<< | 2013/10 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   蚤の市…ごみの市?

2013.10.14 02:54|日記, diary
言い過ぎ。

タイトルから酷いこと言い過ぎです、牛です。

本日約半年ぶりに、蚤の市的存在のフリーマーケット、kolaportiðに無理やりぐん様を引き連れて行って参りました。kolaportid-kanban.jpg

特に何か目的があったわけではなく、単にかなり久し振りだったのと、近くのカフェに用があったので、何か変わったものはあるかと冷やかしに行っただけなのですが
いやー、行く度に思います。

何とshabbyな所なんだと…。

驚くほど人出の多い、確かにアイスランド最大のフリーマーケットではありますが
何というか、他に定期的にフリーマーケットが無いので、無論ここしか一番になれる場所が無い(競争相手がいないので。)と言う、残念なフリーマーケットです。

掘り出し物もたまにあるし、物価の高いアイスランドで少しでも無駄金を払わずに物を入手する方法と言えばここが手っ取り早い場所なのですが
しかしshabby。(しつこい)

ここに来ると微妙な切なさに包まれるのはぐんさまも同じようで
私以上に久し振りにコーラポルティズに訪れたぐんさまが、帰り際、出口で、達者な日本語で一言
「ここに来ると悲しくなる…。」

その気持ちが痛いほど分かる、わたくしです。

でも、繰り返しになっちゃいますが、たまに本当に掘り出し物があったりするので、
旅行にいらっしゃって、少しでも安くLopiセーターやアイスランドのウール製品を手に入れたい方は、ここを覗いてみて、損はありません。
特にここ2年ほどで、観光客を狙ったウール製品のみを出店するブースも増えているので、種類も増えた気がします。

今年は自分でロピセーターを編んでみたいと思っているので、毛糸製品ではなく毛糸自体を探してみたのですが、残念ながらありませんでした…。
高くつきそうですが、毛糸屋さんに足を伸ばしてみようかと思います。
といっている間に年が明け、冬が終わり、また来年の冬頃になって同じことを言っていそうな気がしてなりません。
Kolaportiðがいかに寂れた雰囲気か、この写真だけでどれほど伝わるだろうという気はしないでもないですが、折角なので載せておきます。
IMG_1146.jpgIMG_1145.jpg


ちなみにその後行った、今日のメインの外出目的のカフェは、実はその昔、2009年、アイスランドに移住した初めての年に当時まだ友人関係だったぐんさまと一緒に行ったIceland Airwavesの会場の一つだった場所が改築されて出来たカフェだったことに、ぐんさまに言われて初めて気がつきました。
thelaundromatcafe.jpg

去年はSigur Rósの別売りチケットを買ったもののコンサートには行かず
今年はKraftwerkが出るので見に行きたいとは思うものの、どうせ出不精の私たちはKlaftwerk以外には行かず、彼らを見るためだけに結構な値段を払うことになるよね…どうしようか…と言っている間にチケットが売り切れていました(笑)そして売り切れたのをいいことに、「やっぱり、縁がなかったんだね」とすっかり諦めている私たちです。

全然関係ないのですが、このブログをご覧頂いている方たちで、Iceland Airwavesにいらっしゃる日本人の方たちで、1日3時間ほど、大学の日本語学科の授業に参加してもいいよ、とおっしゃってくださる奇特な方はいらっしゃいますでしょうか?
(奇特という言葉が、変な人と言う意味で誤用されていることがあると言うのを、今初めて知りました。)
学生たちに日本語で日本人の方たちと話が出来る機会を与えられたらと思うのですが、貴重な滞在時間なので、難しいでしょうか…。

5-6名来て頂ければとても嬉しいのですが、もしダメだったら、今年は日本語学科で仮装ハロウィンパーティでもしてみようかなぁ…(笑)
悪ふざけが過ぎる教師だと怒られそうでちょっと不安ですが(笑)

ちなみに今年も大学は、今週一週間Verkefnavika(reading week)と言う名の短い秋休みとなります。
今年の学生は上と下の差が大きいので、休み返上で一日、やる気ある頑張る学生たちのために追加課外授業をやろうと思っております。
火曜日には自分自身が受けなければいけないテストが控えていますが、全くテスト勉強をしておらず…。
しかし5通の推薦状を英語で書くと言う大きな宿題が控えていて、もう気持ちだけはものすごく焦っております。
気持ちだけは。

何とか今週中に書き上げて、学生に渡してあげたいとは思っているのですが、何分英語が苦手なもので、結構ハードなお仕事です。
出来るものならこの頑張り屋さんの学生たち全員に、奨学金をあげてもらえると嬉しいのに、なんて思ってしまう、親心のような、教師心なのでした。

あぁっ、もう3時!
明日のために、もう寝ます。

すっかり日が沈むのも早くなって、夜も真っ暗闇になったアイスランドより、お届けしました。

もっと内容のある記事にしたかったなぁ…。
スポンサーサイト



テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報