<< | 2017/02 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   【修正しました。ありがとうございます!】 ぬくぬくウインターとアイスランドの『○○の日』

2017.02.19 16:06|日常生活, daily life
仕事でパソコンにばかり向かう日が続き、なかなか記事が書けないでいます。
こうやってまたエントリーの少ない一年になってゆく…。
まだ二月中旬を過ぎたところ。
でも、もう2月の中旬!
2017年が始まってからやっていることなんて仕事に関することしかないのですが、どうしたらいいんでしょうか。
楽しいことはどこですか!

こんにちは、牛です。


アイスランドでは相も変わらず暖かい毎日が続いています。

実は先日、かなり久し振りに副業のガイドをさせていただく機会がございました。

鉄板の観光地をご案内したのですが、いやあ、何が驚いたって
雪がない!!!
そして全く凍っていない!!!

本気で今年の冬の異常な暖かさを実感しました。

ヘトリスヘイズィ(Hellisheiði)発電所周辺の溶岩地帯の、まあ緑なこと!!!!

観光業に従事して長いベテランドライバーさんとお話しする機会があったのですが、運転手さん曰く
『まあ、2月でこれはないわな』
とのことだったので、たかだか8年ほど住んだ私でも違和感をもつ今年の冬は
やはりちょっと特殊なのかなと思います。

この写真をご覧ください…こんなに雪がないなんて。こんなに凍っていないなんて。
異常です。
この時期でもまだこの辺りなんて、普通は靴にスパイクが無いと滑って転ぶような場所ですのに!!

kanketsusen_area-1_2017feb.jpg
kanketsusen_area-2_2017feb.jpg
Gullfoss-1_2017feb.jpg
thingvellir-1_2017feb.jpg



ちなみに全然関係ないのですが、最近町中のスーパーでも、副業中にもご質問いただくことが多いので、『何かあったのかしら?』と気になっているのですが
アイスランド産のタラの肝の缶詰って、何かテレビかどこかで紹介されたんでしょうか?

アイスランド、お土産になるようなものが少ないのでこの『燻製タラ肝』が皆様の新たなお土産の選択肢の一つに加わるのであればそれに越したことは無いと思うのですが
アイスランド人にはある程度ほどの人気しかないタラ肝、しかも今回Googleで調べるまで、輸出されていたことさえ知りませんでした。(日本にも輸入されているようで。)

日本の皆様がこのアイスランドのスーパーで昨年くらいからようやく姿を見せ始めた程度のタラ燻製肝缶詰の存在をどこでお知りになったのだろうと、興味津々でございます。
もしこの日本の皆様にアイスランドの燻製タラ肝缶詰が知られている理由をご存知の方がいらっしゃいましたら、お教えいただけると幸いです。

ところでこのタラ肝缶は、色々な会社が作っているのでどこかでご覧になったものとは違うメーカーかもしれませんが、アイスランドのこと、大差はないと思います。ちなみにスーパーで売られているアイスランド語で書かれたタラ肝缶であれば十中八九アイスランド産です。(多分産地を書いているとは思うのですが、もしかするとアイスランド語だけで書かれているのでわかりにくいかもしれません。)
自分の親戚や友人知人にタラ肝が好きな人はそんなに居なさそうなので自分自身のお土産リストにはなかなか名前が出なさそうですがネタに持って帰るものは増えたかも、と思って少し嬉しくなりました。それほどまでにお土産のない国、それがアイスランドです。
…いや、あると言えばあるんですが、1000円以下で買えるお土産なんてほとんどないので、そういう意味でとても貴重なのです。


これまた全然話は違いますが、アイスランドではいまだ旧暦に関する行事が残っています。
まあ、日本でも同じようなものなので、特にアイスランドに限ったことではないのですが。

皆様ご存知羊の顔ゴハンSviðやアンモニア臭たっぷりHákarlを好き好んで食べるÞorramaturも然り。この時期には男性の日『Bóndadagur』と女性の日『Konudagur』もあります。
男性の日は男性が色々と女性におもてなししてもらう日、女性の日は男性におもてなししてもらう日です。
アイスランドでは比較的、バレンタインデーは男性が女性に何かしてあげる日のはずですが、我が家では残念ながら、日本方式なので男性が良い思いをします。(笑)

と言っても私は今年までBóndadagurには何もしてあげていなかったので、バレンタインデーだけだったのですが。
今年は2回のお祝いになりました。よかったね、ぐんさま。(笑)

いつもお返しはもらえない私でしたが(ぐんさまに悪気はなく、本気でいつがKonudagurだとか、ホワイトデーだとかを覚えていないのです…。苦笑)今回はなんと、本日Konudagurにプレゼントをもらいました!
以前自分が買って、まだ飲んでいないのとまったく同じビールを!(笑)
こういうお茶目なところがあるのがアイスランド人の男性のような気がします。

私のようなすぐにハリセンボンになるような人間にも心優しく接してくれるのがアイスランド人男性です。
アイスランド人の男性は、本当に穏やかな人が多く、アイスランド人女性を見ていて『そりゃあ男性はこうならないと世の中回っていかんわな』とひしと感じさせられます。
自分は相当頑固で気がきつい方だと自覚はしていますが、アイスランド人女性の口もたつ、態度もそう、そして内面も強い感じを見ていると、戦うつもりは毛頭ありませんが、アイスランド人女性に勝てる日は来ないだろうなと強く思います。

美しい女性は内面も強い!ということでしょうか。うむ。

ホワイトデーは完全にいろいろな思惑があって作り上げられたお祝いの日ですが、ぐんさまに何か貰えるようにカレンダーにでも書いてさりげなくアピールしておこうと思います(全然さりげなくないですね。笑)

これまたアイスランドだけではないですが、今年は来週の月曜日、2月27日がBolludagurです。シュークリームかエクレアを皆様も存分に召し上がってください。
28日は気が向けば、豆入りの塩漬け羊肉スープをどうぞ。
そして3月1日はお子様と共に仮装をしてください。【 追記: ありがとうございました!2月であることをすっかり忘れておりました。お恥ずかしい話です…! 】

今年もおそらく、カスタードクリームを作ることになるのだと思います。
一年のうち、この時期にしか食べられないシュークリーム。(皮を自分で作ればいいだけの話なんですが、それは面倒なので…)
年に一度のカスタードクリーム試行錯誤も楽しいので、今年も満喫しようと思います。(でもたまにカスタードクリームだけは皮が無くても作ります。)

色々な日、おめでとう!
皆様もぜひ、美味しい毎日を♪




スポンサーサイト



テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報