<< | 2018/03 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   「自分で頑張れ」の祝日

2018.03.30 02:33|アイスランド豆知識, trivia
Páskaの本番(日曜)は雪の予報が出ています。

さすがだぜ、アイスランド。
イースターを春だと思うなよ?

こんばんは、牛です。

意味不明のワイルドさを出してみましたが、
アイスランドは本当に「春っぽさ」や「夏っぽさ」を感じさせる日に雪になることが多いです。
それらの日を「春/夏っぽい」と思っているのは私だけなのかもしれないですが、
すなわちパゥスカや夏の最初の日、悪天候まで含めると6月17日もなのですが、本当にそういう貴重な春夏の祝日に限って、この国は悪天候に見舞われます。
オーディン神が
「おいおぬしら人間どもよ、ここがアイスランドということを忘れるなよ」
と目に見えぬメッセージでも送っているのではと勘繰る私です。


さて。
アイスランドに旅行に来たり、住み始めて数年は
「祝祭日は店は休むもの」
という感覚で生活していたので、それを聞いても最初は
「まあ、休みだからね。」
くらいに考えていたのですが、しばらくしてアイスランド人はお金に目が無いということを知った後、ふと
「なぜこんな稼ぎ時に休むのだろう?」と思い始め
「これを悪しきと考えている経営者に居るのでは?」と思う、アイスランドの不思議な習慣?を少しお話ししたいと思います。

我が家(私とぐんさま)は、いつもクリスマスイブにはストレスMAXでラストスパートをかけているか、焦りながらお母さんの家に向かっているかなので、外食や飲みに行くという選択肢が頭に浮かぶことさえないのですが
アイスランドには国教のキリスト教に関係のある休日、PáskaとJól、すなわちイースターとクリスマスに娯楽施設(クラブなど)とバー&飲み屋さんは営業してはいけない、という法律があります。

我々(特に私が)が外に飲みに行くことは年に数回くらいしか無いのですが
なぜか毎年ぐんさまはPáskaの前になると、
「パゥスカの〇日と×日はクラブも飲み屋も閉まるから」
と教えてくれます。

2008年だか9年だか、最初に教えてもらった時には
「まあ祝祭日にアイスランドのお店が閉まるのは普通のこと」
と考えていたのですが、どうも話を聞いてみると、営業したくてもできないと言うではありませんか。
どういうことなのか話を聞くと、
「法律で禁止されている」
とのこと。
クラブや飲み屋で働いたことは無いはずで、そういう店を経営したこともないはずのぐんさまがなぜそれを知っているのかも私には疑問ではあるのですが、
どうやらアイスランドでは、先に挙げた二大休日にクラブ及びバーは営業してはいけない、と法律で決められているんだそうです。

これが私にとっては甚だ疑問であります。
理由はいくつかあるのですが

① アイスランド人は平日でも飲むが、休日にはもっとお酒を飲むはずなのに、どうしてこんな「国民総出」で休みの日に、飲み屋の営業を禁止するのか。
② ①の理由から、お店に人があふれることはほぼ間違いないと思われ、お金に目がないアイスランド人にとってはかき入れ時のはずなのに、どうして営業禁止と言われて経営者たちは黙って従うのか。
③ もしかすると「神聖な我らの国教キリスト教の大切なお祝いの日だから」という建前があるのかもしれないが、そもそも信仰心の厚い人など大変少ないのが現実のこの国で、もし建前だとしても、どうしてそれを国民は黙って受け入れているのか。

恐らく金の亡者アイスランド人経営者に聞いても
「法律だから仕方ない」
とか
「変えてくれたらありがたいけど別にまあ気にしない」
とか
「え?それはいい質問だね。」
と言って結局何の答えも得られないとは思うのですが、
法律を変える権限を持っている政治家陣に直接クラブや飲み屋の経営にかかわっている人はあまりいないような印象があり、
かつ、経営陣たちも無理やり頑張って法律を変えてもらわなくても、普段の経営で十分すぎるほどの利益を出していて、通称「赤日」と呼ばれる普段の二倍近い賃金の支払いが必要な日に営業すると、収入も増えるが支出(人件費)も嵩むので、もうわざわざ法律を変えてもらわって営業をしなくても、特段自らの懐に大きな差が生まれることはなさそうなので構わない
というのが現状なのではという気がしております。

が、どうやら同日、クラブや飲み屋だけにとどまらず、レストランの営業も制限もしくは禁止されているらしいというのを耳にした時には、
この時期をチャンスと、アイスランドに旅行に来る観光客は年々増えていると思われるのに、その日にレストランが開いていないようでは、かなり苦労をしている人たちもいるのでは、と余計なお世話ながら心配になってしまいました。

ホテルの中のレストランなんかは営業できるのかもしれないですが、ホテル自体とレストランは経営者が同じでも法的に扱われる「事業」の立場が別であることが多そうなので(経営者はもとをただせば同じでも、ホテルはホテル、レストランはレストランとして営業しているところばかりだと思うので)、それでもホテル"付属"のレストランが営業できるのかどうかは不明です。(すみません、調べていません。)

公営の酒屋は勿論、大型チェーンのスーパーも殆ど休んでしまうので、
パゥスカとヨールは、「あらかじめ食料やお酒は自分で確保しておき、休日を美味しい料理やお酒と共に楽しみたい人は、自力で頑張れ」という祝日です。

基本的にイースターもクリスマスも、アイスランド人にとっては家族が集まり一緒に楽しむ日なので、普通のアイスランド人たちにとってはレストランが営業していなかろうがクラブや飲み屋が閉まっていようがほとんど関係ないと思うのですが
観光立国としてもっともっと成功したいと思っている国なのに、そういうところはちょっと変えていかないと、観光客の人たちが気の毒では、という気がします。(クリスマスの翌日か何かに、「観光客のクリスマスディナーは街中のファストフード」といったニュースが出ていましたが、豪勢な食事が食べたくても、レストランが閉まっているのだから仕方ないだろう…と、心の中で突っ込んでしまいました。)

私が感じる雰囲気では、法律を変える気はさらさらなさそうなので、これからもよほどのことがない限りしばらくは、クリスマスとイースターは、店が閉まるということを知らない外国の人たち(主に観光客)が、わびしい食事にしかありつけないという事態が続きそうな気がします。

このブログを読んでくださっている方で、今年のクリスマスや来年のイースター時期にご旅行をお考えの方、どうぞお食事の確保はなさっておいてください。お酒がお好きな方は、お酒もぜひ。

私はイースター用に買っておいたはずの食糧を既に消費してしまいましたが、幸いぐんさまのお父様のお宅にお呼ばれすることが決まったので、食事難民になることはなさそうです。
ありがたや、ありがたや…。


ちょっと早いですが、皆様もどうか、良いご週末をお過ごしくださいませ!


では、また。



スポンサーサイト



テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   国で違う、献血事情

2018.03.29 01:36|日常生活, daily life
日本語で「日照時間」と言うと、何ワット(?)以上の光がどーのこーのという細かい定義があるようなので、厳密には日照時間でない時間も含んでしまっているのかも知れませんが、
日の出―日の入の時間はもう本当にそれはそれは長くなり、時間の感覚が冬以上に掴めない時期に突入しました。

今までの人生で出会った数々の人の中で、一・ニを争う「明るさ&元気さ」の、年にニ・三度だけ出張で会う先生が、突然の癌発覚→治療→第一子誕生→脳内出血→手術という怒涛の数ヶ月を過ごしていたことを先日知り

日は昇って沈んでいって、毎日時間は流れていくけれど
それは全ての人にとって同じ訳ではないし
24時間という時間も、感じる長さや貴重さは人によって違うものなんだ
ということを改めて気付かされました。

若干ヘビーな始まり方をしてしまいました。
こんばんは、牛です。


上記のことがあったからというわけではなく、
日本に居た頃から不定期ながらも何度もやっていて、ついに日本で献血が許されている海外滞在時間もすっかり超えてしまい日本で再び行けることはもうなさそうなので
パゥスカ(イースター)のお休みが始まった今日、チャンスを逃すまいと
前々から行きたかった献血者登録に行ってきました。

アイスランド人の最も一般的な血液型はRh O+なので、まあ私はそんなにお呼びでないのかも…とは思いつつ、自分ができる小さな社会への貢献の一つなので、せっかくと思い、ようやく重い腰を上げました。

と言うのもアイスランド、献血のシステムが日本とはちょっと違うのです。

まずアイスランドでは、献血に行っても、初めての場合は献血出来ません。
問診票に情報を記入、看護師さんと話をし、採血をして、検査結果が出るまで1-2週間待たなければいけません。
検査結果でokが出るとはじめて、登録から早くて2-3週間後に献血が許されます。

ちなみに献血ルームのような施設は金土日と休みなので、現在の私の仕事状況ではなかなか行けません。

そんなこんなの理由があって今まで行きたいと思いつつも、なかなか足を運べていませんでした。

ちなみに本日私が学んだアイスランドと日本の献血システムの違いのもう一つは、
私は日本でいつも成分献血(血小板献血)を行っていたのですが、アイスランドでは残念ながらできそうにないと言うことでした。

なんと血小板献血をするには、身長170cm以上、体重も70kg以上、かつ血小板が多めにある人でないと、アイスランドでは血小板献血ができないそうなのです。

それがいいのかどうかは別として、体重は増やそうと思えばなんとかなりそうですが、身長は…。
もう成長期はとっくの昔に終わってしまい、後15cmほどものびることは現実を考えると不可能なので、私のアイスランドで血小板献血は殆ど実現の可能性を失ってしまいました。
大変残念なことです…。

しかも、わたくし恥を忍んで申し上げますと、アイスランド移住前からこの9年で7キロ近く体重を増やしたのですが、それでもアイスランドの基準で言うと、献血するには痩せ過ぎに近い位置にあるらしく、
「体調が悪かったり、後少しでも痩せたりしたら、あなたから血がとれないことなっちゃうわ」
と言われ、衝撃を受けました。
ある意味、以前に登録に行っていなくて良かったかもと思ったくらいです。(来て2-3年の頃なら、確実に体重が足りなかったと思うので)
日本に帰るたびに、私は日本の一般的な女性の2、いや3倍くらいあるなと思うのに、これで足りないかもなんて…。

おそらく血小板献血のために設けられている基準の170cmというのはアイスランド人女性の平均身長だと思うのですが、体重も70kgを下限とするとは、
やはり私が普段アイスランドの人々(男女)を見て感じる肉付きの良さや骨太さは、印象だけではないんだなと感じた次第です。

血小板献血の道は限りなく険しそうですが、goサインが出て、当日はいつもよりしっかりめに食べて行けば、2-3週間後には、全血献血ができそうです。
普通なら450mlとるそうなのですが、もしかするとあなたは420くらいになるかもね、と言われました。
まあ、とってくれるならいくらでも構わないです。
というのもぐんさまは過去2・3回、献血ルームから呼び出されて出向いたにもかかわらずその時々の理由で、採血前の問診で「あ、今回あなた無理だわ。」と帰されているので
そんな出向き損(汗)と傍目から見ると切ない状況に陥っていたので
私はそんなことにはならないよう、出向くときはもりもり食べて、体重は最低限ラインを超えておくようにしておきたいと思います。

ちなみにアイスランドは、海外での居住歴の長さが、献血の可否に影響することはないそうです。

ところ変われば献血事情も違うもんだなあ、と居住約十年目を目前に、新しいことを学びました。

わずかなことで、自己満足といわれれば全くその通りなのですが、
少しでも自分ができる社会貢献を増やしていけたらな、と思うわたくしでした。

他に心当たりはないので肝臓の数値だけが不安ですが、どうか無事にokが出ますように。

献血をしたら、またご報告いたします。
ではまた!




テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   易しい?厳しい?アイスランド語

突如、五十肩によく似た症状に襲われています。
まだ50歳にはなっていないんですが…どうした、私の肩。


こんばんは、牛です。


時間に余裕はあまりないのですが、アイスランド語ってやっぱりよく分からない!と思い、書かずにはいられなかったのでエントリーを書いております。

アイスランド語が日本語を母語とする人間にとって習得が容易な言葉かどうかという疑問に関しては
わたくしは声を大にして
「まっっっっっっっっっっっっったくです!!!!!!!」
と申し上げたく存じます。

難しいというか、私のような外国語の習得が苦手な人間にとっては、もう母語話者レベルに到達することは不可能だと断言できるのではと思うくらいのレベルで、難しい言葉です。

規則を覚えればある程度までは分かるし、使えるのですが
活用や言葉、そして発音にやはり「違和感」を残すものしか使えません…。
ぐんさまの職場の人で、成人になってからアメリカより帰化した人がいるのですが、彼のアイスランド語は話し方や言葉にあまり「外国人らしさ」が出てきません。
羨ましいことこの上なく、自分の未熟さをひしと感じる今日この頃です。
勉強と訓練不足です…はい…。


さて、今回わざわざ書くに至った理由となったアイスランド語に触れたいと思います。

まず
「あれ?アイスランド語ってちょっと簡単?」
と一瞬錯覚してしまいそうなのは、こちらのルールです。


■ 一部生理現象の、動詞 -a、名詞 -i 規則

大変残念なことに、一部です。
が、口から出る一部生理現象は、動詞の活用語尾 "-a" が、"-i" になると名詞化します。
なんて簡単!!!!
下に例を挙げます。

① að hnerra (アズ・フネッラ): くしゃみをする ---> hnerri (フネッリ): くしゃみ
    ・・・ ちなみに 『フ』 は、鼻から息を噴き出す(吐き出すと言いたいところですが、口じゃないので言えない気がします…。)だけで、実際のところ、音はありません。

② að hiksta (アズ・ヒクスタ): しゃっくりをする ---> hiksti (ヒクスティ): しゃっくり

③ að hósta (アズ・ホゥスタ): 咳をする ---> hósti (ホゥスティ): 咳

④ að geispa (アズ・ゲイスパ): あくびをする ---> geispi (ゲイスピ): あくび

まあ、例と言っておきながらこの4つしかないんですけれども…。
4つでも当てはまるだけありがたいというか、「やった!」と歓喜したところで、
ああ、やっぱりアイスランド語は厳しいのね…と思う例をご紹介したいと思います。


■ 日本語なら一つの言葉、アイスランド語では…

・・・ 猫の性別によって、言葉が変わります。5種類!ひー!
köttur (コットゥル): ♀♂
kísa (キーサ): ♀♂
fress (フレッス) : ♂
læða (ラィザ) : ♀
bleyða (ブレイザ) : ♀


ちなみに犬は
hundur (フンドゥル) : ♀♂
rakki (ラッキ) : ♂ (♀もOKかもしれません)
tík (ティーク) : ♀
hvutti (クヴッティ) : 子犬

で、3-4種類くらいあります。

尻尾/尾 ・・・ 動物によって、言葉が変わります。7種類です。7種類…。
rófa (ロゥヴァ) : 犬/猫
skott (スコット) : 犬/猫/狐
hali (ハーリ) : 牛, 爬虫類
tagl (タグル) : 馬
stertur (ステルトゥル) : 馬 (限定的)
stél (ステール) : 鳥
sporður (スポルズル) : 魚, 鯨



・・・ 果物や植物で言葉が変わり、こちらも7種類もあります。
húð (フーズ) : 生きている動物の皮膚
hýði (ヒージ/ヒーズィ) : 芋、人参、バナナ
roð (ローズ) : 魚
börkur (ボルクル) : 木、厚い果物の
hörund (ホールンド) : 主に人
skinn (スキン): 皮/革
hamur (ハームル) : 鳥や脱皮する生物




どちらの言語もちょっと齧った人間として、私が持っているイメージは
日本語は、一つの言葉で広い範囲をカバーできる
アイスランド語は、それぞれに細かく分かれている
というものなのですが、
皮と尻尾。ちょっとやり過ぎでは…とちょっとツッコミたい気持ちに襲われます。


結局のところ、私個人的には
「やっぱりアイスランド語って簡単じゃないのね」
という結論に落ち着いてしまうのですが
言葉はその国の人の考え方や文化を反映しているものが多いと思うので、そういう点でもこの「細かさ」は興味深いなあ、と思うのでした。


それでは、また!



テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   世界的アイスランド有名人のスキャンダル

2018.03.16 17:00|メディア, magazine/TV etc.
先程しょーもないエントリーを書いてのんべんだらりとしていたら、トイレ休憩に帰ってきたぐんさまからスキャンダルを教えてもらいました。

恐らく現在、自他ともに認めるビョルク・グズムンズドッティル氏に次ぐアイスランド出身の世界的有名人であろうSigur Rósの三名が、脱税容疑で財産差し押さえをされたそうです…(苦笑)

★(国営放送報道記事)→ Sigur Rós、財産差し押さえ
★ (国営放送報道記事)→ 隠していることは何もない

アイスランド人のことは好きだし、アイスランドのことは好きですが、この国はお国柄にしても人の性質にしてもお金に汚い及び激しく固執しているので、脱税はもう、なんて言うかアイスランド人としては起きるべくして起きていることなのでは、なんて気さえします。(ちなみに自分もお金には固執するというかみみっちいというか物凄く気にするというか、まあ、アイスランド人の気持ちはわかります。借りた金をなかなか返さないとか、そういう同じことは断じてしないですけど。)

追加納税を要求されている額はシガーロス全員で8億kr、フロントマンのヨンシーだけで6億3千800万krを占めているそうです。儲けてるなあ、ヨンシー!

勿論脱税はよろしくないですが (税務局、私みたいなみみっちい収入しかない人間に対しては、あんなに細かく1krもまけてくれることなく請求してくるくせに…。笑)
「これは手違いで起こってしまったこと」
と弁明しているシガーロスの皆さん。ある意味同情しておりますよ。

この国の政治家や大金持ち一族、まだ大して問題視されていないかあやふやにされているだけで脱税している金額は大して変わらないくらいでしょうし、むしろ脱税以上に性犯罪やその他もろもろ、もっと汚い犯罪に対して、どうかと思う見識を持っている人が多いですからね…。

多分税務局やら何やらとの癒着で、政治家の皆様の「脱税」は殆ど明るみに出ることは無いでしょうから、
そういうコネが無かったのか、賄賂をケチったのか何にせよ、バレてしまったSigur Rósはある意味気の毒です(苦笑)。

日本の確定申告もいろいろと、特に自営業の皆様などは本当に大変な思いをされているのでしょうに、
なんで普通の「コネ」のない一般人ばかりが日頃目くじらを立てて追及・請求されていて、
何百万・何千万・何億という納税をしなければいけない人たちが、バレるにしてもバレないにしても、脱税できるんでしょうねえ。
おかしな話です。

この国の儲けている皆さん、悪いことは考えないで、ちゃんと納税してください。
お金ないって言って、苦しい思いをさせられているのは大概がちゃんと納税をしている一般人なのですよ。

あんな純な雰囲気の音楽で儲けたお金は、黒く貯めこまれていたんですね…(笑)

しかし8億かあ。景気のいい話ですねえ。



テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

   太陽さまさま

2018.03.16 16:34|日記, diary
3月が…3月がもう半ばを過ぎています…
もう年度末が見えてきています…

時間がない!!!


こんにちは、牛です。

最近思うところがありすぎて、生きるフラストレーションと化しています。
良くない。

牛です。(何回言うねん。)


レイキャヴィーク市は1-2月の大嵐ブームが嘘のように、特に先週は驚くほどの快晴が続き、雪もなく、すこぶる見た目に素敵なお天気の毎日でした。ただ、気温は低かったので、まさにGluggaveður (グルッガヴェーズル)でした。
RVK_3mars_2018.jpg

Gluggaveðurは、直訳すると『窓のお天気』で、
「屋内に居て、外を眺めると本当に素晴らしく気持ち良さそうなのに、いざ外に出てみると凍りついてしまいそうな寒さの『見た目には最高のお天気』」
という意味の言葉です。
それを一言で言い表すアイスランド人。
何世紀からアイスランドの一般人のお家にそんなまともな窓があったのか?と考えると、その言葉の出現はあまり古くないだろうと思いますが、とにかく、
「なんて、日向ぼっこが気持ち良さそうなお天気なんだ!」
と喜び勇んで外に出て行って、裏切られたアイスランド人の気持ちが一心に詰め込まれた言葉なんだろうと予想します。
可哀想なアイスランド人たち…。

ここ3日ほどはぐずついたお天気が続いていますが、いよいよ日照時間が12時間目前となり、
気温はまだまだ低いですが(特に気温計よりも、体感気温が)、春を感じる毎日です。
冬も冬で、
朝→真っ暗
昼→仕事中で窓から外を見るくらいしかできないけれど、若干明るい気配を感じる
夕方→真っ暗
で、「今何時やねん」と時計見なければいまいち時間がよく分からないのですが
この3月辺りは本当に日に日にぐぐぐ!と明るい時間が延びてくるので、仕事に夢中になっていると知らない間に6時、7時ということが殆どです。

先日から諸事情により、レイキャヴィークの町中や自分の職場及び自分をビデオや写真撮影しなければいけなかったため、しょっちゅうカメラや携帯電話で何かしら撮っていたのですが、いやー、あれですね。
レイキャヴィークのチョルトニン付近って、やっぱりなんだかんだと良い雰囲気ですね。
郊外はそうでもないのですが、首都圏では電柱や電線がないので屋根の上あたりがまごつくこともなく、
町の海沿い以外では(海沿いがそうでないというのが残念極まりないのは置いておいて)背の低い建物のおかげで空が広く、
晴れている日は青空と色とりどりの小ぢんまりした建物のコントラストが可愛らしく、バスから眺める外の景色がとてもお気に入りです。
折角ビデオを撮ったのでアップロードしようかしら、と思いきやこのブログからの動画のアップロードは若干面倒で、
ついにYoutubeデビューか…?と考えています。
ただ、ド素人レベルのビデオの編集はできるのですが、なにぶん面倒くさがりなので、チャンネル登録しても殆どアップロードできるビデオもなさそうで、うむ…どうしたものか。
副収入が見込めるほどのYoutuberになれる気もこれっぽっちもしないし…

夏休み、ぐんさまのお母さんや家族のために旅行中のビデオを撮って見られるようにすると、お母さんが大いに喜ぶであろうことは想像に難くないのですが、やっぱり公共のネットに載せるとなると、それなりの編集が必要でございますから…。

金の亡者、牛。
副収入源を模索し、今週も仕事をしながら終わりそうです。

今週末のお昼はぐんさまママのパートナーのお義父さんがトリュフパスタをご馳走してくださるそうなので、とても楽しみにしております。
トリュフオイル、あると重宝するんですよねえ。
今度は奮発して、トリュフ自体も買ってみようかな…でもどうやって調理するのが美味しいんだろうか…

食に対する貪欲さは底が見えない私でございます。


いやあ…本当に無いようのないエントリーですみませんでした。
Páska休みは何をしようかなあ。


では、皆様、また!





テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報