<< | 2015/05 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   弊害

2015.05.07 17:42|日記, diary
I don't know. I do nothing.
を5分くらいの間に10回以上聞かされて大学で堪忍袋の緒が残り繊維一本ぐらいまで切れかけました。
自分の心の狭さは自覚しているつもりでしたが、ああいう人間はサービスデスクで勤務してはいけないと思います。

アイスランドは本日も晴れです。
風が少々強めで、工事現場から散々砂が飛んでくる為、暑いのになかなか窓が開けられない

こんにちは、牛です。

最近の青空には随分と救われていますが、一昨日・昨日はその喜びを上回る怒りにちょっと良い日を無駄にしてしまった気がします。
一度(一昨日の場合は10回以上ですが)言われた言葉も、自分の中で思い出し、反復する度に言われた回数が増えるように感じるのは、本当に無駄というか、腹立たしいことです。
それこそ自分で自分の一日を無駄にしてしまっているので、こういう考え方は改めようと思います。
嬉しいことだけ考える。
うむ。

全学年の期末試験が終わり、成績も一応出し終わりました。
努力をしているのは痛いほど分かるのですが、残念ながら落第してしまった学生が
『来学期はいい学生になるから。』
と言うので、
『成績がいい学生がいい学生ではないし、あなたは本当に努力家で、良い学生ですから、諦めないでもう少し頑張りましょう。』
と答えました。

今の職に就く前にも日本語を教えて多少のお金は貰っていましたが、
学校で自分だけがその科目を担当し、成績を出す、という経験はありませんでした。
教育機関で単位の出る科目として日本語を教える以上、成績は出さなければいけません。
そして、一定の基準を満たしていない限り、合格点をあげることもできません。

例えば一定の基準を満たしていない学生に単位をあげたところで、いろいろな点に問題が出てきます。
一つは、自分の受け持つ科目の『質』を下げてしまうこと。
どんなレベルの学生にでも単位をあげていたら、折角努力して合格した学生にも、『どうせ誰でもどんな達成率でももらえる単位なんだから、価値なんて無いじゃない。』ということになってしまいます。
二つ目に、その学生にも知識や能力がついていかない、ことです。
私が今学校で教えているのは、ゼロ初級から初中級と呼ばれるレベルです。
基礎が出来ないと、積みあげられるようになる土台が無いので、先に進んでも、自分が苦労するだけなのです。

私が受け持つ学生は、ひらがなカタカナが全く読めないところからでも、2年間で敬語が理解でき、ある程度使えるレベルにまでなるので、良く考えれば凄い話です。
敬語(謙譲語、尊敬語、丁寧語、美化語など)の仕組みをある程度勉強した日本語非母語話者の方が、いわゆる“ビジネス敬語”を何も考えずに覚えている日本語母語話者よりも正しく敬語の仕組みを理解し、相応しい表現を使える、ということも無きにしも非ずだと思います。
使うべきタイミングや場合の感覚を身に付けるのはとても難しいようですが、文法上『正しい』敬語が使える日本語学習者というのはたくさんいるでしょう。

やたらと日本語教育の話になってしまいましたが、とにもかくにも、日本語教育に関わらず、
教育機関で単位が出る教科としてある科目を教える時に
努力だけを評価することが出来ないのは、止むを得ないことだと納得しつつも、心苦しいことです。

勿論教師によって考え方はそれぞれだと思いますが、私は自分自身が出来る学生ではなかったので、
今自分が『教師』となり学生を評価する立場に立つようになって、いろいろなことに気付いたり、考えたりするようになりました。

成績が良い学生がいい学生だとは限らないし
教師は教師である前に、やはり人間です。
努力が見える学生は応援したくなるし、態度というか科目に臨む姿勢がぞんざいな学生には、いい印象は持てません。
しかし、教師の主観というものを入れて学生を評価するのは良くない、と思うので、そうなるとやはり評価は目に見える『点数』に頼らざるを得なくなります。
しかしやはり、努力する人にはそれなりの救いの手を差し伸べたい、テストの点数が悪くても、少しでも良い評価を上げたいと思うのが心情で
宿題や、出席や、試験以外の部分でも、何かしら評価が出来ないかと、頭を悩ませます。
学生にはなかなか分かってもらえませんが、教師も人間なんだよ、ということが分かってもらえる日は、いつかやってくるのか、来ないのか…。

適当にやっていると公言しながらそこそこの点数を取って合格していく学生も、それはそれでアリなのでしょうが(勿論私も合格させますし。)
難しい、分からないと言いながらでも諦めずに頑張っている学生を見て、その学生を助けられるほうが、私はこの仕事にやりがいを感じるのですが、学生はいい成績が取れないと『自分は良い学生じゃない』と思ってしまうのでしょうか。
成績とは関係ないところで、『頑張ったで賞』とか、あげたほうがいいんですかね。

タイトルの『弊害』で述べたいところは実は他のところにあるのですが、読んでいただいてもあまり面白い内容になるとは思えないので、それは書かないことにします。

面白くは無いけれどアイスランドの『今』に大きく関係する弊害の1つは
ストライキによる弊害です。

前の記事にも書きましたが、法律家のストライキのせいで相も変わらず家賃補助が受けられず、戦々恐々とした毎日です。
本当にこのストライキが終わりを見せる気配が無く(丸一ヶ月、ストライキを継続しています。)、どうしようもないのですがどうしようもなさ過ぎて不安とフラストレーションは溜まる一方です。
そしてお金はどんどん無くなっていきます。フラストレーションと不安がお金に替わればいいのに。(笑)
法律家の人と同じ組織に、肉の安全検査を行う人たちも所属・加盟しています。(それもまた凄い話なんですが)
その人たちもストライキを始めたことによって、現在スーパーマーケットからいろいろな肉が消えつつあります。
新鮮な肉(一度も冷凍されていないもののこと)は勿論のこと、輸入の肉の安全検査も行われず、冷凍保存されていた肉もどんどんと消費され、不細工ぶたさんでお馴染みのボーヌスでは、来週にも冷凍の鶏肉が在庫切れになりそう、とのニュースが出ていました。
その翌日には英語でもニュースが出ており、来月更に3つの労働組合がストライキを予定しており、そうなると最悪の場合、7万人がストライキを行うようです。
7万人というのは、アイスランドの労働力の、35-40%に上る人数なのだとか。
明らかに危険だと思うのですが、政府や組織はまだ、何の対策も行っていません。
アイスランド、大丈夫なんだろうか?と本気で心配になります。
鶏肉と豚肉と牛肉を食べなくても死にはしませんが、それでも無し選択肢の少ない食事が益々減って、どうすれば良いのか分かりません。
現在ヴェーガンとベジタリアンの人は勝ち組ですねえ。(笑)

もう一つ、面白くは無いけれど、の弊害。
アイスランド語を少しかじってしまった為に起きるようになった弊害です。
かつてアイスランド語に全くといっていいほど知識が無かった頃は、それこそアイスランド語が片仮名で書かれているときは『へえ、こんな風に読むんだ、難しいなあ』ぐらいにしか思っていませんでした。
またちょっと日本語の話に戻りますが、日本語において、絶対的な『表記法』は現在のところ、存在しないと受け止められています。推奨される法則みたいなものはあるのですが、絶対にこうじゃないとダメ、というものが無いのです。
なので、片仮名を用いた外国語の標記も、日本国内でさえ『書き手に任せる』状態なので、アイスランド語の表記も、完全に『ご自由にどうぞ』状態です。

こうやってブログを書いたり、SNSで自由気ままにアイスランドのことを言及するようになってから、やはり便宜上、アイスランド語の言葉や文を片仮名で表記する必要が出てきて、そうするのですが
自分の性格と職業も影響し、更には中途半端にアイスランド語をかじってしまったせいで、自分なりの『アイスランド語表記用カタカナルール』を持っているのですが
あまりに自分のルールと違うアイスランド語のカタカナ表記を見ると、妙にそこに目が行ってしまって必要以上に気になるようになってしまいました。
例えば私のバイブル化している本の中で、Hafnarfjörðurという町のカタカナ表記が出てきます。
アイスランド語で『F』は、Fjörður (名詞: フィヨルド) のように濁らない『フ』の音になる時もあれば
að hafa (動詞: 持つ)のように濁音化する『ヴ (もしくはバ)』の時もあり、更には
Keflavík (国際空港のある町の名前) や höfn (名詞: 港)のように破裂音や半濁音の『プ』もしくは『ブ』の時もあって、アイスランドの発音を勉強するか、もしくはいちいち毎回アイスランド人に発音してもらって、自分の中でどの音に聞こえるか、考えてから表記しないと意味不明の『読み方』になってしまうと思われます。
私のアイスランド語の先生から聞いた知識を元にしたルールに則ると、Hafnarfjörðurの最初の『F』は、『プ』だと思う人と、『ブ』だと思う人、どちらもいる音なのだそうです。 (個人的には全く意味不明なのですが、アイスランド語においてこの『F』は、IPA (International Phonetic Alphabet) における [p] でも [b] でも、どっちでもいいんだそうです。全然違う音なのに…。)
なので、『ハナル』と書くか、『ハナル』と書くか、分かれることはあっても、『フ』にはならないわけです。
そしてこれまたややこしい、『Ð』は、私の個人的ルールでは、昔は多少ばらつきがありましたが、最近は『ズ』で統一しています。
なので、Ða, Ði, Ðu (ÐeとÐoはアイスランド語に無い気がします。少なくとも今思いつく単語がありません。)は、自分ルールでは片仮名にすると随分と気持ち悪いですが、 ズァ、ズィ、ズ(もしくはズゥ)になります。
英語に無い、と何かの本だったか誰かに言われた気がするのですが、英語のアルファベットには無くとも、音としては同じ音があって、いわゆる “THE”の、 “TH”と同じ音です。舌をちょっとかんで濁る音です。日本語の『ズ』とは明らかに違うので、その時点でもう表記は不可能ですが、私は『TH (濁)』は『ジ』より『ズ』の音に近いと思うので、苦肉の策ながら、こちらを使っています。

そして、というか、しかし、というか、つまり、というか、です。(随分と前置きの説明が長くなりましたが)
Hafnarfjörðurは、
私ルールで行くと ハプナルフョルズルとなります。 (ハブナルフィヨルズルとかも、理解できるし、納得もいきます。)
しかーし。個人的バイブルの中にある表記が 『ハフナルフィヨルジュル』 で、その部分を読む度に
「ジュルて!一個目のフは分かるにしてもジュルて!よだれか。」と心の中で何度もツッコんでしまうのです。
内容には全く関わってこないので気にしなければいいだけの話なんですが、何故かスルーできない。

住んでいる、アイスランド語を知っている、を含めて恐らくアイスランドに関わる全ての日本人の人がアイスランド語を表記する時に自分の独自ルールを持っていると思うのですが
自分のルールと違いすぎると気になって、心の中で『私とは違う。』といちいち思ってしまうようになったのが、アイスランド語が少しだけ分かるようになってしまった為に起きるようになった『弊害』なのでした。
ま、害でもなんでもないんですけど。

わからない時は何も考えずに『凄い読み方やな、ややこしいな。』で済んでいたものが、ちょっと知識をつけてしまったばかりに、困ったものです(苦笑)
しかし、一応成長もしたのか『自分と違う!』と思うことはあっても、『これがこの人のルールか。やっぱり人によって違うもんだなあ。』と平和に違いを受け入れられるようになりました。
十人十色万歳。

最後に。
これは『弊害』と言っていいと思うのですが
最近、ダイナマイトの爆発に怯える毎日です。

この平和な国でダイナマイト?!爆発?!アイスランドに何が?!と思われる方も多いかもしれませんが、
何てことは無い、建築ラッシュの弊害です。
家の近くはホテル、大学のオフィスでは学校の新設施設の建設のせいで身近で2日に1回は突如襲う爆音と揺れに怯えまくっています。

中途半端に現場が離れているせいで爆発前と後の警告音が聞こえず
突然
『ブォグォォォォォォン!!!!!』という爆発音と揺れが家やオフィスを襲い
『何事じゃあ!!!!????』と心臓をドキドキさせることになるのです…。

最近はしょっちゅうなのと、何が行われているのが分かったので必要以上に怯えることはなくなりましたが
一番最初に音と揺れに襲われたときには
それはそれは恐ろしかったものです。
巨大地震なのか、何なのか、本当に分からなくて。

最近の暖かい日差しと降り注ぐ太陽を満喫しているのが人間だけではなく危険な攻撃的『蜂』であるとのニュースも聞こえてきたりで、
何かあれば一長一短、それぞれ良いことも悪いこともあるのね。なんて思いながら地道に仕事を片付けている私です。
授業が無くとも仕事は尽きない…。
本当の『夏休み』が待ち遠しいわたくしでした。

と言いつつ、夏休みも結局教材の整理と改善と作成で、教師業、やるんですけどねえ。
中級も教えたいし、中級の教材も作り始めようかなあ…。
スポンサーサイト



テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   アイスランド人はナニジン?

2015.05.03 01:01|アイスランド豆知識, trivia
とってもいいお天気の土曜日。
先日2年生の期末試験が終わり、いつも最短で成績を出すことにしている自分ルールに則る為、
いい天気を横目に誰もいないオフィスで一人盛大にカオスな答案用紙にツッコミを入れながら採点していると、同僚の先生もいらっしゃいました。
同僚の先生もまさかこんな良い天気に私が来ていると思わなかったようで、二人で
『こんな良い天気なのにねえ…』とぼやきながら何だかんだで二人とも教師業を満喫していました。
同僚の先生がどこまでこのお仕事を『一生の仕事』と思っておられるかは分からないですが、自分も含め、この仕事が大好きでやっているんだ、ということをいつも自分自身、そして同僚の先生からも感じます。
給料が安いだのなんだのと文句は尽きませんが、自分の好きなことを生業に出来ているなんて、本当につくづく自分は幸せ者だと感じる今日この頃です。

さて、相も変わらずというか性懲りもなくというか、関係のない前置きから始まるブログ記事ですが、今日は本当に何の役にも立たないどーでもいいトリビアを述べたいと思います。

アイスランドの歴史についてご存知の方は多いかと思いますが、簡単に言うと、アイスランドは871年前後に成立した国だといわれています。
世界中でいろいろな国が紀元前から始まっているということから考えると、アイスランドは随分と若い国です。

ちなみにガイドの勉強をしている時に少し齧った程度なので詳しいことは分かりませんが、国土自体もかなり若いのだそうです。
と言っても、氷河期には十分に土地が出来上がっていたようなので、地球の壮大なる規模での『若い』なのですが。

とにもかくにも、アイスランドが『アイスランド』として他国から『国』として認識されるようになったのは、西暦もそろそろ900年に近づこうかという頃でした。
上にも述べたようにそれまでにも『国土』は存在しており、全くの無人島だった、というわけでは無かったそうです。
近年の発掘調査によって、少なくとも入植期よりも100年以前に、人が居住していた形跡が発見されているそうです。

アイスランドの歴史については自分が興味津々なので幾分かは面白そうなことも書ける気がするのですが、ガイディングの仕事の時の為に、それらは業務機密事項にしておこうと思います。
話すネタがなくなっちゃうので(笑)

とにかく、現時点ではアイスランドに入殖が始まり、国が興ったのは871年前後ということで落ち着いています。

そうです。
アイスランドは、『入殖』して興った国なのです。

さて、ではアイスランド人は誰なのか?
アイスランドの歴史を知るのに重要とされている文献の一つと同じ名前を持つシステムが現代アイスランドにもあり
それでアイスランド人は自分のルーツを辿ることが出来ます。
871年入殖期に祖先が来たと考えられている人たちは、その時代まで遡って、ご先祖様を知ることが出来ます。
今2015年ですから、1144年も前のご先祖様です。
もう『曾』が幾つ付くやら分かりません。(笑)

ちなみに当ブログでお馴染みの伴侶ぐんさまのご先祖様は入殖期にアイスランドに来たと考えられているそうで、以前Íslendingabókの家計図を見せてもらった時にはあまりの長さに、途中表示が端折られていました(笑)
彼はさすがと言いましょうか、男性でもあるので尚のこと『大部分』を占める、ノルウェー系なのだそうです。

ぐんさまと同じように、アイスランド人はノルウェー系移民だと考えられていました。
しかし。
上記で申し上げた現代版Íslendingabókが出来上がるきっかけとなった国を挙げての遺伝子調査によって、比較的近年、アイスランド人的には驚きの事実が判明しました。
(どうして国を挙げて遺伝子調査が行われたかは、ガイド用情報でまたも秘密です。小ネタ、小ネタ。引き出しが少ないのでお許しください!)

アイスランド人は自分たちの大半がノルウェーにルーツを持つと思っていたらしいのですが、
アイスランド人男性の80%は予想通りのノルウェー系だったものの、残り20%、
そして女性に至っては半分の50%がケルト人だということが遺伝子調査によって明らかになりました。

男性にノルウェーの割合が高く、女性にケルトの割合が多いことには、アイスランド入殖が始まった頃のスカンジナヴィア諸国の環境が大きく影響しているようです。
そう、ヴァイキングです。

ノルウェーからアイスランドに移住する際、その道中で、もしくはその前後にヴァイキング業に出かけて連れ去られた女性たちが、アイスランドには多くいたと考えられます。

そのため現在のアイスランド人の遺伝子を見ても、女性のほうが、その割合が高いようです。
ケルト人の女性にとっては気の毒な話ですが、嘘か本当かアイスランドに連れて来られた『奴隷』の人たちは、他の国よりも人としての扱いを受けていて、酷い待遇ではなかったとのことなので、それを信じたいと思いますが、
まぁとにもかくにもアイスランド人は、かつてアイスランド人がそう思っていたらしいより、随分と多くの割合、ケルト人にルーツを持つ人がたくさんいるというのが、現在の見解です。

しかし、アイスランドに残る入殖期の『ヴァイキング時代遺物』を見ても、何となくケルトの影響が強いように見えるのは、私だけなのでしょうか?
全っっっっく研究をした経験も無いので、本当にただのド素人判断ですが、
私個人的にはアイスランドにあるヴァイキング時代のものを見ると、いつも
『ん?これってイタリアのルームメートが見せてくれたケルト文化のアレに似てるな。』と思うことが多かったので、
個人的にはアイスランドに多かれ少なかれケルトの影響があると知ったときには
『あ、やっぱり気のせいじゃなかったんじゃない?』なんて思ったりしました。
(ちなみにイタリアのルームメートはケルト人・ケルト文化の超オタクだったので、当時のアイスランド・オタクの私は、妙に彼女に親しみというか同じニオイを感じたのでした。)

アイスランド人はなかなかブラックユーモア(個人的にはどこが面白いのか全く分からない、ただの失礼な冗談にしか聞こえないものも多いのですが)が好きで、
かつてのビールの宣伝に、こんなものがありました。

ThuleビールのCM。→★ どうしてアイスランドには美しい女性が多いのか。


アイスランド人、失礼すぎです(笑)

まぁでも確かに、どうせ攫うなら美しくて若い女性が良かったでしょうし、アイスランドには美しい女性が多いというのは事実です。
でも、イギリスにも美しい女性はいっぱいいますよ!!!

小国だからといって、アイスランドは時々無茶をするなあ、と思うことがいくつかあったりします。
まぁ、本当に小さい国ですから、無茶がまかり通っちゃうんですけどねえ。

失礼なジョークも時々飛んできますが、まぁやっぱり総合的に見て、アイスランド人は、穏やかで素朴で、可愛げのある人が多いと思います。
可愛げがあっても、見た目はクマのようなヴァイキング戦士風の男性や逞しい女性もたくさんいる、楽しい国なのでした。

さてさて、では何の役にも立たないお話はこれくらいにして。
皆様どうぞ、素敵なゴールデンウィークをお過ごしくださいませ!

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報