<< | 2019/08 | >>
sun mán þrí mið fim fös lau
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

kyrmami

Author:kyrmami
kyrmamiこと、ながいまみです。
2009年念願のアイスランド生活をスタート!
国立大学でのアイスランド語学習3年経て、遂に就職。
ようやく永住権取得で、これからもアイスランドに貢献できるよう、日々精進してまいります。

直接のご連絡は上の"切手"からメールでお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

     

   ネガティブなReykjavikの姿。

2012.01.18 06:49|メディア, magazine/TV etc.
アイスランドを嫌いになって欲しい、なんて気持ちはこれっぽっちもありません。

私、高校生のときVICEという雑誌に出会い
いろんな意味で目からうろこ、と言う経験をしました。

当時はフリー(スコットランドで貰った時もまだ無料だったので、今もそうだとは思いますが・・・)で
他の雑誌じゃ絶対に刊行しない(出来ないだと思う)ようなテーマをたくさん取り上げて
ブラックジョークと言うか、下品と言うか
でも、『これがホントの世の中だよな』と思わせる
受け付けない人には絶対受け付けないであろう一風変わった雑誌です。

私の地元では取り扱っている店がなく
よく買い物に行っていた大きな街でも取り扱う店が減り
結局いつの間にか読まなくなったのですが

その雑誌(のWeb site)に
ついにReykjavíkの写真が載ってしまいました・・・。
記事(写真)はこちら。→http://www.vice.com/en_uk/read/your-town-is-a-paradise-reykjavik?GalleryImage=27084

誤解の無い様に申し上げておきますと
Reykjavík、毎日こんなわけではありません。
でも、週末は本当にこんなです。。。
(男性がおしっこしている写真と、鶏がさばかれてる?写真は、絶対にレイキャヴィクではないとアイスランド人の彼氏が抗議していました。
人の家の壁におしっこしたりする人は多いですが、あんな広場はレイキャヴィクにないし、確かにあの鶏の羽をむしっているような状況を目撃したことはないので,これはReykjavíkではないと、私も思いました。)

全部が全部、こういうわけじゃないです。
でも、これらの写真がやらせとか、ものすごく珍しい風景を切り取ったものでもありません・・・

アイスランドを心から愛していて、本当にここに住みたくて、アイスランド人も好きですが
これが一番私の嫌いな、アイスランドの姿です・・・

今までの記事にも時々書いたように
役所関係がかなり適当なのとか、約束を守らないこととか
いろいろちょっとした不満はありますが、一番相容れないというか
もう性格的に受け付けないアイスランドの姿です。

私はもう、こういう場面に出くわしたくもないので
(私が女と言うのもあるのでしょうが、
女が足を広げて道や店で泥酔している姿が一番見苦しい。喧嘩も見苦しいけど、いい齢した女性(お酒飲んでるんですから、20歳ってことですので、)が、あんなはしたない格好で居るのを見るのは、気分が悪くなります。)

まぁ、これも一つのアイスランドの姿。
リンクにある写真全部がReykjavíkではないですが
こういう状況を目撃したとしても驚かれませんよう
お知らせのためにもエントリーを書いてみました。

こういうのを見るのが嫌だから、週末街に出掛けるのは辞めました。
(ただの出無精と言うのもあるけれど、↑も結構大きな理由の一つ。)
家でのんびり飲んでるのが一番いいんで。
スポンサーサイト

テーマ:アイスランド
ジャンル:海外情報

コメント:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメントありがとうございました!
こちらにわたくしが返信すると表示されてしまいますので、メールにてお返事させていただきました。
またいらしてくださると嬉しいです^^
非公開コメント