したいと思います。

アイスランドに長期滞在して、アイスランド国内で何らかの収入がある人は、確定申告をしなければなりません
アイスランドの確定申告は日本と違い、毎年3月中旬頃に行われます

紙で提出したい人は提出していいのですが、
普通は大体、インターネットのウェブページ上で行います。

そのアドレスはこちら→RSK (ríkisskattstjóri: 税務局/庁ホームページ)

税務局に決められたパスワードと (パスワードが書かれている髪は、確か郵便で送られてきたように思います。)自分のKennitala(国民番号)を入れると自分用のページが表示され、そこで確定申告に必要な情報を記入していきます。
iceland-kakuteishinkoku-personalpage.png


昨日の税金のパーセンテージを探すのにも少々苦労したのですが、
アイスランドもアイスランド人があんなに英語が話せるにもかかわらず、
アイスランド語と英語のページでは驚くほど情報量が違うことも数知れず。
まぁどこの国でも同じなのかもしれません。

しかも何が腹が立つかといえば(苦笑)
大体RSKがお金が欲しいがためにこの確定申告をさせるにもかかわらず
英語のページがありません。
全部アイスランド語です。

昨年まではこれで、激昂したものです。
『アイスランド語話すだけでも精一杯やのに、こんな専門的な言葉なんか分かるかァ!』と怒ることしばしば。

しかし腹が立とうが何をしようが、しなければいけないものはしなければいけないので、我慢してやっておりました。
大体普通なら21日だか23日だかくらいに締め切りにされているのですが、
『忘れていた』とか、『ちょっと忙しい』というときには、締め切りの延長を申請できます。(これもWeb上で)

締め切りがあって、ないようなものというアイスランドのお国柄が、こんなところにも表れております。

ちなみに個人が延長申請できるのは一度だけですが
締め切りがあってないようなものシリーズ第二弾、会計士さんが申請するとその締め切りは更に延ばされます
普通の締め切りは3月中旬ですが、会計士さんが申請すると、5月中旬くらいまで延長されるそうです。(わーお。)

びっくりする話です。

まあとにかく、この確定申告が、毎年少々面倒な作業ではあります。
税金の納めすぎで返ってくる人もいれば、追加納税を求められる人もいます。(今年の私のように…(;_;))

追加納税を避けたいがために、毎年年末には、パソコンなどの『(名目上)仕事に関係している』高級なものを買う人が後を立たないそうです。

なぜ年末かというと、この確定申告は毎年前年の1月1日から12月31日までに適応されているので、12月31日までに購入しないと、翌年度の申請にしか利用できなくなり
買いすぎてもその出費を"必要経費として引き落としてもらう(or 申請する/処理してもらう)"には金額にも限度があるので、いろいろと大変なようです。

今の職場では税金が給料から天引きされているので(その他諸々も)確定申告にかかる手間はあまりないのですが
コントラクトワーキング(契約書による一時的な契約業務)や自営業扱いの人は、この確定申告のときに、
休暇税やら年金やらも自分で計算して同時に収めなければいけないので、かなり面倒くさい作業になります。

そしてこれにも少し関係してくるのが、昨日少し言及した、Skattkortです。

Skattkortは直訳すると、税金カード。
何のことかと申しますと、
『私は〇〇という会社で仕事をします。ここから大体毎月これくらいの給料をもらうので、Persónuafslátturの×%をここからの給料の税金支払いに充ててください』と申請する紙です。
カードと言っているけれど、紙です。ぺらっぺらの紙です。

これは、今現在はHlemmurより少しSuðurlandsbraut側に歩いていったLaugavegur沿いにあるRSKに行くと、もらえます。
親切な会社なら社員(=自分)の代わりに取りに行ってくれますが、うちの大学は
『あなた、〇日までにお給料欲しいんだったら、×日までに自分で取りに行っといでね!』と言われただけで放置でした。(苦笑)
何のことやらまったく分からないままにRSKに赴き
大学のKennitalaを伝え
『Skattkortください』というと、優しげなお姉さんが手書きで何かを書いた(ぺらっぺらの)紙をくれました。

これがないとPersónuafsláturが受けられないので、税金を100%(37%とか、なんやらかんやら、前回のアレです。)支払わなくてはいけないので、
収入が多い仕事の給料になるべく大きい比率を置いて利用するのが賢明です。

最後になりましたが、この確定申告は、2010年末までは仕事で給料をもらう人だけ行わなければならないものでしたが
2011年からは奨学金の受給だけでも申請を義務付けられるようになりました。

私自身が昨年まで奨学金のみの収入だったので他の事はわかりませんが(他の理由も思いつかないですが)
ともかく恐らく何らかの形でアイスランド国内において収入がある人は、今はもう何であれ納税と確定申告の義務があるものと考えておいて間違いはなさそうです。

これが日本語ならまだしも(英語でもいいけれど)
アイスランド語で書かれた謎の怪文書(笑)を解読させられると言うのはなかなか至難の業だと思ったものですが
何度かやっていると慣れてくるので、何とかなると思います。

冒険と挑戦は、外国に住む『楽しみ』ですね! :P

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   非常勤講師と税金システム&女性の権利(前ふり)

2013.04.09 11:10|アイスランド豆知識, trivia
非常勤講師、stundakennari、part-time teacher...
呼び方は何であれ、非常勤講師というのはなかなか辛い仕事です。

日本で日本語教師を考えていたときも、実質非常勤講師としてしか雇ってくれないところが大半なので、
『厳しいなー・・・』なんて思いながら雇用条件などをぼんやりと眺めていたものですが
それはここアイスランドでも変わらず。

アイスランドの何が厳しいかというと、これです。

37,32% af tekjum 0 - 241.475 kr.
40,22% af tekjum 241.476 - 739.509 kr.
46,22% af tekjum yfir 739.509 kr.


上のは何かと申しますと、給料による所得税(収入税?)のパーセンテージの違いです。
これは職種、国籍、なんら関係ありません。 (16歳以上という年齢の制限?はありますが、それは日本のように、合法的に毎月"仕事"を始められるのが16歳からだからだと思われます。ということは、夏休みのお仕事で給料をもらう子供たちは、税金を払っていないということか…まぁそりゃそうだな。)
アイスランドで仕事をして、収入のある人全員に関係してくるものです。

月給1kr~24万程度が37,32%、24万~74万程度が40,22%、74万以上が46,22%の税金を支払わなくてはいけません。
24万から74万が同じくくりにされているというのにかなり不満があります。
と思って昔のを調べていると、2011年時は

From the first ISK 241.475 pr. month 37,32%
From the next ISK 498.033 pr. month 40,22%
Income exceeding ISK 739.510 pr. month 46,22%

というくくりだったそうです。
いやー、それもなんかちょっと変じゃない?
もうちょっと細かく分けておくれよ、アイスランド人。

と思うのですが、まぁそれよりも何よりも
税金取りすぎ。

ちなみにアイスランドの恐ろしいところ(苦笑)は
この収入税に加えて
休暇税が月給の10%超年金が8%くらい取られ
要は最低の37%でも、半分近くが税金で消えてしまいます。

これにはまぁ少々トリックのようなものがあって、休暇税は夏前にまた振り込まれたり(手数料は取られるけれど)
Persónuafslátturという割引が適用され、収入が途絶えたときには、それが蓄積?されていきます。

私の場合、テストの採点などは残っていても講義自体は5月で終わってしまうので契約が切れ、5月分の給料はほぼ入ってきません。
それ以降また授業が始まる9月まで収入は一切途絶えるので、その間に適用されるはずのPersónuafsláttur、月48.485が貯蓄されます。
この貯蓄された割引は再びお給料が支払われるときに適用され、その分の税金は支払わなくてよい、ということになります。
ただこれにも"トリック"があって、その年の12月までしか適用されず、しかもSkattkortという、税金カードに登録された職場分のお給料にしか適用されないので、いくらそのPersónuafslátturが一ヶ所の職場の給料支払い分に残っていても、他の職場から支給される給料には適応されず、税金は支払わなくてはいけないことになります。

私は2012年度、全給料÷12ヶ月にすると11万程度しか貰っていないことになりますが
10万クローナ超を追加納税しなければいけないことになりました。

恐ろしい国ですね! (苦笑)

そんなこんなで、私の日々の生活はすぎてまいります。


ちなみに今、職場で日本の歴史の講義を2回だけ担当することになり、
そこでふと気になった
女性の権利について、今度エントリーを書きたいと思います。
イタリアのマンミズモではありませんが、多少それに近いものがあるんじゃないかな、
というのが私のド素人意見です。

ああああ、学期末で悲惨です。

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報