<< | 2019/11 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   生きてるだけで丸儲け

2019.10.19 18:07|日記, diary
もう、ご無沙汰しております以外に申し上げられる言葉が無く
そしてもう、「また近いうちにエントリーを書きます」という言葉は言わないでおこう…
それこそ私が嫌って仕方ないアイスランド人にありがちな
「やるやる詐欺」(やる、と言ってしない)
以外の何物でもないじゃないか
と気付いた次第でございます。
皆様、本当にすみません…。


そういうところは感化されたくないと思っていたのに全力でアイスランド人を模倣している、やるやる詐欺野郎こと
こんにちは、牛です。(最低)


一応未だ一度も仕事に「やるやる詐欺」は持ち込んでいないので、首の皮一枚繋がっていると信じています…
仕事にやるやる詐欺を持ち込んでは、もう私は人間としての尊厳を保てない…。
プライベートでは、ブログのエントリーを始め、ジムに行こうと思っても行かなかったこと数回など、じわじわアイスランド人化しています。
アイスランドもアイスランド人も心底、本当に心底愛していますが、やるやる詐欺だけはイライラする!と思っていたのはそんなに前ではないのですが
この半年ぐらいでプライベート時間における、他者からのやるやる詐欺に寛容になってしまったせいで、自分にも甘くなっているような気がします。


さて、前回のエントリーからあったことをご報告させていただきたいと思います。
一応アイスランドの社会に生きている中で体験していることですが、完全に私生活のことでしかないので、ご興味のない方は、今回のエントリーはスルーしていただければと思います。


まず今回のを書く前に、ちょっとチェックしておこうと読み返した前のエントリー時で既に第一波が来ていたことに驚いたのですが、今夏はもう、始終痛みとの戦いでした。
実は今も違う種類の痛みが続いていて、4月から全く不調がない日、というのがありません。
正直それがちょっと辛い日もありますが、タイトルにも書いたように「生きてるだけで丸儲けだな」と思い、気長に付き合うことにしています。
初めて激痛に襲われたのは2012年だったか…
主治医から何度「原因も病名も分かりません」という言葉を聞いたか…
とにかくなんと今回、ついに病名が決定しました。(判明というより、もうこれってことでいいんじゃない!という感じな気がするので、決定と言いたいと思います。笑)

Primary Sclerosing Cholangitis、日本語で「原発性硬化性胆管炎」と呼ばれる、レアな肝臓の難病だそうです。
もう一つはIntestinal metaplasia 「腸上皮化生」と呼ばれる、白人には症例が多くともそこまで大事には至らないことが多い病気なんだそうですが。
残念ながらわたくし、いかに精神がアイスランド人化していても身体はモンゴロイドの日本人なので、主治医としては「要観察」なのだそうです。
といいつつ私、身体も多少変化してきたように思います。
というのも、平熱が白人並みの37度に近づいてきたようなのです。食生活なのか生活習慣なのか何なのか知りませんが、体調にまで変化が出るとは。恐ろしや。
そしていやあ…この7年で主治医も変わりました。まさか彼の口から
「北欧人なら五年に一回の精密検査で十分だけど、君、日本人で胃癌の発症率高いしね。」
なんて言葉が聞けようとは。
これからは全力の信頼をおいてついて行こうと思えました。…七年越しに、やっと。(笑)

前から信じてはいましたが、完全な信頼を置いていたかというと、若干不安が残っていなかったといえば嘘になった状況だったので、(否定の否定が多すぎて文章の意味がややこしい)
この度、自分の中で大きな壁を破壊できた気がします。

まあとにかく珍しい難病の方は結構残念なもので、
でもこんな確率の低いものを引き当てるなんて(罹患率は男性より女性のほうが低く、アジア人は他の人達に比べて低いそうです。いやー、女でアジア人のはずなんですけどねえ?)何か一種の運があるに違いないと思うのと、占いが得意な学生から「先生、来年は金運が凄いですよ」とアドバイスをもらったので、来年は宝くじを買い続けようと思います。
買わなければ当たらないですからね!!目指せ億万長者です。


ということで、夏は救急病院への訪問が頻繁となり、入院も何度かしましたが、アイスランドのありがたい医療制度。
24時間を超える入院も手術もまさかの無料で、出費も家計を圧迫するまでには至らず、助かりました。
薬はやたらと凄い量が毎回処方されるので(救急病院3回目から100錠ずつ処方されるようになって、ちょっと自分でひきました。)、一時期箱が積み重なりましたが、順調に消費しつつあるので、まあそれは良しとします。

病気は治療が出来ないらしいので、時期が来るまで様子を見ながら気長に付き合っていきます。
運が良ければ長生きできるでしょうし、長生きするのに移植も必要ないかもしれませんしね!


そんなこんなで夏中痛みに襲われつつもアルバイトには入院しない限り出勤を続け、時々心配して職場に来てくれたアイスランドの両親(すなわち元伴侶のお母様と"お父様")に心底心配をかけたりもしましたが、素晴らしい上司と素敵な先輩や同僚にも恵まれて、楽しく仕事ができました。
無事に夏休み以降も勤続させてもらえることとなり、副業としても副収入としても最高に満足の、ハッピーにお仕事をさせてもらえている毎日です。

そして本業の方でも変化があり、なんと非常勤講師から、常勤講師となりました。
一年契約なので、来年からどうなるかは全然分かりませんが…。

常勤になったおかげでやっと労働組合には入れましたが、副業の酒屋さんでのアルバイト6回と本業の教師一ヶ月分の給料が殆ど同じというある意味切なすぎる事実に、最初はちょっと心が折れそうになりました。
今は「6回で同額貰えるなんてラッキーじゃないか!ますますバイトも頑張らなきゃな!」と前向きに考えています。


自分の不注意によって「個人割引」という名の税金控除を使いすぎたせいで、来年の夏10万Kr以上の追加の税金徴収が待ち受けている上に、来月の振り込み給料から37%の税金(もしかしたら42%?かも…)をまるまる差し引かれるので、その点で仕事に対する若干ポジティブさは降下しております…。


あともう一つ変化があったことは、予想外に新しいパートナーができたことでしょうか。
出会った当初は諸事情もあって彼がパートナーになるとは思わなかったのですが、人生というのは何あるか分からないものですねえ…(しみじみ。)
彼自身も、彼との関係性もぐんさまとは全く違うので、そういう意味でも面白いものです。
その反面、一部決定的に違う部分を除くと新たなパートナーと自分には共通点が多く、時々男版の自分を見ているようで、学ぶ(思う)ところも多く、不思議な感じがします。

日本であれアイスランドであれ自分の周りの人のおかげというのは勿論ですが、この歳でも"殆ど誰からも"結婚観や年齢でいろいろな干渉や意見を受けずに「自分が望む状態」で誰かと関係を築いていけるのは、この国の良いところだなあと思います。

日本では、結構"関係ない人"からも
いろいろと「アドバイス」や「プレッシャー」がきたりしますよね…。
きっとご厚意からなんだとは思いますし、アイスランド人化してきた精神では「そうですねえー。」なんてゆるーっと受け流せるようになりましたが、それでもたまに何らかの機会で日本人のかたから「アドバイス」を受けると「おっ!」と驚きます。

アイスランドでも「孫の顔が見られたらなあ〜」なんていう穏やかなコメントを数度受けたことはありますが、
『もう○歳なんだから』「結婚したほうがいいよ」とか「身をかためたほうがいいよ」とか「子供産めば」とかいった年齢と関係付けてのアドバイスは受けたことがありません。
三十路全力疾走中でも出産経験がないことに、驚きはされますけれど(笑)



そんなこんなでかくかく云々、のんべんだらりと過ごしてばかりですが少しずつアイスランド人化してきている部分を増やしつつ、好き勝手に生きています。


いろいろなたくさんのかたからのサポートを受けて、昨年の同時期からは考えられないほど晴れやかな気持ちで毎日過ごせていることに、感謝の気持ちでいっぱいです。

自分の今を、地に足つけて生きていくことって、良いですね。
いつも多少の苦労はありますけれども。
幸せとか嬉しさって、自分の心の持ちようでこんなにも増やせるものなのかと、本当に驚いています。



ところで、ブログとは全く連携していないツイッターで、フォロワーさんが888人になり、ゾロ目が嬉しいのでまたクリスマス前後にプレゼント企画でもできたら、と思っています。
ブログで。(なんでやねん。)
言い訳としましては、ツイッターは発信のみの一方通行、ブログは皆様と多少のやり取りがさせていただけたら嬉しい、と思ってやっているものなので、
プレゼントも、こんな勝手なペースとやりたい放題にお付き合いくださっているブログを読んでくださっている方に差し上げたいと思うのです。
自分勝手、すみません。



いやー、携帯電話でよくぞここまで内容の無い文章を長々と書いたな、私。(苦笑)

ここまで読んでくださったかた、今回もお付き合いとご容赦、本当にありがとうございました。


マク○ナル○に続き、ドーナツチェーンも相次いで撤退したアイスランド、ついにはまさかの全国民の大好物なのではと思うほどのピザのチェーン、○ミノス(日本では多分、○ミノピザと呼ばれていますよね。)までもが撤退するかも、という話が出ているようです。
あのチェーンが撤退したら、出前、本当に無くなりますね…
っていうかアイスランド人、何食べるの?どうするつもりなの?

余計なお世話とは思いつつ、ちょっと心配してしまうわたくしでした。


クリスマスまでにはプレゼント企画できますように!
というかそれは自分次第だぞ、私。





スポンサーサイト



テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

コメント:

非公開コメント