<< | 2013/11 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   jólはすぐそこ。

2013.11.27 22:53|休日・祝日, holidays
ごぶさたしております、牛です。

何か書きたいなぁと思いつつ、一日、また一日と日が過ぎていき、
一ヶ月以上エントリーがなく、広告記事が出てくると言う残念なことを繰り返しております。

本日で今学期の授業は全部終わりでした。

来週からテストの開始ですが、私の担当する教科のテストは今回双方が遅く、あまり嬉しくありません。
と言うのも、早く終わって、採点もさっさと終えて、クリスマスの準備をしなければまた
クリスマス前にプレゼントのことでイライラ、ぐんさまと大喧嘩
と言う恒例行事を今年も繰り返すと言うのが目に見えているのと、テストが遅くても早くても、
平日のみで数えて実施日の3日前に大学に問題を提出しなければならないと言うルールにチキンな私は毎回怯えるため、結局毎日残業、締め切りを余裕で迎えられる時期に全てのテストは作成済み

しかし
出来上がった今も早く提出したいと言う思いもあれば、もう少し確認して提出した方がいいかなと不安に思う気持ちもあり
何とも小心者を全力で体現した毎日を過ごしております。

毎年大体この時期に風邪を引くのですが、今年は比較的軽く、マスクをしながらでも声の出る状態で生き延びられて、助かったー…。とほっとしております。
しかし風邪を引いたり体調を崩していたのは私だけでもなく、(学生諸君の風邪の引きっぷりたるや、もうスゴいです。)
先週末、当初はぐんさまファミリーと私人生初めてのルイバブルイズ/ロイバブロイズ (laufabrauð: 葉っぱのパンの意)を手作り!を予定していたのですが
他のメンバーも体調不良により、延期となりました。
しかしそれでも何か焼きたい!と言う義妹のリクエストにより、ぐんさま一家のクリスマスの人気お菓子のひとつ sörurとvínartertaを作ることになり、昼からひたすら焼き作業。
(ひとつじゃなくて二つですね。笑)

sörurは、アーモンドを削ったものとメレンゲをあわせて焼いたものに、コーヒーベースのバタークリームをたっぷりと載せ、それにチョコレートをコーティングすると言う激しくカロリーの高いお菓子であります。
20131128072250145.jpg

美味しいです。
私も好きですが、甘いレベルが私のなかでは尋常ではなく、日に一個以上は食べられません…。
アイスランドに来て、大分甘いものが食べられるようになったとは自負しておりますが、まだまだアイスランド人の足元にも及ばないなと痛感するときがしばしばです。
201311280642269ed.jpeg201311280642265d3.jpeg20131128064226be2.jpeg20131128064226623.jpeg20131128064226631.jpeg20131128064342ef9.jpeg20131128064342b26.jpeg
バタークリームとチョコレートコーティングの作業は必死になりすぎて、撮影を忘れてしまいました。
最近はもっぱら、ベランダが天然冷蔵庫の役割を果たしてくれているので(時々冷凍庫ですが)冷蔵庫が壊れており、またラッシュアワーの電車状態のこのお家では、居候させてもらっている私にとって、大変心強い味方です。
(最近は大根がよく凍ります。笑)

vínartertaと言うのは、日本で言う恐らくプルーンをかなり濃厚なジャムにし、うすーく焼いたケーキ地にジャムを挟み、重ねて(ぐんさまママは5層)作る、これまた激甘ケーキです。
タルトと言う言葉を使われてはいますが、日本人の感覚で言うと、これはケーキです。
2013112806434262e.jpeg

どちらもクリスマスの時期だけでなく、日常でも買えますが、 ちょっと人を呼んでパーティーをするときなどに使われる(準備される)、少しファンシーなお菓子です。

このお菓子たちに加えてこってこてのクリームソースなんかをどばーと、これでもかと言わんばかりにかけて食べる肉料理が続くクリスマスから年始。

太らないわけがありません。

すっかりポッチャリ体型になったアイスランド人に混ざって、年明けからはまたジムに戻ろうと思っている私でした。

今週末にルイバブルイズ リベンジをする予定ですので、また作ったらエントリーを書きたいと思います。

んー…げっそり。
スポンサーサイト



テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報