<< | 2019/08 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   アイスランドで生活する

2012.12.09 01:33|日記, diary
アイスランドにご興味がある方、ここにお住みになりたいと思われている方が気になることの一つとして、生活費もあると思います。

アイスランドで生活するに当たって、実際のところ、いったいひと月、どれくらい必要なのか?

勿論、これについては個人差が大きいと思います。

ハウスシェアやルームシェアをするか、
月どれくらい外食したいか、
服や娯楽費をたくさん使うか。

これはあくまで私の意見ですが、
毎月10万クローナあれば、アイスランドで生きていけます。

現在アイスランド移民局が設定している一月の最低限の収入/確保必要生活費は独身者/単身ひと月あたり125.540クローナです。

それから見ると2万クローナほど安く生活できると言っているわけですが、
これは、お金のない外国人がアイスランドに転がり込んできて生活をしたり、サポートを受けたりするのを防ぐために、ある程度の生活水準を保てない人が正式に滞在できないようにするためだと思います。

厳しいですが、外国に住むのはどこの国でも簡単なものではないですね…

ただ、日本人にとってラッキーと言うか、2008年の経済崩壊以降殆どの国の人にとってラッキーなのは、アイスランドクローナが以前に比べてほぼ半値になったことでしょう。

12万5千クローナは、2012年12月8日のレートで換算すると、大体日本円で8万円程度です。

例えば一番取得しやすい学生用滞在許可証で申請する場合、
実際のところは有効期間が6ヶ月の滞在許可証しか発行してもらえなくても、難癖をつけられないように準備するには、8万円×12ヶ月=96万円程度の残高証明書があると良いと思われます。

結婚している人や、パートナーがいる人はもう少し簡単に滞在許可証の申請ができますが、
多分ここをご覧いただいている方で、アイスランド人のパートナーがいらっしゃって、アイスランド移住に興味をお持ちの方はあまりいらっしゃらないかと存じますので、
日本国籍で単身者のケースだけを書いています。

ちなみに私の月10万クローナの内訳は
4万5千クローナが家賃、
6千クローナ弱がインターネット費、
残りが生活用品を含む食費です。

そう考えると食費がすごいことになっていますが、
外食は月3回ほど、家にいるときでも、服を買ったりしない限り、食べたいものを食べる生活をしており、お昼ご飯も大学の購買で購入するので、それだけで費用がかさみます。

インターネットも高い方で、これは私自身ではなく、パートナーのぐんさまがインターネットでダウンロードを大量にするので、大きいプランにするため、こんな風になってしまいます。

ちなみに一人暮らししていたときの家賃は5万5千クローナでした。
その当時はインターネット費なし、水道光熱費もなしでした。
今の家もたまたま恩赦でありませんが、それ以外の家では、水道光熱費合わせて8千から9千クローナ程度をチャージされておりました。

家賃は二人暮らしをはじめてから、最初の家が78000、次の家が105000、その次が90000でした。
一つ目の家と三つ目の家は、光熱費水道費別、インターネットも別
二番目の家がインターネットのみ別
今の家は85000クローナでインターネットのみ別ですが、この家は知り合いに期間限定で貸してもらっている家なので、かなり特別です…
その人が以前普通に貸し出しているときは、月16万クローナで貸していたとか。
確かにそれもうなずけるレベルの家ではあります。
この家は特別過ぎるのでなしと考えて
今まで住んだ3つの家では、二番目の家が一番素敵でした。
広さもあったし、オーナーも素敵だったし、家賃をもう少し払ったほうがいいんじゃないかと思えるくらいのおうちでした。
ちなみに3つの家は平均して45平米くらいだったらしいのですが、最後の家は最悪でした。
狭いし、ベッドにカビが生えるし、壁から水が漏れてくるし。

ちなみに面倒くさい手続きはありますが、レイキャビク市であれば、50000クローナの家賃を支払い、家としての規格を満たしているところであれば、最大月18000クローナの家賃補助を申請することもできます。

この家賃補助の制度は来年の1月から制度が少々変わるそうです。

家を購入しない限り私たちは家賃補助を申請するつもりですので、また気付いた変更点などあればそれも含めて書きます。

さて、長くなりましたが結局内容らしいものはありませんでした。

つまるところ何が言いたいかと言えば、
頑張れば10万クローナくらいで生活はできる、と言うことです。

裕福ではないけど(むしろ貧乏)
楽しい生活はできるよ、と言うことです。


お金の苦労は若いうちからしておくといいのかもなぁ、と思ったりする今日この頃です。

貯蓄したって、いつ死んじゃうか分かんないし、死んじゃったらお金なんて使えないんですけど、
でも、貯蓄も大切だよなぁ、なんて強く思う今最近。

家を買うにも、日本に旅行するにもお金はかかるんでねぇ…
来年もお仕事できるかなぁ・・・したいなぁ・・・

あ、ツアーガイドの資格を取れる学校の情報、調べなくちゃ。

どうでもいい内容のエントリーで本当にすみませんでした。

ではまた後日。
スポンサーサイト

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

コメント:

牛さんがどれだけがんばってるか‥よく解っていますよ~m(__)m プレゼントが早く無事に届きますように♪ 日本も、冬本番です!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>まぁちゃん

プレゼント、楽しみにしてます!!
最近日本語ばっかりやから不安やけど、ツアーガイド、頑張って勉強しようと思います。
入学費、30万クローナやって><
どうしよう。

資格取るには‥先生休まなきゃダメなのかな? それなら、また話は別だけど。。。
30万は、私達にとったらとてつもなく大きな金額だけど‥、また新しい勉強をするのはしんどいことだけど。。。
やっぱり資格を取っておくのは‥とてもイイコトだと思うよ☆☆

>まぁちゃん

ツアーガイドの資格を取るための学校は、1年間のフルタイム学生扱いになるらしいから忙しいとは思うけど、今のところ出てる時間割によると、月火水の3日間、16時半くらいから夜9時くらいまでの授業らしいので、頑張ってどっちもやりたい。
仕事ができる間にやっときたいしね、お金もかかるから・・・

頑張ろうと思って、一昨日からもう一回アイスランド語の勉強始めました。
アイスランド語で試験受けられるくらいになろうと思う!

がんばるねぇ♪♪
心込めて‥応援するよ\(^-^)/~ぎゅぅっ☆
非公開コメント